HTC U12 スペック 発売日 予想 au ソフトバンク レビュー 評価 評判 価格

HTCからHTC U12という機種が発売される可能性が今後あると思われますので、紹介しておきたいと思います。
現行HTCからはHTC U11という機種が発表されました。今後当然ながら次のモデルということでHTC U12という機種を発表してほしいと思います。そういう期待も含めて記事にしたいと思います。それでは予想されるスペックを記載したいと思います。

HTCというのは日本ではそれほどメジャーなメーカーではありませんが、世界的に見てかなり色々な国で売られているメーカーなのです。

現行ではhtc U11という機種がau及びソフトバンクから発売されました。今なら購入可能なので、紹介しておきたいと思います。

htcの機種購入ならオンラインショップがオススメ

<au>


<ソフトバンク>

こちらau及びソフトバンクのオンラインショップとなっております。オンラインショップで購入すると店舗では払う必要のある頭金というものが不要となっております。頭金が不要ということで、購入を検討しようとする人がかなり増えていることは間違いありません。

店舗によっては5000円とかという頭金を取られる店舗もありますからね。また自宅にいながら購入することが可能ということで、非常に便利なこと間違いありません。

店舗にわざわざ足を運ぶというのは本当に不便ですからね。機種変更を行う人も昨今オンラインショップから購入しようと思う人がかなり増えていることは間違いありまえせん。そういうことを考えるとオンラインショップでの購入というのは楽で便利だからですね。

HTC U 12のスペックがリーク?

HTC U 12のスペックがリークしたようですね。また発売日に関しても2018年4月に登場する可能性が非常に高いといわれております。

ディスプレイは6インチとかなり大画面になるようですね。そして解像度は2Kとなっており、こちらは今までと同じです。4Kと噂されておりましたが、2Kで落ち着く可能性も非常に高いです。

CPUはSnapDragon845となっており、2018年に出てくるCPUの中では最も新しいものになります。

こちらSnapDragon845に関して触れている記事となっておりますので、こちらも合わせてご確認ください。現行のCPUよりも高速になっており、非常に期待できるCPUです。GALAXYS9やXPERIA XZ2にも採用されているCPUとなっております。

RAMは6GBとなっており、こちらはかなりの大容量となっております。ROMも128GBとなっており、これは非常にありがたいですね。

カメラは1200万画素のデュアルカメラが搭載される見込みです。デュアルカメラというのは、ここ最近のスマホには当たり前のように採用されており、非常に注目度の高いカテゴリです。

Frontカメラは800万画素となっており、フラッグシップモデルとしては一般的なカメラの画素数です。

3980mAhものバッテリーが到着される見込みとなっております。

価格は880ドルになる見込みで、日本円で9万円台になるでしょう。

価格はさすがに最新のCPUを採用しているだけあり、それなりに高額な価格設定になっていることは間違いないかと思います。

それでは現行発売されているhtc U11のスペックに関して少し触れておきたいと思います。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

HTC U11のスペック

大きさ 154.0×76.0×8.3mm
重さ 170g
OS Android7.1 With htcSense
CPU SnapDragon835
RAM 4GB
ROM 64GB
画面サイズ 5.5インチ
解像度 2560×1440ドット
カメラ 1200万画素/1600万画素
カラー アイスホワイト、アメイジングシルバー、サファイアブルー、ブリリアントブラック、ソーラーレッド
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
その他 3000mAhバッテリー

まずはHTC U11のスペックを記載しておきたいと思います。当然ながらこれよりブラッシュアップされることは間違いありません。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

HTC U12はどの程度のスペックになるのか

まずはCPUが次のモデルでSnapDragon845になると言われております。ということでCPUの能力は上がると思われます。CPUの能力があがるということは非常にいいことですよね。当然ですが、トータル的な処理に影響するからです。
とはいうものの、実はスペック的にはHTC U11でかなり仕上がっていると思います。ということを考えるとU12ではどの程度のスペックがあがるのでしょうか。おそらくスペック的にあがるというのは、CPUとRAMの容量ではないでしょうか。RAMの容量に関しては6GB程度になると思われます。とはいうものの、2017年の前半の時点ですでに6GBのRAMを採用するスマホというものは発売されております。そういう事を考えるとやはりワンランク上の8GB程度にならないかなぁ〜なんて思うわけですね。
実際のところ6GBでも8GBでもあまり変わらないと思われます。それでもやはり人間なら上を目指すのは普通ですからね。6GBより8GBのほうがいいと考えるほうが普通です。実際にこのあたりには大きいほうに期待したいところですね。続いてカメラが気になると思います。カメラの画素数だけで言えばそれほど高くはありません。とはいうものの、iPhone7のカメラも1200万画素ということを考えるのであれば、実は1200万画素でも十分かもしれません。
しかしながら1600万画素レベルは欲しいところですね。これに関しても上がることを期待したいと思います。
次はAndroidのバージョンです。こちらはAndroidOというものが採用される可能性が非常に高いです。当然ながら一番最新のAndroidです。これらトータル的にみてかなりのスペックアップになることは間違いありません。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ジェスチャーコントロールのブラッシュアップに期待

今回HTC U11がジェスチャーコントロールを実施しております。ジェスチャーコントロールというのは、どのようなものかということですが、今回始めて握るということを端末に追加しております。そのあたりがさらにレベルアップしてほしいと思いますね。
今回の握るという動作は本当にある意味すごいと思います。このように握るというコントロール以外のジェスチャーが採用されるのであれば、非常にいいと思います。個人的にもこのジェスチャーというのは非常に有効性が高いと思いますね。ぜひこのあたりはブラッシュアップしてもらいたいと思います。
これはHTCに対してかなり期待したい機能の一つかと思います。今のHTCはGoogle純正の端末を製造するなどGoogleに対する評価も非常に高いメーカーになっております。そういうことをトータル的に勘案するとHTCは選択すべきメーカーの一つなのです。
実はそのあたりに気がついていない人も結構多いわけですね。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

買うならauオンラインショップ

購入するならau Online Shopでしょう。次のモデルとして発売される可能性も非常に高いと思われますので、やはり選択するならau Online Shopしかないでしょうね。HTC U11もau Online Shopから発売されると思われます。

コンセプト画像が出てきた

2017年11月30日追記

HTC U12のコンセプト画像が出てきております。

HTC U12のコンセプト画像ということで、かなり期待したい人もいるでしょう。

こちらのコンセプトを見てもらうとわかりますが、デュアルカメラです。

そして全面ディスプレイとなっております。

フラッグシップモデルのポイント

・デュアルカメラ
・全面ディスプレイ
・最新のCPU搭載
・カメラの画素数
・画面の解像度

フラッグシップモデルの条件としてはポイント部分が非常に高い機種が選ばれます。

HTCから発売されるU12というのは最新のフラッグシップモデルとなりますので、これらの要素というものは搭載されることが間違いないと思います。

今回やはり期待したいのはデュアルカメラでしょう。過去にもデュアルカメラを搭載しているモデルというものはHTCはかなり発売しております。これに関してはかなり期待出来るのではないでしょうか。すでに何度も過去に開発しておりデュアルカメラ搭載の技術に関してはあまり問題がないとおもっております。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

HTC U12は4K解像度になる可能性が非常に高い

HTC U12という機種は4K解像度になる可能性が非常に高いことがわかりました。4K解像度というのは、今のところXPERIA  XZ PREMIUMくらいではないでしょうか。

今後はXPERIA XZ PREMIUMと同様に他の機種でも4K解像度を搭載する機種というものが出てくる可能性が非常に高いです。

4K解像度になると正直なところ気になるのがバッテリーです。バッテリーの持ちはフルHDなどと比較するとどうしても悪くなってしまいます。

XPERIA XZ PREMIUMでは、動画や画像を見る時だけ解像度を上げて普段はフルHD解像度にするという解像度を変更しているのです。

HTC U12にかんしてもこのような解像度の変更を行わないとかなりバッテリー食いになる可能性が非常に高いですからね。

とにかくHTC U12は非常に期待したい端末であることは間違いありません。

世界的にはそろそろ発表も近くなってきているのではないでしょうか。日本ではau、ソフトバンクから扱う可能性があり、非常に期待出来る機種になるでしょうね。

4K解像度というのは最近のトレンドです。4K解像度の機種というのはかなり多くなっていくでしょう。

2018年以降は4K解像度の機種が飛躍的に増えていくことが予想されます。XPERIAシリーズでは有機ELを搭載しかつ4Kというすごい機種を発売する予定にもなっており、非常に期待できるわけです。

htcも同様にそれくらいの機種を発売してくる可能性がかなり高いかと思いますね。

htc U12にはSnapDragon845を搭載

htc U12にはSnapDragon845が搭載される見込みとなっております。

こちらSnapDragon845に関して記載しているページとなっておりますが、SnapDragon845はかなり期待できる機種です。

SnapDragon835と比較して20%〜30%程度CPUの能力は上がっているのです。

そのため動作速度に関してもかなり期待できるかと思います。

htcは世界的に見るとGooglePixelを開発していた経緯もあるなどかなり実績のあるメーカーです。

そのため最新のCPUを使ったとしてもかなり実績もあり非常に優秀なメーカーであることは間違いありません。

HTC U12+も発売される予定

HTCがU12+というスマホの開発を現在実施中です。 HTC U12+は基本的なスペックはU12とそれほど変わらないと思います...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、U12+という機種も発売される予定になっております。

こちらの機種は256GBのROMを搭載したスマホとなっております。

かなりすごいと思いませんか?そこまで大容量のスマホというものはありませんでした。

HTCは今Googleとかなり近いところで仕事をしているので、かなり期待できるのではないでしょうか。

U12+とU12の2つのスマホをHTCは発売する予定なのですが、auからの発売はどうでしょうかね。かなり期待したいのですが・・・

初回投稿日:2017年5月29日

iPhone8 /Plusの購入はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

フォローする