ASUS Zenfone4 ゼンフォン4 /MAX /4s 2017 スペック 価格 仕様 発売日 レビュー 評価 評判

ASUSから今後Zenfone4という機種が発売される見込みになっております。
ASUSというのは台湾のメーカーで、日本でもSIMフリースマホをかなり大量に販売しているメーカーとなっており、日本での人気もかなりのものだと思われます。そんなASUSですが、次に発売されるZenfone4というのはかなりスペックアップしているという報告を受けております。それではどれくらいのスペックになっているのでしょうか。まずは現行のZenfone3がどれくらいなのかここで紹介したいと思います。

Zenfone3のスペック

大きさ 146.8×73.9×7.69mm
重さ 144g
OS Android6.0
CPU SnapDragon625
RAM 3GB
ROM 32GB
画面サイズ 5.2インチ
解像度 1920×1080ドット
カメラ 1600万画素/800万画素
カラー サファイアブラック/パールホワイト/クリスタルゴールド
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
その他 2650mAhバッテリー

こちらがZenfone3のスペックとなっておりますが、こちらのスペックはかなりよくできております。実はZenfone3のレビューを以下のページで実施しております。
ZenFone 3 ASUS ZE520KL SIMフリー スペック 格安 スマホ 価格 レビュー 評価 評判
こちらのページを確認してもらいたいのですが、実はZenfone3でもすでにかなり出来上がっているスペックとなっており、個人的には非常にいいスマホとなっているということがこのレビューページを見てもわかると思います。
それの後継モデルとして発売されるわけです。実はすでに情報は色々出てきており、すでにスペックもある程度リークされているようですね。それではZenfone4ですでにリークされている情報をお伝えしたいと思います。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

Zenfone4でリークされている情報


こちらの情報がすでにリークされている情報となっております。なんといっても今回のZenfone4ではSnapDragon820が採用されるのです。今までならSnapDragonの6番台だと予想されておりましたが、8番台です。これくらいのCPUが採用されるのであれば、かなり高速に動作することは間違いありません。それだけではありません。実はRAMの容量は6GBとなっており、かなりの大容量であることがわかります。XPERIAシリーズでも最新のもので4GBとなっており、それよりRAMの容量は多くなるということです。これはかなりありがたいことですよね。そしてROMの容量も64GBとなっており、こちらもかなりの容量であることがわかります。本当にかなりいいものになることは間違いありません。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

Zenfone4のカメラも2100万画素に

Zenfone4のカメラの画素数も2100万画素となっており、かなりのカメラになることは間違いありません。ここまでカメラの画素数を上げてくるとは思いませんでした。ここまでくると間違いなく廉価版スマホという位置付けからかなり変わってくるのではないでしょうか。確実にもう廉価版と呼べないレベルとなってくることは間違いありません。
カメラの画素数をかなり上げてくるというちょっと驚きの結果ですね。
カメラ性能というのは日々使う機能の一つかと思います。昨今カメラがないと非常にこまるという人も多いと思います。カメラ機能というのは本当に普段の生活でも必需品になっており、カメラ性能はそのスマホの能力を見る上でも重要なファクターの一つであることは間違いありません。
そういう意味でも2100万画素という非常に大容量のカメラを搭載してくるということはかなりたのしみではないでしょうか。
しかしながらカメラ性能は画素数だけでは決まりません。決して画素数が高いからいいカメラというわけではありません。F値など別の要素でも決定します。
おそらくそれなりの画素数を搭載してくるということはF値もそれなりだと思いますが・・・
まだF値などは不明です。それでもおそらく2.0程度のF値になるのではないでしょうか。
携帯電話 スマホのカメラ性能は画素数だけではない F値 他にも重要なことが・・・
こちらにF値について記載があるので、こちらに関してもご確認いただければと思います。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

Zenfone4の画面サイズが5.7インチで2K解像度

Zenfone4では2K解像度になるということです。2K解像度というのは、ここ最近のスタンダードです。ただしフラッグシップモデルに限るということです。フラッグシップモデルであれば、2K解像度というのはかなり当たり前になりつつあります。正直なところ1920×1080といういわゆるフルHDでも十分だと思いますが、それより上位の解像度になって発売される見込みです。相当期待出来ることは間違いありません。
5.7インチという大画面になっていることもかなり期待出来ることではないでしょうか。
Zenfoneというのは格安スマホの代名詞のように使われてきましたが、ここまでハイスペックな機種だと正直なところ格安スマホという枠を確実に超えていますよね。間違いなくハイエンドのスマホということになっていることは間違い有りません。
Zenfone3でもかなりスペックがよくなっており、ミドルレンジのCPUを採用するなど、スペックアップには余念がありませんでしたが、ここまでレベルアップされているということは非常にいいことではないでしょうか。
画面も2K解像度ということで、かなり見やすくなることは間違いありません。ぜひ検討してほしいですよね。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

Zenfone4の発売は?

Zenfone4の発売は2017年5月〜6月頃と言われております。となるとこの記事を書いているのが、5月の下旬なので、そろそろ発売の可能性もあるということです。格安スマホということで、人気が出ることは間違いありません。そういう意味ではどこの格安SIM会社から発売されるのでしょうか。それを非常に期待したいところです。
Zenfoneという名称は日本でもこのところ定着しつつありますので、かなり期待出来るでしょうね。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

格安スマホ+格安SIMはまだ流行るか

Zenfoneのような素晴らしいスマホを販売し続ければ、やはり日本でもまだまだ格安スマホのニーズを掘り起こすことが可能だと思います。やはり格安スマホというといいイメージがない人もいます。いいイメージがないということはやはり安かろう悪かろうと思っている人が少なからずいるわけです。しかしながら実際にはそういうわけではありません。安くても品質のいい格安スマホ及び品質のいい格安SIMというものはあります。
やはりキャリアモデルのほうは当然ながら聞けば教えてくれるので、楽という人が結構いるのです。
どうしても高くても楽なほうに流れているわけです。個人的にもやはりそうです。格安スマホというのは契約など結構はじめの手続きが非常に面倒ですからね。初めての手続きさえすんでしまえばそれほど大変なわけではありませんが、そのはじめの手続きが億劫と思ってしまう人がかなり多いのです。Zenfoneなどは各社からの取扱もあるので、非常に購入しやすい格安スマホなわけですが、大手量販店にいかないとその端末自体がどんな端末なのかわからないという人が非常に多いのです。結局のところどんな端末かわからないという人にとってはその垣根を超えること自体がかなり難しいわけですね。
わたしも確かにそう思ってしまいます。なかなか格安スマホへの移行というものをためらってしまう人も多いのです。それは格安スマホという垣根をなかなか超えることが出来ないということなのでしょう。実際に契約した人は安価になったということで、非常に喜んでいる人も多いわけですが、それをなかなかすること自体が億劫になるわけですね。Zenfoneというのは、スペックも非常に高く、日本人でも十分利用出来るものとなっております。日本語化も全く問題ありません。ぜひ一度検討してみる価値はあると思います。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

Zenfone4sというフラッグシップモデルも発売?

Zenfone4sというフラッグシップモデルも発売される可能性があります。Zenfone4sという機種はCPUにSnapDragon835を採用する予定になっているようですね。
RAMに関しては6GBモデルと8GBモデルが発売される可能性もあります。ROMは64GBとなっており、フラッグシップモデルと呼べるには十分なスペックになっているようです。相当スペックの高い機種を準備してくる可能性が非常に高いですね。これまた発売はそろそろということです。
日本での取扱に関しては今のところ不明ですが、日本でも取扱は開始してほしいですね。
とはいうものの価格的にはかなり高額になると予想されます。おそらく価格は7万円くらいになるのではないでしょうか。なんといってもGALAXY S8などと同じCPUを採用しておりますからね。他にこのSnapDragon835を採用している機種ではXiaomi Mi6という機種もこのCPUを採用しております。
Xiaomi Mi6 スペック SIMフリー 日本 価格 仕様 クーポン 購入可能 フラッグシップモデル
こちらの機種がそのXiaomiMi6という機種になっておりますが、おそらくZenfone4sが発売されるとおそらくこの機種と同じくらいの評価になるのではないでしょうか。それにしてもここまでのハイスペックモデルが発売される可能性があるということが非常にたのしみですよね。
日本市場で人気があるのはやはりフラッグシップモデルなのでしょうか?
フラッグシップモデルというのはメーカーが非常に力を入れて発売する端末になっているようですね。
そういう意味ではフラッグシップモデルというのは本当に力を入れており、スペック的にも作り的にも一番よく作られていることは間違いありません。そういうことを考えるとやはりフラッグシップモデルというのは利用したいところですよね。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

各MVNOから発売されることは間違いなし

2017年8月14日追記

そろそろZenfoneシリーズが発売されることは間違いありません。Zenfoneが発売されると間違いなく各社のMVNOから発売が開始されると思われます。

日本でも非常に人気のZenfoneなので、各MVNOから発売されると間違いなく人気が出ると思いますね。

特に期待したいのはGMOとくとくBBLINEモバイルこれらのMVNOが非常にオススメ出来ると思います。

各MVNOから発売されると間違いなく売れると思いますね。

結果的にこのようなMVNOからの発売を望んでいる人がかなり多いということです。その理由は間違いなく価格とスペックです。

Zenfoneというのはスペックも非常に高いので、本当に売れると思いますね。スペックが高く、また毎月の維持費が非常に安価ということで、購入したいと感じている人はかなり多いことは間違いありません。

LINEモバイルなどは日中の通信速度もそれなりに担保出来るので、非常に人気があります。ぜひ検討してほしいですね。
初回投稿日:2017年5月22日