ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

MVNOとドコモ、au、ソフトバンクとの決定的な差は? 違いは?

MVNOが非常に安く維持が出来るらしいということは知っている人も多いと思います。

格安SIMなんかで検索している人も多いのではないでしょうか。

気になるのは安かろう悪かろうにならないのか?と思う人も多いと思います。

それではここから私の見解です。

携帯電話やスマホのことがよくわからず、MVNOがとにかく安いから契約してみよう!と思っている人はやめた方がいいです。

何故やめた方がいいのか・・・

やはりキャリアに比べてサポートが寂しいからです。

基本的に自分である程度サポートが出来ないと厳しいです。

これから使おうとしているSIMの大きさ知っていますか?

標準SIMですか?MicroSIMですか?nanoSIMですか?

一般的に3種類の大きさのSIMがありますが、これを知らないとどれを契約していいのかもわかりません。

いわゆる知識不足な人にはMVNOはオススメ出来ません。

基本的な設定をしてくれるコースなんかも有るみたいですが、そういったサービスをしているのは一部のMVNOキャリアです。

そうでない場合は基本的に郵送で送られてきて設定手順書にそって自分でするのです。

それが出来そうもない人はキャリアに契約するのが一番賢い選択ですね。

とにかくサポート力ではかなり違いますので、サポートを気にする人なら絶対にキャリアモデルがオススメです。

安いだけでとびついて何も出来なかったなんてことにならないようにしてもらいたいところですね。

自信のない人は間違いなく、キャリア契約しましょう。

プロバイダーを自由に設定できる

通信回線のみの提供ならキャリア、どこお、au、ソフトバンクなんですが、基本的に本文を変更する必要になるでしょう。

基本的にはプロバイダーというものは自分で契約するものなのです。

それを知らない人もかなり多いと思います。

MVNOというのは、キャリアから電波を借りているという立場です。

そのため、今後どうするのかというのは今ある設計によるかと思いますね。

MVNOとは?

そもそもMVNOとは何でしょうか。MVNOというのは、ドコモ、au、ソフトバンクの回線を保持している会社から電波を借りて運用をしているということになります。

よってMVNOキャリアは元々のキャリアよりもいい回線を提供することは、基本的にはできません。

例えば、ドコモの回線を借りて運用しているMVNOの会社はドコモの回線の通信速度以上のこともできませんし、エリアもドコモのエリア以上のエリアを提供するということもできません。できることはドコモの回線の範囲内でしか運用を行うことができないのです。

当然といえば当然なのですが、MVNOというのは、あくまでキャリアいわゆるドコモ、au、ソフトバンクなどがないと成り立たない商売なのです。

例えば新幹線のレールを持っているのがJR東海で、その上をJR東海以外の会社が利用するようなものなのです。

現実的にはそのようなことはありませんが、実際にはそのようなことがMVNOということになります。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。