携帯電話 スマホって2円や3円で維持出来るの? 維持費の安い携帯ってどういうこと?

 

よく耳にするのが、非常に安価に維持をするいわゆる2円維持などのことについて書いていきたいと思います。

携帯電話で2015年1月現在一番安価に所持出来る料金は2円です。

この2円というのは?ユニバーサルサービス料というものです。

このユニバーサルサービス料というのはいわゆる税金のようなものなので、携帯電話に契約している人は必ず払う必要のあるお金なんですね。

ユニバーサルサービス料についてはこちらをご確認ください。

2015年からは3円携帯ではなく2円携帯に 維持費も安価に ユニバが下がってラッキー

ということで、それなりにユニバーサルサービス料のことがわかったと思いますが、本当に2円で維持している人っているのでしょうか?

実はこの最低料金で維持している人とはつかわないことを前提に契約する人がほとんどです。

 

使わないのに何故契約するの?

この問題は個人的にもどうかと思うのですが、儲かるからやるんですね。

携帯電話 スマホのMNP 乗換で儲ける 本当に儲かるの? やり方は?

儲かるかどうかはその時の状況にもよりますが、こちらの記事に維持費に関して若干触れております。

こちらの記事を参考にしていただければと思います。

使わないのに契約するということは儲かるからであって、実際に使わなくても儲かるという仕組みがあるのですね。

2円維持出来る携帯というのは限られており、見守り携帯などの子供携帯や一部のガラケーが非常に安価に維持することが可能です。

こういう携帯を購入する人というのは、かなりの確率で儲けようとしていますね。

最低維持は今のところ2円ということを覚えておきましょう。

2019年に入りそのような契約を行える機種が非常に少なくなった

毎月の維持費を下げたいと思っている人は少なからずいるかと思いますが、2019年に入りそこまで安価に維持できるようなスマホというものはなくなってきております。

基本的に毎月の維持費も各社かなり安価になってきており、auやソフトバンクでは1980円で維持することも可能です。

またドコモもイッキューパというCMでお馴染みの1980円で維持することも可能となってきております。

最近はスマホを寝かせるという人もかなり少なくなってきており、スマホの端末代金も非常に高額になってきており、そこまで安価に維持することができなくなってきているのです。

そういうことを考えると正直なところスマホを安く維持するということが厳しくなってきているのです。

今は端末代金との分離契約というものが一般的になってきており、分離で契約する場合端末補助というものがなくなります。

そのため通信費をまるまる支払う必要が出てきたのです。そういうこともあり、スマホを安価に維持するということができなくなってきております。

キャッシュバックなども非常に少なくなってきていることから今後スマホを2円などで維持することはかなり厳しいのでしょうか?

ドコモも2019年に入り4割安価になるプランを出すと公言しております。割引が今後増えるということはありがたいですが、その分端末代金がかなり高額になってきており、トータルの支払いはそれほど変わらないという状況になるかと思いますね。

タイトルとURLをコピーしました