携帯電話って分割 割賦 をしてまで必要か? 買うなら一括を狙え

携帯電話の分割制度って2008年頃から始まりましたね。

ということは今で、制度が始まって約7年がたつわけです。

当時は携帯の機種代金は5万〜7万ほどでした。

それでも十分高かったのを記憶しております。

しかもその分割で購入することにより、基本料金がかなり下がったのもその時期ですね。

ほぼ1000円で毎月携帯電話を維持出来るようになりました。

しかしながら端末は別途支払う必要があったことから、毎月の支払が、8000円ほどという人もざらにいたはずです。

 

先ほどの記事とかぶりますが

携帯電話会社が利益を出しすぎ 総務省が指導? ライフラインだから?

携帯電話の維持費というものはかなり高いですね。

当時はデータ通信はありましたが、カケホーダイというプランなどはありませんでした。

よって電話代がリアルにかかっていたのです。

それでも人によっては2万や3万毎月払っていた人が居ましたね。

そして時代がたって、電話がデータ通信内で出来ることにより、3万とか4万とか毎月払っている人は少なくなりましたが、ほとんどの若者がデータ通信を行うようになり、高校生でも毎月の通信費が1万円ほどになるという我々からするとかなり高すぎるおもちゃを持たされているわけです。

分割購入って何がダメなの?

分割購入というのはローンを組んでいるのと同じなのです。

よって払えないはありえないわけです。

払えないはブラックリストに入るわけです。

仮に払えないという可能性があるなら絶対に一括で購入することをオススメします。

こんなことでひっかかってオートローンも組めないなんてことが普通にありえるからです。

オートローンならまだしも住宅ローンが組めないなんてことも普通に考えられるのです。

だから分割購入は絶対にするなとはいいませんが、高くても一括で購入しておきましょう。

結論として

簡単に分割を組ませる手頃な携帯を侮ってはいけません。

信用情報は裏で繋がっているのです。

本当に怖いので、安易に分割を組んではダメですね。

携帯電話は便利ですが、落とし穴がいっぱいです。

是非そのあたりを気をつけていただきたいと思います。

一括価格で購入するメリットが減った

スマホを含めて最近は一括価格で購入するメリットというものがかなり少なくなったと思います。

一括価格で購入するメリットというのは、端末購入時に一括価格と表示されている場合が若干お得感があるものの、そうでない場合というのは一括価格での購入というのはあまりオススメできません。

分割で購入しても一括で購入しても結果的にトータル支払いは同じになるからです。

それなら分割でいいのでは?と思ってしまいますね・・・

また分割で購入している場合は端末代金を毎月支払っているということから次に新しいモデルが発売されてもそちらを購入しないような気がします。

今支払っている分割があるので、もったいないという意識が働きませんか?

そういう意味では分割で払い続けていても問題ないと思います。

オンラインショップで購入する人も増えてきた

<ドコモ>


<au>


<ソフトバンク>

最近はこのようにオンラインショップを利用する人が非常に増えてきました。

オンラインショップで購入するメリットというのは、自宅にいながら購入することができるということです。

自宅にいながら購入することができるということで、いつでもどこでも購入することができるのです。最近はモバイル対応になっており、スマートフォンからスマホの購入を行うことも可能なのです。そういうことからオンラインショップを利用して購入する人が非常に増えました。

それこそ右肩上がりで増えているのではないでしょうか。

オンラインショップを利用する人が増えたことにより、スマホも非常に購入しやすくなりました。昔のように一括価格も非常に少なくなり、多くの人が分割で購入する世の中になったのです。

分割で購入するほうが毎月の支払いを抑えることができるので、家計にも優しいです。

一括で10万円などの支払いがあれば、家計はかなり厳しいですからね・・・そういうことを考えるとやはりスマホというのは分割で購入する人が大半ということになります。

端末代金はこれから間違いなく高騰する

スマホの代金というのは、これから間違いなく値上がりします。

毎年少しずつ値上がりしているわけですが、いわゆるグローバル価格というものが適用されているためです。

グローバル価格が適用されているとどうしてもモノの値段というのは高くなるのです。

ものの値段が高くなるということは、どういうことなのでしょうか?

基本的に世界的にみたら物価というのは徐々に上昇しているのです。日本も若干上昇しているとはいいますが、実際にはそのような実感はありませんよね。

今後ものの価格というのは飛躍的に向上していくでしょう。それはスマホにも適用されるのです。

今仮に1万円のものでも世界的に見ると1年後には12000円になっているかもしれません。

ものの価値というものがどんどん同じお金では下がってしまうインフレ状態になっているわけです。今後も同様の傾向は続くものと思われます。

日本はここ何年もデフレ状態でしたので、端末価格の値上がりは厳しいですが、諦めるしかないかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました