SnapDragon 845 / 855 次期Qualcomm CPU 動作速度 スピード コア数は?

Qualcommは次期CPUを2017年のQ4に発表する予定にしているようです。→正式にSnapDragon845が発表されました。

この情報は中国から出ている噂となっているようですが、次期SnapDragonの情報となっております。

このSnapDragonというのは現状ではほとんどのスマホに搭載されているCPUとなっており、このQualcommがスマホの能力を牽引していっているといっても過言ではないでしょうか。

それくらいスマホに与える重要度というのはすごいものかと思われます。スナドラといってもまだわかる人は非常に少ないですが、スナドラというのはSnapDragonと呼ばれるQualcommのCPUです。実際にはSoCということで、モジュールパッケージされたものです。

通信などのモジュールも同梱されているパッケージとなっており、このオール・インパッケージを導入することで、スマホを快適かつ便利またコストパフォーマンスに優れたものにするのです。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

シングルコアのスコア

シングルコアのスコアは2900〜3100程度になるといわれておりますが、実際に搭載されているのは、オクタコアとなる予定となっております。

一時期SnapDragon820ではクアッドコアになりましたが、その後またオクタコアになりました。オクタコアというのは8つのコアがあるCPUのことを指します。

世の中にはデカコアとかドデカコアなどそれ以上のコア数を持つCPUもあるのですが、まだ発売されているのは一部の機種です。このQualcommからはそれ以上のコア数を持つCPUというものは発売されておりません。

となると2017年度中には10コア以上を積んでいる機種というのは発売されない可能性が非常に高いこともわかります。

それ以上のコア数を積んでいるようなCPUというのは2018年度以降での発売となると予想出来るわけです。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

SnapDragon835の後継モデル

当然ですが、SnapDragon835の後継モデルとなることが予想されます。そして今の流れからすると2018年前半に搭載されるスマホからこのSnapDragon845もしくはSnapDragon850が採用される可能性が高いことがわかります。

現状ではまだSnapDragon835を搭載したスマホもほとんど発売されておりません。

実際に発売されるのは2017年の4月以降くらいになると思われます。

今この記事を書いている時点で採用されているのは、XPERIA XZ PREMIUMくらいです。

XPERIA XZ PREMIUMがついに発表されました。この機種は当然ながら日本で発売されると思われます。その後XPERIAシリーズは各社...

こちらです。次世代のCPUは開発するにもかなりのコストを要するため、すぐの開発というのはまだ出来ないと思われますが、期待している人はかなり多いと思います。

この頃になるとおそらく6GBのRAMを搭載するモデルなどもかなり出てくると思われます。それはそれで楽しみですね。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

SnapDragon845がリーク

2017年5月8日追記

SnapDragon845の開発がリークしたようですね。次に出てくると思われます、Qualcommの最新のCPUというのはSnapDragon845になるということでほぼ間違いないでしょう。

SnapDragon845というのは、SnapDragon835の後継にあたると思われます。

またSnapDragon845に関していえば7nmプロセスルールで製造されるということです。

相当細かいプロセスルールで製造されることからバッテリーへの負担など省エネに関してもかなり期待出来ると思われます。

当然ながら7nmということになれば、相当高い能力も発揮すると思われますね。これはかなりオススメしたいSoCになりそうです。

こちらのCPUは能力の向上が25%~35%程度になるといわれております。

それくらい能力が向上したら非常にいいですよね。

また発表は2018年の2月頃と言われておりますので、まだかなり先の話になりそうですね。

それまでにSnapDragon835の後継モデルが何か発表されるかもわかりません。

それはそれで期待したいところですね。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

LGの最新機種にSnapDragon845が採用される見込み

2017年5月30日追記

LGから発売される最新機種にSnapDragon845が採用される見込みになっているようです。SnapDragonというのは一般的なスマホに採用されているCPUです。正確にはSoCと呼ばれる部分で、CPU以外の通信などもそこに含まれるのです。それの最新がSnapDragon845というモデルになるわけですが、それが今後新しく発売される機種で採用になる可能性が非常に高いということがわかりました。
LGの最新の機種はLG V30 Proという機種になるわけですが、おそらくその機種に採用されると思われます。
LGはフラッグシップモデルと呼ばれる機種を今後発売するのですが、Vシリーズ及びGシリーズが主なハイスペックモデルとなっております。
Gシリーズというのはおそらく次に発売されるのは2018年の春頃と思われます。そこまで正直なところ待てませんからね・・・そういうことを考えるとこの秋頃に発売される予定のV30に投入される可能性が非常に高いのです。SnapDragon845というのは当然処理能力も高いわけですが、色々なところが進化しております。
CPUの進化というものは非常にたのしみですよね。冬モデルの段階ではまだSnapDragon845を採用してる機種というのはそれほど多くはないと思われますが、冬頃から来年の春頃にかけてこのSnapDragon845を採用した機種というものは発売されつつあると思われます。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

GALAXY S9にも採用予定

2018年に採用される機種にはSnapDragon845というものは採用される可能性が非常に高いですね。

SnapDragon845というモデルというのは、非常に優秀のようです。ざっくりですが、SnapDragon835のantutuなどのベンチマークの結果は170000ほどとなっており、その前に発売されたSnapDragon820の場合だと150000ほどです。

となると次に発売される予定のSnapDragon845では20万近くのスコアを出す可能性が非常に高いということになります。

またGALAXY S9でも採用される可能性もあり、GALAXY S9を待っている人はかなり美味しい思いが出来るのではないでしょうか。

GALAXY S9というのは、2017年3月に発売される予定の機種となっており、かなり先進的な機種になる予定です。

現行のGALAXY S8でかなりの販売実績があり、本当に人気の機種であることは間違いありません。

そのGALAXY S9にもこのSnapDragon845が採用される可能性も非常に高いということもあり、このCPUはかなりたのしみですね。

スナドラ845はGALAXY S9に採用はほぼ確実か?

上記にも記載したとおり最新の記事にもこの件を記載しました。

GALAXY S9にはSnapDragon845 2018年のSamsungフラッグシップ スペックが判明

こちらGALAXY S9の記事となっておりますが、スナドラ845が採用される可能性が非常に高いことがわかりました。

スナドラ845というのはかなり能力の高いCPUとなっております。

このCPUに期待している人はかなり多いことは間違いありません。

スナドラ845というCPUを利用される機種というのは今後間違いなく増えてくると思われますが、本当に楽しみですね。

新しいCPUになると処理能力は飛躍的に向上します。その為新しいゲームなどもかなり利用出来ると思われます。

ただし新CPUになりますが、RAMの容量は4GBとそこまでは大きくはありません。それが若干残念なのですが、RAMの容量はそれほど大きくなくてもCPUの能力でそれなりにカバー出来るのでしょうね。

SnapDragon855も開発中ということが明らかに

2017年12月6日追記

SnapDragon855も製造していることが明らかになりました。SnapDragon855というのは、845の後に発売される予定のCPUとなっております。

発売時期に関しては不明なので、いつ発売されるのかはまだわかりません。

この型番のルールに乗っ取るのであれば、おそらく発売は2018年の後半にかけてになるのではないでしょうか。

2018年の前半に搭載されるCPUというのはSnapDragon845です。

855はそれよりも高性能なCPUとなることはほぼ間違いありません。

855が開発されるということで、期待している人も多いと思います。

SnapDragon845が正式発表

SnapDragonが正式に発表されました。今回発表され製造メーカーがSamsungということも明かされました。

Samsungが新時代のCPUを製造するということです。SnapDragon835に関してもSamsungが製造を請け負っており、今後SamsungがSoCを牽引していくのでしょう。

実際には設計と製造が異なっているわけですが、製造をしているということもかなりの技術力であることは間違いありません。

またAppleはTSMCという別のメーカーがCPUを製造しており、SamsungはApple用のCPUの製造は行っておりません。

以前は行っていましたが、現在はTSMCの独占供給となっております。

SnapDragonのような世界的に売れるCPUを製造しているSamsungもすごいですが、Appleに独占供給しているTSMCもかなりのものです。

日本の企業がCPUの製造などを行っていないことは非常に残念です。おそらくこれから先もCPUの製造は行うことはないのかと思います。

引用元:iphone-tech

初回投稿日:2017年2月28日