キャリアアグリゲーション CA とは? 何? 意味がわからない人に解説

キャリアアグリゲーションってCMでも最近良く見ますよね?

結局なんなのでしょう?

通信速度が速いという謳い文句ですが、通信速度が速いということがキャリアアグリゲーションなのでしょうか?

実はそんなことはありません。

通信速度が速いだけではキャリアアグリゲーションとは言いません。

簡単にいうと

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

スマホが通信を行う電波を2つ使うことによって、高速通信を実現出来る。

もう少し噛み砕きましょう。

スマホは通信を行っているというのはなんとなかく想像は出来ると思いますが、基地局と通信を行っているわけですね。

この基地局というのは、スマホの持っているバンド帯毎に持っているわけです。

スマホは実は複数のバンド帯を総順出来るわけです。

仮に1つのバンド帯しか持っていなかった場合、そこのバント帯に通信が偏ったり、もしくはダウンした時に一切通信が出来なくなります。

それでは困る為、複数のバンド帯を所持しています。

基地局も同様に複数のバンド帯を所持しています。

それらと通信することによりスマホは通信が出来るわけですが、今までの通信の方法といえば基地局と1:1でしか通信が出来ませんでした。

それが2:2で通信出来るようになれば、速いと思いませんか?

複数のバンド帯から同時に電波を受けることにより、通信速度が上がるという仕組みです。

これがキャリアアグリゲーションなのです。

aggregationというのは集合体という意味です。

Careerは回線事業者の事です。

この2つの言葉をなんとなく組み合わせてみるとなんとなくわかるかも知れません。

実際に使う時は意識する必要がないので、この言葉の意味だけ知っておけば問題ないと思います。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

auも既存のキャリアアグリゲーションよりも高速なものを採用

auは2015年の夏モデルでさらに高速なキャリアアグリゲーションに対応するスマホを発表するようです。

現在高速化技術の一つにキャリアアグリゲーションというものがあり、今後もこの技術がどんどん進化するものと思います。

caau

ドコモはPREMIUM 4Gと言っており、これもキャリアアグリゲーションですね。

今後5Gになる前段階だと思っておいてもいいと思います。後数年で500Mbpsくらいの通信速度くらいにはなるのではないでしょうか。

ただし実測値ではそれほどでないので、期待は出来ないと思いますが・・・

高速になればなるほど、ありがたいのですが、無駄な読み込みが増えるなどのありがた迷惑な部分も増えてくるので注意が必要ですね。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

CA技術は当たり前

2016年5月10日

CAという技術は本当に当たり前になってきました。

正直なところここまで早くなくてもいいのかな?なんて思います。

高速にダウンロードが出来るということは無駄にダウンロード速度があがってしまう可能性もあるわけです。

例えばYouTubeですが、見ると先読みしているのがわかると思います。

先のほうまで自動的にダウンロードするのです。それが高速になれば、ひょっとして見ないかもしれない将来の分までダウンロードがされてしまうわけですね。

それってどうなんでしょうか?それでも構わないという人ならいいのかもしれませんが、その分で無駄なパケットが消費されてしまうと思う人もいると思います。

そういう人ならそこまで早くなくてもいいのでは?と思いませんか?

早いことはすべていいことではないのです。光回線などでは早いに越したことはないのですが、例えば5GBまでの通信費いくらとかになっている場合は早いことがいいことではないのです。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

キャリアアグリゲーションは最近は当たり前

2017年8月30日追記

最近はキャリアアグリゲーションというのは当たり前になってきました。

キャリアグリゲーションというのは通信を束ねるということですが、通信を束ねることで、かなりの通信速度を上げてきているのです。

通信速度が上がるということはエンドユーザーにとってはいいことばかりではありません。

技術としてはかなりすごいことなのですが、エンドユーザーにとっては最近は○○GBという制限の元通信をしていることをしているわけですが、無駄に先読みされる可能性があるわけです。

YouTubeなどの動画の先読みって結構辛くないですか?

YouTubeのはじめの30秒だけ見た時に最後まで先読みされている可能性があるのです。

そう考えると先読みが本当にいいのか?というとそういうわけではありません。

先読みだけがすべていいというわけではなく、そのあたりは適正にしてもらいたいと思うわけです。

○○GBという制限に関してもかなり最近は安価になってきたように感じますが、実際のところ容量が足りないと感じる人もかなり多いことは間違いありません。

そういうことを考えるとキャリアアグリゲーションが一概にいいというわけではないということがわかります。

技術としては非常にいいのですが、色々エンドユーザーには迷惑のかからない程度で検討してもらいたいですね。

ドコモがPREMIUM 4Gサービスを実施

ドコモがPREMIUM 4Gサービスを実施しております。

これにより機種によってですが、788Mbpsという非常に高速通信にも対応するのです。

高速通信が出来るということで、来年以降もかなり期待出来るのではないでしょうか。

高速通信が可能ということで、データのダウンロード速度などが非常に早くなります。

データのダウンロード速度が早くなる代わりにそれだけ通信量を利用する可能性も十分にありえるわけです。それでも高速通信を行いたいというニーズに答えるものとなっており、今後さらに高速に通信出来る技術というものが出てくると思われます。

次は5Gというさらに次世代の通信規格を現在開発中で、商用に関してはもう少し後になるかと思いますが、近々通信速度が高速なものがかなり出てくることは間違いないでしょうね。

初期投稿日:2014年11月4日