ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

iモード 生産終了で ドコモのガラケーが人気 在庫限りで ネット購入がお得

iモード端末の生産が終了するというニュースがここ最近駆け巡りました。

実際にiモード端末の生産が終わるだけでサービスはまだ続いております。

それに伴いiモード端末の販売がかなり順調に推移しているようです。

当然ながらiモードを使いたいという人にとっては、今のタイミングでの購入というのが最後のチャンスになることは間違いありません。

ドコモオンラインショップで在庫

docomo ドコモ

こちらドコモオンラインショップです。

在庫限りなので、ほしいと思う人がかなり増えてきているようです。

iモード携帯でなくなると多分料金プランの変更があると考えた人が多いのでしょう。

iモード携帯は今購入して数年使うことが出来ます。そういう意味では間違いなく今購入しておきたいですよね。

ドコモオンラインショップでも在庫は定期的に復活すると思いますので、ぜひ検討してほしいところです。

このようなことになるというのは、間違いなくガラホもしくはスマホにしてもらいたいのですが、料金のことを考えるとなかなか移行出来ない人が多いでしょうね。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

今しか買えない

正直なところ今しか買うことができません。

12月までに購入できるかどうかわかりません。

そうなると今のタイミングでの購入になることは間違いありません。

ぜひ今購入しておくべきですね。

個人的にもガラケーは今も使っておりますが、私はもうあきらめようかなぁ〜と思っております。

ドコモ iモード ガラケーの販売が在庫限りで終了 SPモードに全製品が移行

2016年11月2日

こちらに最新の情報を掲載しておきます。

ぜひ今の間にGETしてみてください。店舗で購入するより、オンラインショップのほうが間違いなく楽に購入することが可能です。

その後iモードサービスが終了し、SPモードのみに移行されると報じられました。

2026年3月31日にはiモードは完全に利用できない

2026年3月31日にはiモードは完全に利用できなくなります。iモードを利用している人はそれまでの移行を検討する必要があります。

終了の予告からかなりの期間が経過した後の終了となりますので、大部分の人は救われるかと思います。

それまでにもDMなどでもかなりの人に使えない連絡というものはあるでしょう。それでもやはり移行をし忘れる人というのは、少なからずいるわけです。

2015年あたりからケータイでもいわゆるガラホと呼ばれるものが出てきました。ガラホというのはSPモードを利用できるため、ガラケーとは異なります。

ガラケーとは異なりますが、基本的には利用者としては今までとさほど変わらないわけです。

ただし中途半端にLINEなどのアプリの利用も可能となるため、不要だと感じている人も多いかと思います。しかしながらガラケーじゃないと操作できないという人が少なからずいるわけです。すべての人が変化に強いわけではありません。変化を好まない人も世の中には少なからずいるわけです。

スマホに変われば便利になるということは、わかっているけどやめられない人達です。そういう人をなかなかガラケーからスマホへ移行するということは、相当難しくなるわけです。

世の中の流れとしては明らかにガラケーよりスマホとなっているわけですが、特に年配の方々というのはそのことを知らない人も少なからずいるわけです。仕事などをしており、外部の人と接点のある人というのは、ガラケーではなくスマホにしている人も多いと思いますが、世の中にはそうでない人もいらっしゃるわけです。いかにそのような人にガラケーサービスがなくなり、SPモードに移行されるのかということは、知っておいてもらう必要があるわけです。

スマホへの乗り換えが進むのか?

これはスマホへの乗り換えが進む可能性というのは、十分にありえる話ではないかと思っています。

次の機種変更時にガラケーではなくスマホを選択する人というのは少なからずいるでしょう。

スマホでも安価なスマホも世の中には存在しますので、安価なスマホを購入しようと思う人は少なからずいるわけです。基本的に安価なスマホであったとしても、ガラケーとは全く異なるものとなっていますので、始めは戸惑うかもしれません。それでも数年経過するとやはり慣れてくるわけです。

結果的になれたらガラケーより使いやすいということにもなるかと思います。

ドコモ F-01M らくらくホン ネットで買い替え機種変更 頭金 なし 事務手数料なし

2019年10月25日

ちなみにどうしてもガラケーがいいという人なららくらくホンという選択肢もあります。こちらはiモードではなくSPモードとなっていますので、実はガラケーという扱いではないのです。このように実は利用できるガラケータイプのものもあるわけです。

完全なガラケーではなく、このようならくらくホンを選択肢として入れてあげるということも必要になってくるのかと思います。

スマホへの買い替えがどうしてもしたくないという人ならこういう選択肢でもいいかもしれませんね。

どっちにしろ最近はガラケーをラインナップから排除しており、今後はスマホもしくはガラケーといっても一部のガラケータイプを残すのみとなっています。これから5Gなど新たなサービスを利用する上で必要な設備投資にシフトしていくということになりますよね。

引用元:ドコモオンラインショップ


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。