当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

iPhone7 /Plus アイフォン7 レビュー 評価 評判 使い勝手は?不具合 維持費が安い 過去情報も掲載

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

iPhone7が現在各社から販売されております。2018年から2019年にかけてドコモウィズ対象製品になり、またUQやワイモバイルからも発売されるようになりました。

Ymobile ワイモバイル キャンペーン お得 サービス | ワイモバイルのキャンペーン情報やお得サービス 製品情報を紹介します。
ワイモバイルのキャンペーン情報やお得サービス 製品情報を紹介します。

ワイモバイル版はかなり安価に維持できるので、こちらを確認ください。

それに伴いiPhone7の購入が非常に安くなりお得になっております。

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

購入は

こちらドコモウィズのページとなっておりますので、こちらから購入いただけます。

iPhone7は価格もドコモ価格では4万円ほどとなっており、非常にメリットのある機種です。


こちらからも購入することが可能です。

購入は各社オンラインショップ

docomo ドコモ

au

SB

こちらから予約をすることが可能です。

ドコモ オンラインショップ 機種変更 メリット デメリット オススメ 得か損か
ドコモオンラインショップで機種変更などの契約をする人がかなり増えてきました。 オンラインショップを利用する人が増えてきたということは、それだけリアルに行動を起こしてスマホなどを購入することが、面倒だと考える人が増えたことによるものだと...
au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 予約 購入が出来る
au Online Shopのメリットに関してお伝えしてみたいと思います。 まずはau Online Shopというショップを知っていますか? auが直営で実施しているオンラインショップです。このau Online Shopを利...
ソフトバンクオンラインショップ メリット 機種変更 新規 MNP 予約 お得に契約する方法
ソフトバンクオンラインショップを使ってお得に契約したいと考えている人も結構多いと思います。 ソフトバンクオンラインショップのメリットをお伝えしたいと思います。 ソフトバンクの携帯を購入するならソフトバンクオンラインショップの存在...

今から店舗で予約をしても実際に手に取れるのはかなり後になるかと思われます。

オンライン予約が非常に便利です。ぜひオンライン予約を利用するようにしたいところです。各社のオンラインショップで予約をすると色々メリットがあるので、非常にお得です。ぜひ検討してほしいと思いますね。

予約動画はこちらを参照していただければと思います。

それではまずはスペックに関して見ていきましょう。

スペックは?

機種iPhone7iPhone7Plus
大きさ138.3×67.1×7.1mm158.2×77.9×7.3mm
重さ138g188g
OSiOS10iOS10
CPUA10A10
RAM2GB3GB
ROM32、128、256GB32、128、256GB
画面サイズ4.7インチ5.5インチ
解像度1334×750ドット 326ppi 1400:1コントラスト比(標準)1920×1080ドット 401ppi 1300:1コントラスト比(標準)
カメラ1200万画素/500万画素 F値1.81200万画素/500万画素(背面デュアルカメラ) 光学2倍ズーム 広角F値1.8、望遠F値2.8
カラーローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラック、ジェットブラックローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラック、ジェットブラック
対応バンドFDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、17、18、19、20、21、25、26、27、28、29、30)
TD-LTE(バンド38、39、40、41)
TD-SCDMA 1,900(F)、2,000(A)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900、2,100MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
その他Touch ID指紋認証センサー,気圧計,3軸ジャイロ,加速度センサー,近接センサー,環境光センサー

カメラ機能

光学式手ぶれ補正
6枚構成のレンズ
クアッドLED True Toneフラッシュ
パノラマ(最大63メガピクセル)
サファイアクリスタル製レンズカバー
裏面照射型センサー
ハイブリッド赤外線フィルタ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)
手ぶれ補正機能を使ったLive Photos
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
強化されたローカルトーンマッピング
人体検出と顔検出
露出コントロール
ノイズリダクション
写真の自動HDR
自動手ぶれ補正
バーストモード
タイマーモード
写真へのジオタグ添付

ビデオ機能

4Kビデオ撮影(30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
2倍光学ズーム、6倍デジタルズーム(iPhone 7 Plusのみ)
クアッドLED True Toneフラッシュ
1080p(120fps)および720p(240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
連続オートフォーカスビデオ
人体検出と顔検出
ノイズリダクション
4Kビデオの撮影中に8メガピクセルの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオへのジオタグ添付

前面カメラ FaceTimeカメラ

1080p HDビデオ撮影
Retina Flash
ƒ/2.2の開口部
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
自動HDR
裏面照射型センサー
人体検出と顔検出
自動手ぶれ補正
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード

こちらがスペックとなります。

A10というCPUを搭載しており、A9に比べて30%ほどクロック数が高くなっております。

30%ものクロック数が高くなるということは、当然ながら動作速度は30%増しという感じでしょう。

おそらくそれに関してはほぼ間違いなく、それくらいの動作速度になると思われます。

そもそもiPhone6sの時もiPhone6からのスペックアップに伴い文字入力などかなり早く感じました。

おそらく今回も文字入力に関しては早くなると思われます。いつも思うのですが、レビューをするときというのは、文字入力の応答速度を見るとたいていわかると思います。

今回も文字入力が非常に良くなっていると思われます。

続いてはカメラですが、カメラに関しては当然ながらかなり早くなっていると思います。

カメラはデュアルカメラ搭載のiPhone7Plusがオススメ

カメラはデュアルカメラ搭載のiPhone7Plusが当然ながらオススメです。

今回はiPhone7がかなり売れることは間違いないと思います。なんといってもスペックの高いさはiPhone7Plusのほうが間違いなく上なのです。

そう考えるとiPhone7Plusは相当売れるでしょうね。

個人的にもiPhone7Plusを予約してしまいました。

それくらいiPhone7Plusの人気は高いと思います。

ここ最近大画面が主流になってきており、4.7インチでは若干役不足という感じです。

どうせ持つならスペックの高いほうがいいですからね。

今回のiPhone7に関してはどっちみに買いということは間違いありません。

イヤフォンがないことに違和感

音楽を聞く人にとってはイヤフォンがないということが違和感があることだと思います。

確かに違和感はありますが、音楽を聞かない人にとってはどちらでもいいことです。

そういう意味では万人受けする端末になったのではないでしょうか。音楽を聞きたい人にとってはどうしてでも音楽を聞きたいと思うでしょう。

そうでない人は残念ながら何もしません。別にそれでいいのです。

万人が音楽を聞いているわけではないのです。

そう考えれば、この選択は間違っていなかったのではないでしょうか。

iPhone7 iPhone7Plusの動作動画 カメラのシャッタースピードなどは?

iPhone7及びiPhone7Plusの動作を動画してみました。実はまだ手元にないので、ショップで撮影してみました。

まずはiPhone7のほうです。

動作速度はかなり早いということがわかると思います。これくらい高速に動作すれば問題ないでしょう。

続いてiPhone7Plusの動画となりますが、こちらもかなり早く動作すると思われます。

なんといってもカメラのシャッターのスピードがかなり早いことがわかると思います。

これくらい高速に動作することができれば全く問題ないでしょうね。

個人的にもこれくらいの動作速度なら全くストレスは感じないと思います。

今回のiPhone7は早くほしいですね。今回はかなり高速に動作し処理速度はかなり早いと言われております。

Appleは本当にいい製品を出してくるなぁ〜と思いますね。若干発熱の問題もあるようですが、発熱を持つような使い方をしなければ、問題ないと思われます。

ぜひこの機種の購入はしてほしいですね。本当にいい機種だと思います。

一番の問題は在庫不足

一番の問題は在庫不足です。在庫不足が一番の問題かと思います。今のところ入荷予定もあまりわかっておりません。

どこの店舗でもほとんど在庫がない状態なので、かなり辛いと思います。

iPhone7Plusの在庫が特に少なく、iPhone7は大容量を中心にまだ店舗に残っている場合もあります。

今回は128GBが真ん中のグレードにきたので、間違いなく一番売れることは間違いありません。

さすがに256は不要と思っている人もかなり多く、やはりいちばん売れるのは128GBでしょう。32GBは流石に小さいのであまり売れないと思われます。

それでも既存のiPhone6などを利用している人からすれば32GBでも2倍の容量に増えているので、容量をうまく使えば全然問題なく利用可能かと思います。そう考えると別に32GBでも十分なのかな?と思います。

どっちにしろ一番の在庫不足はiPhone7Plusが原因なことは間違いありません。iPhone7Plusがほしい人はやはりiPhone7Plusの一番不人気の容量の256GBを待つのがいいでしょうね。これが一番在庫が早く届くと思います。ただし問題は価格が高いことですよね・・・

価格が高くてもかなりの容量を保存できるので、動画などを撮る予定があるなら非常にいいと思います。そういう意味では256GBも検討の余地ありです。

2020年の時点では在庫は当然ながら潤沢にあります。ワイモバイルでもUQでも在庫はありますので、全く問題ありません。

在庫不足が徐々に解消?

在庫不足が徐々に解消に向かっているようです。iPhone7Plusのローズゴールドやシルバーなどの色は普通に在庫としてある店舗もあります。

しかしながら今回はドコモ、au、ソフトバンクでかなりの在庫の取り合いが行われたと思われます。

初期ロッドとして数十万台日本に入ってきたと思いますが、当然ながらそれはすべて完売しております。

特にiPhone7Plusに関しては今でも非常に人気が高く、その中でもジェットブラックの在庫はかなり人気が高いので、未だに手に入れていない人もかなりの数がいます。

ジェットブラックの人気というのは、本当にすごいと思いますが、今後解消されていくまでやはり12月頃までかかるでしょう。

今のタイミングでも予約を入れている人もかなり多くいます。

そういう意味では今のタイミングからならジェットブラックなら12月頃という感じになるのではないでしょうか。

月末にかけて徐々に予約を行う人は少なくなっていくと思われますが、やはり今のタイミングで在庫の確保をしないと結構厳しいでしょうね。

ぜひ検討してみてください。

iPhone6の2倍の性能

基本的にiPhone7の2倍の性能があるといわれております。相当性能は高いことは間違いありません。

iPhone6は実は現在私が利用している機種なのですが、iPhone6でもまだ十分なのかなぁ?なんて思ったりします。それよりもまだスペックが高いということにびっくりですよね。

iPhone7に関してはそこまでスペックが高いのかぁ〜という感じです。

iPhone7に機種変更した人もいますが、やはり動作が高速になった分かなり使い勝手が向上したといっている人が結構います。

高速になった動作速度というのは、もう前のモデルに戻ることはかなり難しいでしょうね。

性能が2倍ということは2年で2倍になったということです。実際にCPUなどの能力はiPhone6sから30%程度あがっていることになります。

iPhone6からiPhone6sも30%ほど動作速度で向上が見られております。そう考えるとやはり2倍くらいの性能はあがっているのでしょうね。

1.3倍の1.3倍ですからね。実際には1.7倍程度の動作速度向上ということになりますが、トータルで見るとやはり2倍程度ということになるでしょう。

とにかくiPhone6から比べるとRAMの容量が2倍になっているところがいいと思います。iPhone7Plusに関してはRAMの容量が3倍です。

実際に複数のアプリを動作させているようなテストではRAMの容量アップということが寄与して早くなっているケースも結構あるようです。

そう考えるとRAMの容量と動作速度の関連性というのは結構あると思われます。今回ホームボタンが振動するようになり、iPhone6sの時に比べて使い勝手の面では少し変わりました。それを嫌う人もいますが、正直なところそんなの慣れです。

なれると別に土ってことありません。確かに押した感じはありませんが、押せるところが確保されているだけでもマシなのです。

今回のiPhone7は正直なところ買いでしょうね。

おとくケータイで買ってみた

2016年10月10日追記

おとくケータイ.netでいわゆる話題のスマホを買ってみました。

おおまかな流れ

おとくケータイ.netで購入するためのおおまかな流れです。結構お得に購入することが可能になっているので、ぜひ検討してほしいと思います。

ウェブ問い合わせを実施

電話の一報が入る

キャッシュバック詳細などのメールが入る(維持費などもここから確認)

そのメールに契約する旨を伝える

メールに特定のフォーマット(契約に関するフォーマット)が届く

フォーマットを埋めて返信する(同時に免許書などを写真で送ることも指示される)

ウェブ上の同意書を確認するサイトがメールに送信されてくる

正しい内容か確認して同意をする

ソフトバンクから連絡が入る

ケータイが届く

開通作業を行う。(ここまで前の番号は利用可能)

iPhone7Plusの在庫は本当にない

2016年10月13日追記

特にドコモ版なのですが、iPhone7Plusの在庫は本当にありません。

404 NOT FOUND | 携帯情報.コム
ドコモ au ソフトバンク 最新スマホの情報を掲載 iPhone13 Galaxy S21 Xperia 1 Ⅲ

こちらの記事ですが、本当に在庫がないようです。ドコモ版の在庫を確保したい人は1日でも早くドコモオンラインショップで予約をしておくことをオススメします。

そうでないといつまでたっても在庫が確保されないという状況にもなりかねません。

そういうことを考えるとソフトバンクはまだ在庫がありますよね。ちなみにauに関しても在庫はあまりないようです。

iPhoneを一番買いやすいというキャリアはやはりソフトバンクなのかもしれませんね。昔からのつながりで、たくさん在庫を確保できるのかもしれません。

どの程度在庫を確保しているのかわかりませんが、とにかくドコモには今ほとんど在庫がありません。在庫不足が早く解消されるといいなぁ〜と思いますね。

iPhone7Plusで撮った動画

iPhone7Plusで撮った動画です。やはり結構きれいに撮れますよね。

こちらがその動画になりますが、最大6倍まで見ることが可能です。

最大6倍ならかなりズームでよることも可能です。

結構いいと思います。iPhoneからフィトに移動させましたが、iPhoneから直接フォトに移動させるとあまりきれいではなかったので、iPhoneからMacに直接移動させてそこからYouTubeにアップしました。ちょっとだけましに見えると思います。

かなり遠くまで見えるとおもいますね。

他の動画も掲載しておきます。

新幹線は高速移動しているので、やはり近くのものは斜めにうつりますね。それはある意味しかないことかもしれません。
その後iPhone8やiPhoneXs、iPhone11Proなどの機種が続々と出てくるのですが、実は結構きれいだと思います。
iPhoneのカメラ性能は結構高いので、安心して利用することができますよね。

iPhone7 /Plus アイフォン7 ケース カバー 保護フィルム クリア 購入 値段 価格

iPhone7が今後発売開始されますが、やはりほしいのはケースでしょう。

ケースというと通常は発売直後から購入可能になりますが、すでに購入が可能になっているケースもあります。

それは本当にありがたいことではないでしょうか。

オンラインショップを利用する

docomo

まずはオンラインショップを利用することを検討してください。

ドコモ オンラインショップ 機種変更 メリット デメリット オススメ 得か損か
ドコモオンラインショップで機種変更などの契約をする人がかなり増えてきました。 オンラインショップを利用する人が増えてきたということは、それだけリアルに行動を起こしてスマホなどを購入することが、面倒だと考える人が増えたことによるものだと...

こちらに各社のOnline Shopのメリットに関して記載しておきます。iPhone7の発売はすぐです。確実に発売日に手に入れるにはオンラインショップの利用は必須となります。

iPhoneは発売日に手に入れたいと思っている人が日本全国にはかなりいます。正直なところ店舗での予約をすると無駄な時間をかなり過ごすことになります。

それこそ時間のある人なら問題ありませんが、時間があまりない人にとって、それは無駄な時間の過ごし方です。確実にiPhone7を手に入れたいのであれば、間違いなくオンラインショップの利用でしょう。

ドコモオンラインショップなどではコンビニ受け取りもやっております。

こちら予約の手順を掲載している動画です。こちらも合わせて確認いただければと思います。といっても予約画面はみたらなんとなくわかるレベルなので、誰でも予約をすることが可能かと思います。

コンビニ受け取りにすると深夜時間に帰宅してしまったりする場合にその威力を発揮します。もよりのコンビニでものを受け取ることにより、確実にその日のうちにiPhoneを手に入れることが可能になります。

ぜひ活用してほしいですね。それではケースに関してお伝えしていきましょう。

現状オンラインショップで購入できるiPhone7というのは、ドコモ、ソフトバンクくらいですね。

手帳型ケース

こちらはごく一般的な手帳型ケースとなっておりますが、価格も非常に安価なものになっております。現在セール中ということで、非常に安価に購入することが可能となっております。

これは間違いなくお得だと思いますので、ぜひ検討してほしいところですよね。

こちらはそこそこ高価な感じですが、現在割引で販売中です。

こちらもiPhone7及びiPhone7Plusに対応したケースがありますので、非常にいいですよね。

手帳型でそれなりにモノがいいというのであれば、こちらを選定いただければと思います。

これはかなり安価ですね。しかもiPhone7に対応しております。

これはかなりお得ではないでしょうか。iPhone7Plusには対応していないことがちょっと残念ですが、それは仕方ないかもしれませんね。

とにかく安く抑えたいという人はこれでも十分ではないでしょうか。

クリアケース

クリアケースも登場しております。

このようなケースですね。ケースはやはり必要という声もかなり多いと思います。特に今回は新しい色のモデルも発売される予定になっており、手帳型よりもクリアケースに人気が集まるのではないでしょうか。

クリアケースなら本体が見えますからね。本体が見えないケースも非常に多いので、手帳型にするよりもこちらのほうが目立つ可能性が非常に高いわけですね。

このようなクリアケースも存在します。このようなケースでもいいのではないでしょうか。

ハードケースではありませんが、柔らかい素材でできております。

保護フィルムも必須

当然ながら保護フィルムも使いたいところです。

こちらなんと500円の保護フィルムがあります。これはかなり安価ではないでしょうか。

結構こちらはオススメしたいですよね。

これくらいの価格で保護フィルムが手に入れられるのはかなりお得です。

100円均一にもすぐに登場する可能性がありますが、あれはどうも衝撃性能には優れているとはいえません。

衝撃性能にそれなりに優れたものというのはそれなりの価格はするのです。

こういうものはかなりいい値段がするのですが、結構いいと思います。

一度こういうものも選定してみてはどうでしょうか?

ケースなどにお金をかけるのがもったいないという人も結構いますが、それでもやはりあれば結構重宝します。

一度検討してみてはどうでしょうか。

iPhone7 /Plus スペック

iPhone7 iPhone7Plus スペック 比較 優れているのはどっち デザインなどは?

こちらですが、iPhone7及びiPhone7Plusの現在出ているスペック情報を元に作成した比較表です。

やはりiPhone7Plusのほうがすべてにおいて上になっているように感じますね。

今回は5.5インチの大画面のモデルのほうが人気がでると思われますので、iPhone7Plusの購入をオススメしたいと思います。

それでも女性にはiPhoneの4.7の大きさのほうが操作性などはいいと思います。

大画面になればなるほど、画面は見やすくなりますが、結局のところ操作性は落ちます。

そういう意味ではiPhone7のほうが間違いなくいいと思いますね。操作性を重視するならiPhone7でしょうが、大画面を重視するならiPhone7Plusではないでしょうか。

個人的には非常にいい機種に仕上がっていると思われますので、個人的にもiPhone7をオススメしたいと思いますね。

どうせならかっこよく持ちたい

2016年9月21日追記

このようなケースも存在します。

こんなのもかっこいいですよね。発売されてからもケースというのはかなり出てきております。

ジェットブラックを予約している人はまだ手元に届いていない人が多いと思いますが、ジェットブラックはケースをしてしまうと本体が見えません。

それは本当に残念ですが、傷がついたらいやですからね。

そう考えると若干ながらケースに関しては悩ましいところではあります。保護フィルムだけという選択肢もあるかもしれません。

iPhone7Plus 30%オフクーポン付きのケースを紹介

2016年10月20日追記

30%オフのクーポンが付いているケースを紹介したいと思います。

404 NOT FOUND | 携帯情報.コム
ドコモ au ソフトバンク 最新スマホの情報を掲載 iPhone13 Galaxy S21 Xperia 1 Ⅲ

こちらのページに記載をしているのですが、iPhone7Plus用のケースです。iPhone7Plusでもジェットブラックなどの今回始めての色を購入する人にとってはこういうケースはいいのではないでしょうか。

結局のところ手帳型ケースに入れてしまっては、残念ながらその色を楽しむことがなかなかできません。

こういうケースなら新しい新色も常に見ることが可能です。ジェットブラックなどに関しては、かなり傷がつくという情報も多数あるので、実際にはケースに入れて利用する人も多いと思いますが、どうせならこういうケースに入れたいですよね。

ぜひ検討してほしいと思います。

手帳型ケースが増えた理由

手帳型ケースを持っている人が本当に増えたと思います。手帳型ケースを持っている人が増えた理由ですが、iPhone7にかぎらずですが、ケースを利用することにより、まずは汚れから本体を守ることが出来ます。

汚れだけではありません。当然ながら傷などからも守ることが可能になります。

どうせ購入したガジェットですので、ずっときれいに使い続けたいと思う人も多いと思います。結果的にずっと使い続けたいと思うためにiPhone7のケースをみんな利用するわけです。

それと一番感じるのは画面割れに対応できるということです。

iPhoneの画面って結構割れている人みかけませんか?特に若い人なんてそんなんで操作できるの?と思うレベルで結構画面割れをそのまま放置している人も多くいます。

そういうことからiPhoneの画面割れにはやはりこちらの手帳型ケースというのは使いたいところですね。

それでも本当に画面割れはそれだけで防げるの?と思いますが、それとフィルムです。フィルムを利用することにより、ほぼ確実に防げるのです。

結果的にそういうものを利用する人がかなり最近多いというわけなのです。

手帳型のケースを利用している人というのは本当にここ最近かなり増えたと思います。

結局みんなきれいに使い続けたいと思っているからでしょうが、本来ならケースは使ってほしくないようです。それはジョブズが言っていたようですが、実際にケースを利用している人がこれだけ増えたらそんなことも言えなくなるとおもいますが・・・

クリアケースでかつスタンドになるiPhone7Plusのケースを紹介

クリアケースかつスタンドになるという非常にシンプルかつ面白いケースを紹介したいと思います。

iPhone7Plus アイフォーン7プラス ケース 防塵 折りたたみ式 スタンドにもなる

こちらにそのケースを紹介しているページがありますが、結構面白いと思いませんか?

今ならクーポンを入力することでかなり安価に購入することが可能となっております。

ぜひこれは検討してほしいケースの一つだと思います。

クリアケースというのは今回新しい色が発売されたことによりかなりいいと思います。

新色の発売ということで自分の持っている色を見せたいと思っている人もかなり多いのではないでしょうか。

そういう意味でも自分の新しい新色をあえて人に見せるという意味でもこのようなスタンド型のクリアケースというのはいいと思いますね。

ぜひ検討してみてはどうでしょうか。

ワイモバイル iPhone7 iPhone6s 2019年でも売れ筋機種に 維持費も安くお得に スペック比較 違い

iPhone7も上位に入ってきています。

iPhone7というのは、iPhone6sの翌年に販売されているため、スペック的にはさらによくなっています。そのため、最近ではiPhone6sよりもiPhone7を好むという人も増えてきていると思います。

iPhone6sが2019年に入ってもまだラインキング上位機種として売れていることを知っていますか?

iPhone6sというのは、2015年9月15日に発売され、非常に人気の高いモデルです。

実はこのiPhone6sを購入できるキャリアがあるため、非常に売れていることを知っている人も多いと思います。

ワイモバイルのiPhone6sがかなり売れている

ワイモバイルのiPhone6sが非常に売れていることを知っているでしょうか?

キャリア全体ランキングで15位前後に食い込んでいるのです。

2015年の機種がランキングにいるということ自体が本当にすごくないですか?

通常ランキング外になっていることが普通かと思います。4年も前のモデルなら普通は販売していることも珍しいと思います。

ワイモバイルから発売されたのは2017年10月6日となっており、ワイモバイルからの発売からなら2年以上経過しているモデルとなります。

それが2019年でも販売され続け、また上位モデルとしていること自体がかなりすごいことかと思いますね。

個人的に見てもこれは本当にすごいことかと思います。そこまでワイモバイルのiPhone6sというのは、人気の高いモデルなのです。

本当にそういう意味ではオススメできるモデルかと思います。個人的に見てもこのワイモバイルでの販売台数というのは、驚異かと思います。

基本的にiPhone6sがどのようなスペックなのか見ていきましょう。

iPhone6sと比較してどこが違うのでしょうか。実はスペックを比較してもそれほどの違いがないことがわかりました。

スペック比較

モデルiPhone6siPhoneSE
大きさ138.3×67.1×7.1mm123.8×58.6×7.6mm
重さ143g113g
CPUA9 クアッドコア 1.7GHzx2 1.2GHzx2A9 クアッドコア 1.7GHzx2 1.2GHzx2
RAM2GB2GB
ROM16・64・128GB16・64GB
画面サイズ4.7インチ4.0インチ
解像度1334×750ドット1136×640ドット
カメラ1200万画素/500万画素1200万画素/500万画素
カラーゴールド・グレー・シルバー・ローズゴールドゴールド・グレー・シルバー・ローズゴールド
その他TouchID・3DTouchTouchID

違いといえば、3DTouchがついていないことくらいです。それ以外ではあまり違いはありません。

基本的には画面サイズだけが異なると思っておけばいいとおもいますね。それくらいの違いしかないということは本当によかったと思います。

3DTouchがありませんが、それほど大きな問題にはならないと思います。

対照的な2台

iPadPro9.7インチが発売されました。こちらの機種はiPhoneSEと比べると当然ですが、対照的な2台となっております。

大画面モデルと小さい画面のモデルの2つが発売となっているのです。相当対照的ですよね。

こちらはiPadPro12.9インチと比較したいと思う人も多いと思いますが、正直なところiPadPro12.9インチはちょっと大きすぎる画面なので、9.7インチくらいがちょうどいいのではないでしょうか。

個人的にも9.7インチモデルのほうをオススメしたいですね。

iPadPro9.7インチモデル スペックは? 価格は? 発売日は?

こちらが9.7インチモデルになります。こちらで十分ではないでしょうか。価格もWi-Fiモデルならそれほど高くはありません。

個人的にはこちらをオススメしたいですね。

ワイモバイルオンラインショップなら価格は2万円台で機種変更が可能

ワイモバイルなら確実にオススメできるのではないかと思います。

事務手数料も無料となっており、機種変更が非常にお得です。

ワイモバイルを利用してお得に機種変更を行うことが、相当お得であることは間違いありません。

iPhone6sとiPhoneSE

この2機種を比較してもどちらにするのかは画面サイズの違いくらいです。大画面で楽しみたいという人はiPhone6sを選択したらいいと思いますが、小型画面のほうが片手で操作出来るので、こちらのほうがいいという人はiPhoneSEだと思います。

iPhone5sからかなりスペックが上がっているので、5sからの乗換でも十分使えることは間違いないと思います。

各社オンラインショップを利用するなら以下を参照してくれたらいいと思います。

ドコモオンラインショップはこちらを確認いただければいいと思います。

au Online Shopはこちらを確認ください。

ソフトバンクオンラインショップはこちらを確認していただければいいと思います。

こちらが各社のオンラインショップです。是非検討して欲しいですね。

iPhoneSEの発売が開始

2016年3月31日追記

iPhoneSEの発売が開始されました。

iPhoneSE アイフォーンSE 本日発売開始 久しぶりの4インチ

これを待ち望んでいた人もかなり多いと思われます。iPhoneSEというと4インチのiPhoneになるわけですが、4インチというと相当小さいです。

Android機種でも4インチモデルというものはほとんどありません。

実際にあるのは4.5インチ以上がメインでしょう。そう考えると今回のこのモデルというのはかなり評価出来るのではないでしょうか。

大画面でなくてもいいという人には持ってこいの機種ですよね。

iPhone6sと迷っている人も多いと思いますが、違いはほとんど画面サイズだけです。

小型画面がいいという人なら間違いなくこちらの機種をオススメしたいですよね。是非検討してみてください。

iPhone6sはまだ使えるモデル

iPhone6sというのは、まだまだ使える機種です。iOS12へのアップデートも可能となっていますので、iPhone6sというのは、最新OSにすることも可能なのです。

発売されてからかなりの年月が経過しますが、iPhoneなら本当に長い期間利用することができるため、本当に重宝しますね。

iPhone6s、iPhoneSEは利用している人もまだまだ多い機種です。

実は2019年に入りiPhone6sを触っていたのですが、元々のOSはiOS9だったんですね・・・

アップデートをしようとしたのですが、iTunesのインストールからとなっており、ワイヤレスアップデートには対応しておりませんでした。非常に面倒だったわけですが、それでも最新のOSにすることが出来ますので、個人的には結構使える機種かなという印象です。

今更iPhone6sなどを購入しようと思う人はあまりいないかもしれませんが、それでもiPhone6sから次の新しいiPhoneに変更しようと思う人というのは、バッテリーの持ちなどを除けば、まだ少ないのではないかと思います。それくらいiPhoneは息の長い機種となっているため重宝されるのは当然のことだと思いますね。

タイトルとURLをコピーしました