スマホ通信費と本体代金を分けて請求 メリットは?前は月々サポート 毎月割 月月割などの割引があった

友だち追加
格安SIMを紹介しています。 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!4ヶ月目以降1000円台のプラン変更可能です こちら登録頂ければ幸いです。
友だち追加
こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

以前は月々サポート、毎月割、月月割などの割引がありましたが、ここ最近はそのような割引プランというものはなくなりました。

今はスマホ本体価格と通信費の分離プランというものが出てきました。

 


キャリアの格安SIMがまさにその例

ahamo povo LINEMO 楽天モバイル (アハモ ポヴォ ラインモ) 比較 違い 料金プランでお得なのは?
ドコモ、au、ソフトバンクの3社が非常に安価な料金プランを出してきました。今回ここまで安価な料金プランを出してきたということもあり、かなり期待している人も多いのではないかと思っています。 この3社が発表した料金プランを比較した場合どこがど...

こちら大手キャリアの出してきているプランとなっていますが、こちらのプランを利用することで、毎月の維持費を確実に抑えることが可能となっています。

ただし本体代金の支払いは発生しますので、毎月の維持費が確実に下がるのか?と言われると、本体代金と通信費をあわせてとなりますので、人によっては安くなる人とそうでない人の両方がいます。

ただ一般的には安価になると思われます。

月々サポートのようなものはなくなりましたが、毎月の維持費がかなり下がっているのです。

これは本当にメリットしかないかと思います。

基本的にスマホの維持費というのは、本体代金と通信費の2つです。それを分離しないとわかりにくいということで、月々サポートなどが撤廃されたわけですが、実際のところは、わかりにくいというのは、一部の人でわかっている人はわかっているのです。

ただ完全に分けるほうがメリットがあることは間違いありません。

✔通信費と本体代金は分離されている
✔通信費が飛躍的に安価になったことにより、トータルの維持費は安くなった

格安でスマホを維持できるようになるということは、本当にありがたいことではないかと思います。

今後は分離プランというものがメインになっていきます。分離プランではないと総務省が許してくれないという構図が出来ているわけです。

ある意味かわいそうですね・・・

消費者も慣れてきたのでは?

もう消費者も慣れてきたのではないかと思います。

昔は実質価格と呼ばれるものが、かなりありましたが、最近は実質価格と呼ばれるものがなくなりました。

本体代金は分割払いとなりましたが、毎月の料金が安価になったことを考えると、実質料金ではなく毎月の維持費がトータルで示しやすくなったのではないかと思います。

会社によって、分割される期間が12回から48回程度まであるかと思いますが、48回の場合、10万円を超える機種であったとしても、分割払いにすれば、2100円程度となります。

10万円を超えるスマホでも、48回払いにすれば、毎月の負担はそこまで高くないわけです。

それなら新しいスマホを購入してもいいのかな?と思う人も結構多いわけです。

最近はahamoやpovoのような安価なプランが色々出てきております。

そういうことを考えると、通信費と本体代金の48回をトータルで見たところで、5000円程度が毎月の支払いとなります。

✔毎月5000円程度の支払いならそこまでの負担ではない

昔に比べて通信費が下がり、トータル的な維持費を考えた時に、そこまで高額ではないと思っている人も多いのではないかと思いますね。

iPhone7 / Plus ドコモ au ソフトバンク 価格 値段 維持費 月々サポート 毎月割 月月割は?

ドコモウィズとしてiPhone7が復活しました。これに伴いiPhone7を購入する人が非常に増えました。2020年時点ではドコモウィズはなくなり、残念ながら安価に買うことはできません。

iPhone7は販売からまだ2年半ほどしか経過しておらず、最新のOSへのアップデートも可能となります。そういうことからiPhone7を利用したいという声はかなり上がっているものと思われます。

今ドコモで非常に売れているモデルというのはiPhone7もしくはiPhone8です。iPhoneXRなども売れているのですが、価格が若干高いこともあり、維持費という観点からそこまで上位に食い込んでいる機種ではありません。

購入するのであれば、iPhone7もしくはiPhone8あたりがおすすめです。

iPhone7が発売された当時の記事

さてさてiPhone7が発表されたわけですが、気になるのはその値段ですよね。毎月の価格がいくらになるのか?というところは非常に気になるところではないでしょうか。

当然ながらiPhone7の維持費に関しても気になるところです。ついに全機種の価格が出揃いました。

まずはiPhone7を購入するところから開始する必要がありますが、実はまだ価格は具体的には出ておりません。

ということで、明日から予約が開始されますので、それまでに具体的な価格は出てくると思われますが、それまで待つ必要があるわけです。

20160908185627

20160908185644

オンラインショップがお得

docomo

au

SB

各社オンラインショップでも予約等の受付を開始いたします。確実にオンラインショップなら発売日に自宅に送付されてきます。かなりお得に契約できることは間違いありません。

ぜひオンラインショップを利用してもらいたいと思いますね。

発売日に発送されるわけではなく、発売日に自宅に届けてくれるサービスを実施しております。発売日が9月16日ということなので、9月16日に自宅に届けてくれるのです。

最近のオンラインショップはかなり充実しており、そういうところもかなりオススメできると思います。また頭金の支払いも不要です。コンテンツへの加入も自由となり、自分の好きなプランに変更することが可能なのです。

そういう意味では本当にオススメできるので、ぜひ検討してほしいですね。

現行の実績から

各社実質価格1万円〜くらいになるのではないでしょうか。もう少し価格が安価になると予想されておりましたが、おそらく実質価格でも4万円以上はするでしょうね。

4万円以上の実質価格となると思われますが、価格も本日には発表されると思われます。

価格が確定しないと予約もしたくありませんからね。今回は発表から予約までの期間が短すぎました。相当短かったので、各社あまり準備出来ていなかったのではないでしょうか?ほぼ徹夜状態で準備していると思われますが、おそらく9月9日の午前中には毎月の割引額や本体価格などが出てくるのではないでしょうか。

SIMフリーの価格のみ出ておりますが、SIMフリーの価格に関しては、あくまで参考価格です。本体そのものの代金になるわけですが、各社は自社の割引なども考えると若干高めに設定してくると思われます。

今の実績でいうと9万円台くらいで販売してくるでしょうね。9万円から4万円〜5万円の割引などがつくことを考えると4万円前後での販売ということになります。

昔はiPhoneに関しては実質0円で販売しておりましたが、本当にその頃が懐かしいですよね。今は割引などを適用させて0円を絶対に下回らないようにしているようです。

基本的には機種変更などのユーザーに関しては、残念ながら実質0円で販売されることはありませんが、まだ各社具体的なキャンペーンというのがでてきていない状況です。今出ているキャンペーンも今後変更になる可能性も十分に考えられるのです。それでも予約はしておいて損はないでしょうね。

docomo ドコモ

au

SB

ドコモオンラインショップ機種変更メリットiPhone7の予約

au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 iPhone7 予約も

ソフトバンクオンラインショップ機種変更メリットiPhone7の予約

ドコモ動画で解説

au動画で解説

ソフトバンク動画で解説

こちら動画で解説しております。こちらを是非確認いただければと思いますね。

ドコモは在庫が4週間待ちという情報も

ドコモのiPhone7及びiPhone7Plusは4週間待ちという情報もあります。

相当待つ必要があるわけです。

ドコモ iPhone7 /Plus 在庫 不足で ジェットブラックの入荷は4週間待ち まだ? オンラインショップで気長に間違い

こちらの機種がそれにあたるわけですが、かなり人気が高いことが伺えます。

実は今回はiPhone7に関しては在庫はそれなりに準備されていたようですが、iPhone7Plusに在庫はそれほどなかったようです。

iPhone7Plusの人気がこれほど出るとは思わなかったということがApple側の本音なのかもしれません。

ある程度需要予測というものは行うわけですが、需要予測が甘かったといえばそんな感じなのでしょうね。

とにかくiPhone7Plusの人気がすごいことになっており、手に入れるまでもう少し時間がかかりそうですね。

iPhone7Plusを待っている人は少しでも予約をして待っておく必要が有るかと思います。とにかくここまでiPhone人気がすごいとは・・・という感じです。

ソフトバンクは公式よりお得かもしれません。

ソフトバンクにMNPをするなら公式よりもお得かもしれません。

おとくケータイ.netというサイトですが、こちらが結構お得に契約することが可能になっております。

こちらのサイトは公式のキャンペーンプラスアルファの契約をしてくれるのです。

そういう意味ではこちらのおとくケータイ.netを利用することで更にお得に契約することが可能なのです。

ぜひ検討してほしいですね。

iPhone7はどんな機種?

iPhone7はどんな機種なのでしょうか?

<iPhone7Plus動画>

<iPhone7動画>

こちらに動画を掲載しておきます。こちらを確認いただければと思います。

非常に高速に動作させることが可能で、個人的にもこの機種は本当にいいと思いますね。ぜひ検討してほしいですね。

iPhone8の発売も開始

iPhone8の発売も開始されました。

価格に関してはiPhone7よりも若干高めに設定されております。

iPhone8 iPhoneX 価格表 月々サポート 毎月割 月月割 ドコモ au ソフトバンク
月々サポートや毎月割、月月割と呼ばれるものは残念ながらなくなってしまいました。 これから先は残念ながら本体と通信費の分離となります。 ✔分離プランが主流に ✔本体代金と通信費は別々に支払う必要がある iPhoneXS...

こちらがiPhone8の価格表となっております。価格に関しては若干iPhone8のほうが高めです。

現在iPhone7は色々セール中ということもあり、そういう意味ではiPhone8ではなくiPhone7で十分と感じている人も多いのではないでしょうか。

確かにiPhone7でも十分なような気がします。現在わたし自身もiPhone7を利用しており、実は一切不満はありません。

不満はありませんが、iPhoneはやはり年に1度しか購入出来るチャンスはありませんので、購入しようかとは思いますね。

UQやワイモバイルからも発売

<ワイモバイル>

<UQmobile>

こちらからも発売されたことにより、かなり安価に維持することが可能となりました。

これに伴いキャリアから購入する人は非常に少なくなったのではないでしょうか。

今iPhone7を購入するのであれば、UQやワイモバイルからでしょうね。iPhone7はUQやワイモバイルでは継続的に販売されております。継続販売されているということは、今でも十分売れているということになります。

ドコモ iPhone7 /Plus 実質価格 値段 一括価格 実質負担 月々サポート 販売価格 新規 MNP 機種変更

ドコモがiPhone7及びiPhone7Plusを発表しました。

iPhone7は2020年になっても一部のキャリアからまだ発売されております。今回はiPhone7が発売された頃の実売価格を紹介したいと思います。
当時はまだスマホの価格がいわゆる実質価格表記になっていました。
今は実質価格というものがなくなり、買いやすくなったのか?と言われると正直なところ端末の価格は高くなったという印象ですよね。

iPhone7の予約は?

docomo ドコモ

au

SB

こちらにiPhone7の予約方法を記載しているページがあるので、予約を検討する人はこちらを確認してほしいと思います。

こちらに各社の予約ページへのリンク先が掲載しております。自分のいくキャリアによってぜひこちらを元に検索してほしいと思います。

当たり前ですが、iPhone7も予約をしないと購入することができませんでした。

スペックは?

機種iPhone7iPhone7Plus
大きさ138.3×67.1×7.1mm158.2×77.9×7.3mm
重さ138g188g
OSiOS10iOS10
CPUA10A10
RAM2GB3GB
ROM32、128、256GB32、128、256GB
画面サイズ4.7インチ5.5インチ
解像度1334×750ドット 326ppi 1400:1コントラスト比(標準)1920×1080ドット 401ppi 1300:1コントラスト比(標準)
カメラ1200万画素/500万画素 F値1.81200万画素/500万画素(背面デュアルカメラ) 光学2倍ズーム 広角F値1.8、望遠F値2.8
カラーローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラック、ジェットブラックローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラック、ジェットブラック
対応バンドFDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、17、18、19、20、21、25、26、27、28、29、30)
TD-LTE(バンド38、39、40、41)
TD-SCDMA 1,900(F)、2,000(A)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900、2,100MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
その他Touch ID指紋認証センサー,気圧計,3軸ジャイロ,加速度センサー,近接センサー,環境光センサー

カメラ機能

光学式手ぶれ補正
6枚構成のレンズ
クアッドLED True Toneフラッシュ
パノラマ(最大63メガピクセル)
サファイアクリスタル製レンズカバー
裏面照射型センサー
ハイブリッド赤外線フィルタ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)
手ぶれ補正機能を使ったLive Photos
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
強化されたローカルトーンマッピング
人体検出と顔検出
露出コントロール
ノイズリダクション
写真の自動HDR
自動手ぶれ補正
バーストモード
タイマーモード
写真へのジオタグ添付

ビデオ機能

4Kビデオ撮影(30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
2倍光学ズーム、6倍デジタルズーム(iPhone 7 Plusのみ)
クアッドLED True Toneフラッシュ
1080p(120fps)および720p(240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
連続オートフォーカスビデオ
人体検出と顔検出
ノイズリダクション
4Kビデオの撮影中に8メガピクセルの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオへのジオタグ添付

前面カメラ FaceTimeカメラ

1080p HDビデオ撮影
Retina Flash
ƒ/2.2の開口部
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
自動HDR
裏面照射型センサー
人体検出と顔検出
自動手ぶれ補正
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード

こちらがスペックとなります。ホームボタンも感圧式になり、いろいろ思う人も多いと思います。

個人的には感圧式でも全く問題ありません。なんせ普段Android使いなので、全く問題ないと思います。

ドコモ

32GB128GB256GB
iPhone782,296円 3,429円/月93,960円 3,915円/月105,624円 4,401円/月
iPhone7実質価格1,107円×24回 26,568円1,593円×24回 38,232円2,079円×24回 49,896円
iPhone7 月々サポート 新規 MNP 機種変更2,322円×24回 55,728円2,322円×24回 55,728円2,322円×24回 55,728円
iPhone7Plus96,552円 4,023円/月108,216円 4,509円/月119,880円 4,995円/月
iPhone7Plus 月々サポート 月々サポート 新規 MNP 機種変更2,349円×24回 56,376円2,349円×24回 56,376円2,349円×24回 56,376円
iPhone7Plus実質価格1,674円×24回 40,176円2,160円×24回 51,840円2,646円×24回 63,504円

こちらが実質価格などの情報になります。

昔に比べるとやはり若干高めですよね。

最低でも2万円台の実質価格での販売となります。

iPhone6ですが、動画を撮ってみました。ぜひこちらも見てiPhoneの動画の綺麗さをみてもらいたいと思います。

実質価格は2020年と比較しても安価な価格設定だったのではないでしょうか。

それでもドコモがお得な理由

それでもドコモはお得です。

今のドコモが一番いいのはなんといってもエリアの広さです。かなりエリアは広いです。

相当エリアが広いので、ぜひオススメしたいですよね。私も普段はドコモ使いですが、通信速度も問題ありません。

ぜひドコモオンラインショップで購入してもらいたいですね。

docomo ドコモ

iPhone7は中古でもいいかも?

 

こちらSIMフリーの新品となっています。

 

中古なら1万円台で購入することができますよね。かなりお得なのではないかと思います。
逆にいうとこれくらいが実質価格だったのですよね。そう考えるといかに実質価格が安価であったのかということがわかるのではないかと思います。
発売されたのは2016年当時ですが、当時の料金体系は正直なところ今よりもわかりにくかったのかもしれませんが、個人的にはいけてたと思うのですが、どうでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました
ドコモ公式