シングル回線 デュアル回線 意味は? 何が違うの?

シングル回線という言葉やデュアル回線という言葉が最近巷で聞くことないですか?

結局なんなんでしょうか?

非常に気になりますよね。

携帯電話で契約する時にシングル回線というのはデータのみの回線のことを指します。

デュアル回線というのは音声契約及びデータ契約を含む回線のことを指すのが一般的です。

デュアル回線ということは2つという意味があるので、音声通話も可能だし、データ通信も可能ということですね。

たまに契約する時なんかに使われたりしますね。

シングルというとデータ契約とおぼえておきましょう。

データ契約をすると基本的に通話は出来ません。

しかしながら便宜的に電話番号が振られるんですよね・・

あくまで便宜的な番号で、その番号で何かをしているわけではありません。

契約するときの照会などに使われる番号です。

よくやるのがシングルからデュアルへの変更というものをやる人がいます。

それって回線を維持していく上で、通信費の削減だったりということでやるんですね。

通信費確かにおしいですが、通信しない契約を買うのって・・・どうなのでしょうか?

そんな私も通信しない(Wi-Fi運用)の時などにそういうことをしますが・・・

定期的に新しい機械になるので、定期的には契約を見なおしたほうがよさそうです。

キャリアモデルでスマホを契約するとデュアル回線

キャリアモデルとしてスマホを契約すると基本的にはデュアル回線になります。

電話をすることができるスマホというのはデュアル回線契約になるわけです。デュアル回線のメリットというのはMNPをすることでしょう。

MNPをすることができるのがデュアル回線なのです。

MNPというのは番号そのまま他社へお乗り換えをするということです。

普通にキャリアのスマホを利用している場合というのはMNPをいうものを行うことが可能となっております。

シングル回線のメリット

シングル回線のメリットというのは、基本的にデータのみの通信を行うことが可能ということです。一般的にデュアル回線よりも安価に提供されているものが多いことが特徴です。

とはいうものの、ドコモなどではタブレット用のプランのほうがデュアル回線よりも高額だったりするケースもありますので、そのあたりは注意をしたいところですね。

最近はドコモも980円のプランを打ち出してきており、決してシングルのほうが安価というわけではありません。

ただしMVNOなどではシングル回線のほうが安価に契約できるケースが多くあり、スマホでは通信しかしないという人もかなり多いわけですね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。