iPhone アイフォーン 充電できない(されない) 対処方法 充電できるようになる方法

友だち追加

iPhoneを利用していて充電が出来ないなんて非常に困った人も多いと思います。

充電が出来ないという原因はいくつかの要因が考えられるわけですが、充電が出来ないと次の日に利用出来ないなんて悲惨なことになる人もかなり多いと思います。

そうなったら焦らずに以下の対処方法を試してみるのがいいと思いますね。

 

iPhoneの再起動を行う

20160812152028

こちらです。何度か見たことある人も結構多いと思います。

まずは電源を切って、電源を入れるということをしてみることが大事かと思います。

それが一番の対処方法です。パソコンでも調子が悪くなると再起動すると治る可能性が結構あります。

iPhoneも同様に情報機器なので、再起動で改善する可能性が非常に高いのです。

その場合疑われるのは、ソフトウェアの動作不良です。ソフトウェアの動作不良を改善することで、正常な状態にすることも可能になるのです。

ここ最近充電していなかった

最近充電を一切行っていない場合は放電している可能性があるのです。

放電をしている場合というのは、すぐには充電が開始されません。その場合は放置するというのも手ですね。

放置することにより、充電が開始される可能性があるのです。

✔放置していて電源を入れていない場合はすぐに充電されない

一旦放置しても改善しない場合は次のステップに進みましょう。

Lightningケーブルを確認する

それではLightningケーブルを確認してみましょう。

Lightningケーブルが断線していると残念ながら充電できません。

やはりケーブル類というのは、複数持っておきたいところですね。

とにかく安価にしておきたい人にはこれはおすすめです。この価格で送料無料です。

やはりこういうものは持っておきたいところです。

断線に強いというタフネスケーブルならこういうものを持っておいてもいいと思いますね。

とにかくLightningケーブルを持っておくということで、万が一の時に回避することが可能なのです。

突然断線というものはやってきます。一度確認はしておくほうがいいと思いますね。

✔ケーブルの断線も普通にありえること
✔ケーブルの断線がないか確認

断線は普段意識していなくても目に見えないところで断線が行われているケースもあります。そのため断線が行われるかどうかはなかなかわかりにくいです。
見た目では判断出来ないケースが非常に多いです。
基本的に予備のケーブルは持っておきたいところですね。

アダプターを疑ってみる

次に疑いたいのはアダプターです。これも替えがないと他のアダプターを使うということができません。

私はこのようなものを利用しておりますが、これは本当に使い勝手いいです。

私はこういうものをおすすめしたいと思います。

こんなものならかなり安価だと思いませんか?これくらいなら非常にいいと思います。

アダプターを疑ってみるというのも本当に一つの手かと思います。

アダプターはなかなか潰れませんが、LightningケーブルをUSBの接点が痛む可能性は十分考えられます。

そういう意味でもアダプターというのは消耗品なのです。永久に利用することはできません。

タップ利用を避ける

タップというのは、タコ足のことです。タコ足を避けることで、ひょっとすると改善するかもしれません。

こんなやつを利用している人ならコンセントの口を変えてみるのもいいかもしれませんね。

とりあえず余計なものをとることで、明らかにどこに影響があるのか掴んでいく必要があります。

元のコンセント自体へ別のコンセントに変える

自宅コンセントを別のコンセントの口にするというのもいいかもしれません。

自宅にコンセントは複数あると思います。

別の口からとってみてどうか?というところを検討してみるのもいいでしょう。

通常コンセントの不具合というものはあまり考えられませんが、やはりそれも原因の一つになる可能性があるということです。

結局のところ別コンセントに変えることで、改善する可能性があるのです。

✔コンセントの口が悪い
✔コンセントにちゃんとささっていない

これらも原因の一つかと思います。コンセントが不調ということは、通常あまり考えにくいのですが、可能性としてはゼロではありません。

それでも無理なら

上記のすべてのことを試しても無理ならAppleに相談してみるのがいいと思います。

一度キャリアのショップに持って行ってみるというのもいいかもしれません。

それでも本体に不良があった場合や接点不良があった場合は改善することが出来ません。

修理対応ということになると思われます。

あまりここまでやって改善しないということはありませんが、ひょっとすると改善する可能性もありますので、いろいろ試してもらいたいところですね。

iPhoneが充電出来ないという不具合はあまり遭遇したくない

2017年2月24日追記

iPhoneが充電出来ないというようなことにはあまり遭遇したくないですよね。

それでも充電を繰り返しうちに接点部分がいたんだりすることもありますので、充電が出来なくなることが結構あるようです。

特に2年以上経過している端末では若干接点部分がいたんでくる可能性が十分にありえるのです。毎日1回だけ充電器に挿している人に関してはそこまで問題になることはありませんが、1日に何回も充電器に挿している人は特に要注意です。常にバッテリーを持ち運んでおり、そのバッテリーからいつも充電を行っている人はやはりこのような現象が起きる可能性というのは十分に考えられるわけです。

後気になるのはApple純正を使っていないことにより接触不良を起こすということもよくあることかと思います。Appleの純正の周辺機器というのはやはりよくできています。その分価格は結構高いわけですが、純正を使っていることによる安心感というものは結構あると思いますね。

ちなみに純正を使っていなくてもAppleがOKを出している規格というものがあるのです。

MFiライセンスと呼ばれるものです。これはAppleがある程度太鼓判を押している周辺機器となっております。このようなMFi規格に対応しているものを利用することである程度の安心感が生まれるのです。

実はこのMFi規格に対応していない製品を利用していることでどういうことが起きるのでしょうか?実はOSをバージョンアップした時以降充電が出来ないなんてことも十分に考えられるのです。OSのアップデートと充電が関係あるの??なんて思うこともあると思いますが、MFi規格というのはバージョンアップされた時でもある程度担保してくれるのですが、それ以外の充電するためのケーブルでMFi規格でないものというものも世の中には結構存在するのです。その時には充電が出来ないなんてことは十分に考えられるわけです。

このようにMFi規格を持っている製品を購入することで突然充電が出来なくなったというようなことにも対処出来るようになるのかもしれません。結局Apple製品を使うということで、それなりに費用が発生するわけですが、安物買いの銭失いにならないようにしたいところですね。どうせ使うならいいものを長く使うほうが結果的にお得ということもよくあることですからね。

初回投稿日:2016年8月12日

タイトルとURLをコピーしました