3日で1GBの制限がなくなると 快適モード スピードモードでキャリアは更に儲かる

3日で1GBの制限をドコモは取っ払っています。

要するに3日で10GB使っても制限がかかりません。

ここで登場するのが、快適モードとスピードモードです。

ソフトバンクは快適モード、ドコモはスピードモードです。

これは仮に5GBの通信制限をかけているプランであったとしてもその制限を取っ払って、更に儲けようという魂胆です。

データ定額の罠

データ定額にしているから大丈夫と思っているあなた

契約を見なおしたほうが良さそうですよ!

この快適モード、スピードモードになっているととんでも無い請求がやってくる可能性があります。

特に機種変更などを行った時に契約変更させられませんでしたか?

すぐに制限モードに戻したほうが良さそうです。

これで何万も請求が来てももうなんとも言えません。

契約したのは自分自身なのですから・・・

ここで怒ったとしてもキャリアは1度くらいは対応してくれたとしても、怒る事自体が筋違いですから・・・

必ず契約時にこのモードに変更する場合重要事項を説明されているはずですからね・・・

auは大丈夫なの?

auは3日で1GBの制限を入れたままです。

ある意味良心的な会社ですね。

しかしながらガッツリお金を払ってでも使いたいという人には不便なのはauなのかも知れません。

この諸刃の剣ともいえる契約ですが、今一度契約は確認しなおしておくほうがいいと思いますね。

自己防衛しておきましょう。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

スピードモードで高額請求させられることも

2016年11月21日追記

このスピードモードで高額請求させられるということも起きていると思われます。

スピードモードに伴い、オプションを強制加入させられるということも起きているわけです。

このようにスピードモードを採用させられるということで、高額請求の被害も出ているようですね。

ある意味使うことを想定している人はこのスピードモードに関しては便利なのですが、普通の人はリミットモードを採用しておき、どうしてもというときに1000円払うほうが現実的だとも思います。

このようにこのスピードモードというのはまさに諸刃の剣です。

怖いと思えばかなり怖い契約の一つになることは間違いありません。

使いすぎたくない人にとっては勝手に請求があがるということで、本当に恐ろしいですよね。

せめて1GBあたりの金額が500円程度なら問題ないと思いますが、あまりにもとなってしまうと本当にどうなってしまうんでしょうね・・・

もう少しそのあたりは考えてもらいたいところではあると思いますが、どうでしょう?

初回投稿日:2016年11月21日