SIMフリーが全盛時代になったらドコモ ソフトバンク auはどう対応する?

2015年はSIMフリーをキャリアが無料で提供しないといけない年になりました。

これはキャリアにとってはかなり辛いものです。

実は一番つらいのはソフトバンクだと思います。

その理由はソフトバンク回線を使ったMVNOというものがありません。

何故ないのか?ということですが、同じMVNOを提供することにおいて実はドコモが一番低価格なのです。

ドコモの回線を仕入れることが一番安いということは、ドコモの回線を借り受けてMVNOの事業を始めることが一番いいのです。

よってドコモの回線を使ったMVNOが多いわけですね。

まずはドコモの対応ですが、実はドコモはMVNOの大半がドコモ回線ということで、回線契約に関しては、ドコモの契約として計上出来るので、びっくりするくらい損をするということはありません。

元々ドコモの回線を使っているわけですから当然ながら黒字です。

よって実はMVNOばかりになっても赤字になることはありませんが、ドコモショップなどの運営などはドコモのお客向けのサービスの為、それの運営維持にそれなりの費用が発生するでしょう。

auはドコモとソフトバンクと回線の種類が異なる為、auの機種がSIMフリーになったところで、ドコモのMVNOを使うことが出来ません。

実はこのあたりが意外と落とし穴ですが、知らない人は知らないので注意が必要です。

となるとソフトバンクが一番痛いことになります。

ソフトバンクの機種をすべてSIMフリーで販売して、それをドコモのMVNO回線として使われるということを一番恐れているのです。

そう考えるとこの総務省の動きはソフトバンクつぶしかもしれません・・・

あれだけ国とソフトバンクは太陽光の時もそうでしたが密接に関わっていたのにちょっとだけソフトバンクが可愛そうに思えてきました・・・

それでもソフトバンクは契約するとお得感があるように見せるのがうまい会社なので、未だに契約者数を伸ばしております。

個人的には高額キャッシュバックをもらって半年後に解約して、そのソフトバンクの機種をSIMフリーにしてMVNOで使うというのが一番お得なような気がします。

 

SIMフリーになりキャッシュバックが減る予定?

2016年 ドコモ au ソフトバンクのキャッシュバック MNP 乗換を予想する

2016年とちょっと先の話ですが、今後キャッシュバックは減ると予想しております。

SIMフリーになってキャリア側のメリットは減ったわけですから、確実にキャッシュバックを増額することはデメリットです。

SIMフリーになれば、非常にありがたいですが、キャリア契約はお得にならない可能性が高いですね。

オススメのSIMフリーは?

オクタコア搭載 AscendMate 7 楽天で非常に安価に発売中

やはりオクタコアでしょうね。

ちょっとだけ高額になりますが、この機種は結構オススメです。

一度は見てもいいのではないでしょうか。

SIMフリーを理解する人がいればいいが・・

SIMロックとSIMフリーの区別は端末をみただけでは判断出来ません。

そもそも世の中にはSIMを差し替えたら他の機種で使うことが可能ということがわからない人もかなり多いのです。

むしろなぜ端末内部に電話番号をもっていないのか?という質問もあるくらいです。

結局SIMフリーとかSIMロックというものは結局は知っている人だけが得をするということなのです。

知らないと本当に損をすると思いますね。確実に勉強したいところですが、興味なければSIMフリーもSIMロックもわかりません。

そもそもこの世の中の大半の人は携帯電話を所持しておりますが、本当に理解している人はほんの数%です。

それ以外の人はただ使っているだけなのです。その人達にSIMフリーがどうのこうのといってもややこしくてわかりません。

ちょっとわかっている人でMVNOという格安SIMが世の中に存在するということを知っているくらいですね。

世の中の流れがそういうふうに変わっていてもキャリアのスタッフに関してはそれを正しく顧客にわかりやすく伝えてくれる人がどれだけいるのでしょうか。

そういうところから少し疑問を感じますね。

2019年に入り通信費との分離プランがさらに加速?

2019年に入り通信費との分離プランがさらに加速するとキャリアが発売するスマホというのは本当に売れなくなると思います。

通信キャリアというのは、ユーザーにとっては昔ほどこだわりがなくなりました。

昔はドコモブランドというものもありましたが、今はそういうこともありません。

ドコモブランドということもありませんし、通信速度に偏りがキャリアごとにそれほどあるわけではありません。

基本的に通信費との分離プランを採用しても問題ないと思います。

それでも端末がたかすぎて売れないという現実があるわけです。

SIMフリースマホというのは、5万円までで購入することが可能ですが、キャリアが発売するスマホというのは、もっと高額なものが多いです。

最近ではそこまで高額な機種というものは少なくなってきましたが、キャリアが取り扱う機種というのは、それなりに高額機種が多いですが、今後はこのあたりもどうなるのか非常に楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました