携帯電話のMNP 乗換をするなら月末をねらえ キャッシュバック増額の可能性が高い


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

携帯電話を乗換して他社にいこうかと考えている人も最近かなり増えてきました。

乗換をする時に考えておいたほうがいいのは、乗換時期と乗換タイミングです。

基本的にいい時期といわれているのは月末です。

何故月末がいいのか?ということですが、仮に店の月の販売目標が100台だったとしましょう。

その時に月初はまだ今まで通りのキャッシュバックなどの施策でクリア出来る可能性があるので、そのままですが、月末近くなってくると販売目標に近づいてきている場合、どうしても契約が欲しいものです。

どうしても契約が欲しい店の場合は当然ながら施策を上げてくる可能性が高いのです。

結局のところ施策を上げてきたタイミングで乗換をするのです。

しかしながらすべての店がそういうタイミングで施策がよくなるとは限りません。

当然ながらお店に行った時に行き当たりばったりで、契約するのは賢いとは思えません。

何故ならその時の相場がわからないからです。

どの機種がどれくらいの相場で動いているのか?そのあたりを見極める必要がありますね。

見極めることがある程度自分で出来るようになれば乗換もそれほど難しいものではありません。

しかしながらなかなかその見極めが難しいです。

何故なら在庫のタイミングもあるからですね。

狙っている機種が月末にはもうないなんてことも普通に考えられるわけです。

そのあたりも見極める必要があります。

2018年はそこまで気にする必要はない

2018年にはいって月末を狙うということはそこまで気にする必要はないと思います。

それでも携帯専門店などでは一部の店舗で月末特価というものは実施している店舗もあるようです。

月末特価を行うということは販売台数が予算に届いていない為なわけですが、実際に2018年にはいってそこまで価格が値下がりした状態で販売しているケースというのは非常に少なくなりました。

スマホの価格がかなり高くなっており、今後もスマホの価格はまだ高止まりしてくるといわれております。

最近は一括0円などを利用して購入する人もそれほど多くはいません。

むしろ安価にスマホを維持するという感じにシフトしていっているわけです。キャッシュバックをもらえたほうがありがたいですが、いかに安価に維持ができるかということが非常に重要な要素になってきていると思います。

2018年にはいって、その勢いは顕著でMVNOいわゆる格安スマホを利用する人もかなり増えてきております。今後もその傾向は続くでしょうね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。