代理店は携帯が売れない 独自キャッシュバックを実施? 収益も悪化

携帯の代理店は総務省の施策により、端末が売れないという事態になっております。

そのためどこの代理店もかなり経営が厳しいようですね。

携帯が売れないのはなぜ?

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

総務省主導により、タスクフォースというものが開かれております。そちらのほうが携帯電話の安売りがすごくMNPと機種変更の人との価格差がすごいということで是正を設けた件です。

今まではMNPの人に対して高額キャッシュバックなどをかなり与えておりましたが、今年の上旬からキャッシュバックを減らしたり、端末の実質価格を値上げしたりとかなりキャリアや代理店は苦戦しております。

そして携帯があまり売れないという状態になっているのです。

そのため、代理店の収益悪化で独自にキャッシュバックをもうけるなどかなりがんばっているようです。

正直なところそれくらいしないと端末が売れないのです。端末が売れないということは、困るのは代理店だけではありません。メーカーもかなり困るわけです。

このままでは本当に各社経営はかなりよくないでしょうね。

潰れる代理店も確実に増えていくことは間違いありません。特に併売店の経営はかなり厳しいとおもいます。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

キャリアはホクホク

実は美味しいのはキャリアなのです。キャリアは端末価格の値上がりでまた儲けることが出来るのです。

端末がそれほど売れなかったところで、実際には毎月の定期収入がそれなりに入ってくるので、そのあたりは特に問題ありません。

キャリアは総務省の言いなりでもそれなりに儲けることが出来るのです。それでも今総務省は現行の料金引き下げに向けて少しずつ動き始めているのです。

よって新しいプランなどが投入される可能性が高いとおもいます。

ドコモを皮切りにそれなりの良心的なプランが出てくることを期待したいとおもいます。それでも実際にはMVNOに比べると結構高止まりしているのが現状です。

このままでは携帯電話業界全体が縮小していくとおもわれます。本当に総務省はこれでいいのでしょうか?各キャリアが出してくる料金プランというのは正直なところそれほど期待出来るものではありません。このままの状況が続くと本当にメーカーはかなり苦しいでしょうね。

もう少しメーカーに優しい料金プランにしてほしいとおもいます。やはり携帯電話は売れてナンボなのです。そのあたりも総務省は理解して欲しいですよね。

初回投稿日:2016年5月30日