経済を回す為には高くても スペックの高い携帯電話を購入すべし

ここ最近スマホの料金がかなり高くなり嘆いている人もかなり多いと思います。

実はそういう人達にいいたいのですが、結局みんなが出し渋りをすることで、経済が閉塞するなら少しくらい自分に贅沢するのはどうでしょうか?

かなり経済は自己中心的に回っている

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

やはりいまの現状から考えると経済というのは自己中心的に回っていると思います。

単純に自分の給与が増えないので、いかに今の所得を減らさずに生活するかいわゆる贅沢をやめて質素に生活するかということを考えて生きている人が非常に多いのではないでしょうか。

確かに質素に生きることはいいことだと思います。それに関しては否定するつもりはありません。

しかしながら贅沢するところは贅沢したほうがいいと思いませんか?

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

管理人の意見

安い格安SIM及び格安スマホが横行していることに関してここ最近思うことが非常に多いのですが、格安スマホに関してとくに感じますが、格安スマホということはハイスペックないわゆる高級スマホに比べて劣っているところがあるから格安スマホなわけです。

劣っているところの大部分というのは普段目にするところです。いわゆる動作速度であったり、カメラの解像度であったり画面の解像度であったりバッテリーの持ちであったりと普段毎日一番目に触れるものというとスマホだと思います。

そのスマホにストレスがあるということは日々ストレスを感じるということになるのです。

出来ることなら身近なものにはストレスがないほうがいいですよね。間違いなくストレスがあるよりないほうがいいと思います。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

流行りの格安スマホを使うくらいなら

今流行りの格安スマホは2万円ほどで購入することが可能です。

しかしながら2万円で2年間ストレスまみれの生活をするくらいなら10万円払ってストレスフリーのほうがよくないですか?

これも完全な考え方の違いですが、イニシャルコストを削って毎月の維持費もそれなりに抑えながらストレスを抱えて2年間過ごすよりも少しくらい高くてもストレスフリーのほうがいいと思います。

それと次に同じ処理をさせるのにも格安SIMが5秒かかったとします。それがハイスペックスマホなら3秒で同じことが出来たとします。

実はこのあたりがちりも積もればということなのです。

工場などで仕事している人ならよくわかると思いますが、いかに工場内での移動を減らすかいかに無駄な動きがないかということをチェックさせられると思います。

実はスマホの世界でも同じことが言えるのです。先ほど2秒短縮出来る話をしましたが、たった2秒と思うかもしれませんが、毎日同じ動作を100回やれば、200秒違うのです。200秒あれば、何に使いますか?

たった200秒と思うかもしれませんが、それが1ヶ月いわゆる30日になれば、6000秒異なってくるのです。

6000秒となれば、100分です。かなりのまとまった時間になってきますよね。

それが1年なら1200分です。

20時間分ロスしているのです。1回が2秒だから気がつかないだけで、1年経過すれば確実にかなりのロスとして捉えることが出来るかなのです。

初めに10万円払って20時間分のロスで差額が8万円ならまだもったいないと思う人もいるかもしれませんが、時給が5000円以上の人なら確実に格安スマホを選択すべきではありませんよね。

ちなみにこれは先程の条件なので実際にはもっと異なるかもしれません。

当然ながらカメラの画素数なども異なるかもしれませんので、効果としてみるともっと効果があるのかもしれません。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

1秒をどう生きるか

1秒を1秒しかないと思うのか1秒もあると思うのかで印象が異なります。

1秒ではあまり印象が残らないかもしれませんが、それが10分とか1時間という別の単位に変わればもっともっと異なる考え方が出来ると思います。

結局は時は金なりというまさにそのとおりだと思います。

携帯電話の価格が安いものをこのサイトで紹介しながらそれはないだろう!と思うかもしれませんが、結局自分の気に入った機種をずっと使い続けるということは自分にとって一番ストレスなく使えるということです。

やはりそういう使い方をする人のほうがいいと思いますね。

初回投稿日:2016年4月20日