【2021年】Y!mobile ワイモバイル メリットを紹介 通信費 安い 購入 維持費 オンラインショップは?

Y!mobileという会社知っている人もかなり多いと思います。Y!mobileというのは元々イーモバイルという会社でしたが、ソフトバンク傘下に入り、ソフトバンクがある程度人気のある機種を発売するのに対しY!mobileから発売される機種は廉価版とういう位置づけになりました。

Y!mobileというのはよく聞きますが、実際はどういいのでしょうか?Y!mobileに転入しても大丈夫なのでしょうか?非常に気になっている人も多いと思います。

ワイモバイルオンラインショップでもかなり安価に機種が発売されており、新規やMNPにはワンキュッパ割というものを開催しております。

 

スマホを事務手数料無料で買う方法

Y!mobileのいいところ

Y!mobileのいいところというのは通信費が他のキャリアに比べて安く設定されているところです。

価格的には以下のようになると思います。

ドコモ、au、ソフトバンク>Y!mobile>格安SIM

このような構図になります。いいところというのは、やはり店舗展開していることです。店舗展開していることで、気軽に入りやすいということは非常にメリットです。
またワイモバイルの場合格安SIMという位置付けながらもMVNOではないというところです。MVNOではないということはどういうことなのかというとソフトバンク回線をそのまま利用していることによるものです。MVNOというのは回線を借りて運用しておりますが、ソフトバンク回線そのままを利用していることが最もメリットのあることではないでしょうか。

ドコモ、au、ソフトバンクはかなりの店舗数を持っていると思いますが、Y!mobileは店舗は少ないです。

少ないですが、格安SIMでは店舗を持っていないところも非常に多いのです。そう考えれば、駅前にY!mobileの店舗があるというだけでメリットだったりしませんか?

ある程度大きな駅にしかショップはないかもしれませんが、Y!mobileがショップ運営をしているというところは結構評価出来ることだと思います。

お得なワイモバイルオンラインショップを使っていただければと思います。

ymobileL

こちらがワイモバイルのオンラインショップです。

2021年に新料金プランが出てきた

ワイモバイル 新料金プラン メリット 2021年 家族加入や複数契約がお得 | Ymobile ワイモバイル キャンペーン お得 サービス
ワイモバイルが新しい料金プランを出してきました。ワイモバイルの料金プランはかなり安価な料金設定になっており、かなりメリットがあると思います。 今回の料金プランに関してですが、ワイモ...

こちら新しい料金プランが出てきました。
新料金プランになり、かなり安価な価格設定になっているかと思います。

新料金プランは各社色々なプランが出てきたことにより、出てきたわけですが、ワイモバイルもかなりメリットがあります。

✔新プランを契約する人が増えた
✔新プランで更に維持費が安価に

またワイモバイルのスマホというのは、かなり安価です。そのため利用したいと思う人もかなり増えているのです。

最新の料金プランを見るとかなり安価に契約することができる

ahamo povo LINEMOと比較する人も多い

新しく出てきたプランと比較する人も非常に多いです。

ahamo povo LINEMO 楽天モバイル (アハモ ポヴォ ラインモ) 比較 違い 料金プランでお得なのは?
ドコモ、au、ソフトバンクの3社が非常に安価な料金プランを出してきました。今回ここまで安価な料金プランを出してきたということもあり、かなり期待している人も多いのではないかと思っています。 この3社が発表した料金プランを比較した場合どこがど...

こちら最新の料金プランですが、こちらと比較する人も非常に増えてきております。

最安値に関しては、ワイモバイルのほうが安価に維持することが可能なのです。

ただい20GBまで利用するのであれば、そういうわけではありません。20GBまで利用することを前提にこれらのプランは組まれているわけです。

そういうことを考えると、1GBあたりの単価を見るとahamoやpovoのほうが安価な価格設定となります。

ワイモバイル専門サイト

Ymobile ワイモバイル キャンペーン お得 サービス | ワイモバイルのキャンペーン情報やお得サービス 製品情報を紹介します。
ワイモバイルのキャンペーン情報やお得サービス 製品情報を紹介します。

こちらワイモバイル専門サイトとなっています。
基本的に専門サイトのほうが、情報が充実しています。
そのためワイモバイル専門サイトを通じてスマホを購入する人も増えているのではないかと思っています。
ワイモバイルは、毎月の維持費も安価でかつスマホの本体代金も安価です。
そのためかなりの人が利用しているのではないかと思います。

Xperia 10 Ⅲの購入もできる

ワイモバイルならXperia 10 Ⅲの購入も行うことが出来ます。

Xperia 10 Ⅲというのは、2021年に発売されるワイモバイルのスマホの中でも、間違いなく人気モデルになっています。

Xperia 10 Ⅲ エクスペリア10マーク3 5G スペック レビュー 人気 発売日 ドコモ au ワイモバイル
Xperia 10 Ⅲの発表会が開催されました。Xperia 10 Ⅲを待っていた人も多いのではないかと思います。 ワイモバイルからもXperia 10 Ⅲが発表されました。 ドコ...

こちらがXperia 10 Ⅲのスペックです。こちらもご確認ください。

iPhoneの取り扱いがある

iPhoneの取り扱いがあるということもかなりいいと思います。

iPhoneをまさか取り扱うとは・・・という感じでしたが、iPhoneは非常に人気のある機種でした。この機種の取り扱いがあるということは本当にいいことではないでしょうか。

2020年の4月時点ではiPhone6sとiPhone7の購入が可能となっています。
iPhoneは非常に人気のガジェットとなっており、ほしい人も多いと思います。

✔iPhoneを買えることはかなりのメリット
✔iPhone12の購入もワイモバイルでは可能
ワイモバイル iPhone12 iPhone12mini 在庫 購入するメリット 安く維持ができる
今ワイモバイルではかなりオススメのキャンペーンもやっているので、こちらのキャンペーンも確認してみてください。 ワイモバイルからiPhone12が販売されるということで、かなりの人が期待しているのではないかと思います。 ワ...

iPhone12も購入することができるということは、本当にいいと思いませんか?

デメリットは?

ソフトバンク化していることが唯一のデメリットでしょうか。

ソフトバンク化というとどういうこと?と思うかもしれませんが、ソフトバンクは縛りがかなり強い会社なのです。

かなり縛りを色々なところに入れてくるのです。

ソフトバンクをいけている会社と思っている人もいると思いますが、恐らくいけてないと感じている人のほうが多いと思います。

このサイトの中の過去の記事でもソフトバンクを早く解約したいという人の記事などを記載しております。

対応があまりよくないということや本当に縛りが多いといういわゆる手数料により収益をあげようとしていることなどユーザが本当にお得かどうか、そのあたりは吟味する必要があります。

特に複数台持つとお得になるという案件では一つだけ解約してもあまりメリットはなかったりします。

その辺りはよく検討するほうがいいと思いますね。

ライバルはMVNO?

やはりライバルというのはMVNOになるのでしょうか?

MVNO業者というのはここ最近かなりいます。しかもMVNO業者のライフラインというのはドコモの回線です。

ソフトバンク回線を基盤にがんばっているワイモバイルは実際どうなのでしょうか?価格的にはワイモバイルのほうが若干高めに設定されています。

今はキャリアよりもMVNOがかなり好調のようです。確かに好調になると思います。原因はかなり広告などをうっており、ワイモバイルよりも安いということがどんどん浸透していっているのでしょうか?

それでもMVNOというのは色々制限があるんじゃないのかな?ということで敬遠する人もかなり多いと思います。

敬遠したところで、結局はドコモ回線なのです。ドコモ回線を利用しているMVNOということはワイモバイルよりもエリアだけ見れば広いわけです。

ワイモバイルもエリアではかなりの改善を行っているわけですが、ソフトバンク傘下ということもあり、やはり山間部では若干弱いところもあります。

それでもOKというところもかなり多いと思いますが、実際のところMVNOにもシェアは結構奪われているのではないでしょうか。

そう考えるとワイモバイルも少しかわいそうな感じがしますね。

✔最近のMVNOはかなり価格を下げてきている
✔楽天もかなり安価

オンラインショップも充実

オンラインショップも実は結構充実しているのです。

ワイモバイルオンラインショップはこちらになりますが、ワイモバイルオンラインショップでは結構定期的にキャンペーンを打ち出しております。

そのキャンペーンというのも安価に維持出来るようなキャンペーンです。ワイモバイルオンラインショップはこの頃各社かなり力を入れておりますが、ワイモバイルも例外ではありません。

かなりの数のルータやスマホがこのワイモバイルオンラインショップを通じて売れているのです。

信じがたいと思うかもしれませんが、ワイモバイルオンラインショップはいつでもどこでも購入することが可能なので、本当に便利なのです。

検討する人もかなり多いと思います。是非これをごらんの人は一度確認してみてはどうでしょうか。

ソフトバンク傘下であるがワイモバイルは言われない?

ワイモバイルはソフトバンク傘下ですが、ワイモバイルはあまり色々言われていないようです。

ソフトバンク 総務省への端末補助金への適正化について返答

ソフトバンクが補助金のことについて色々いわれているようですが、ワイモバイルは言われておりません。

逆にいえば総務省からマークされていないのかもしれません。

ワイモバイルはそれなりに単価も安いからではないでしょうか?個人的にはワイモバイルはそこまでいいとは思いませんが、端末の価格は確かにそれなりに安いと思います。

端末の価格もそれなりに安く通信費も結構安いというのがワイモバイルのメリットなわけですが、このメリットはいつまで続くのでしょうか?

各社がMNPに対する割引を削減している中でわりと好調なのがワイモバイルなのです。ソフトバンクグループとしてはワイモバイルのがんばりというのは非常にメリットのあることです。

それでも価格がソフトバンクの価格よりも安価なので1台あたりの収益は若干少なめとなるでしょう。

またワイモバイルの端末はソフトバンクから発売されているものに比べて安価なものが多いので、ソフトバンクとうまく差別化が行われていることは間違いないと思います。

この差別化がまたいいのかもしれませんが・・・それとワイモバイルの通信はソフトバンクのエリアでも使うことが可能ということなので、エリアはそれなりの広範囲となっております。

それがワイモバイルの一番のメリットなのかもしれません。

ワイモバイルの通信速度やエリアは?

以前ワイモバイルで契約しておりましたので、その時の通信速度などに関してお伝えしたいと思います。

実は今はワイモバイルは解約してしまいましたが、通信速度などは結構満足のいくものでした。

Y!mobileの通信速度がドコモ au ソフトバンクに比べて速い

こちら以前のデータかもしれませんが、少なくともこの時は結構早かったです。

現状はどこまで早いのかは未定ですが、恐らくそれなりに高速だと思います。

当時は20Mbps程度は出ていたと思います。

しかしながらワイモバイルの一番安価なプランは1GBのプランです。

1GBのプランは安いですが、通信速度が早いので、1GBはすぐに使ってしまうと思います。

そういうことを考えると1GBの契約というのはあまりお得とはいえません。

それでもとにかく通信速度を抑えたいと思っている人ならいいと思います。通信速度はそこそこ高速なので、ドコモやauからのMNPならそこまで不満に感じることはありません。

地方に行く可能性のある人は若干通信エリアは狭まる可能性はありますね。山の方に行くとどうしても通信エリアが狭いと思うかもしれません。

ドコモ、auは通信エリア内ですが、通信エリア外になることが結構あります。

その時は他社のほうがよかった・・・と思うかもしれませんが、そういうところで通信を行うという事自体がレアだと思いますので、そこまできにすることはないと思います。価格をとにかく抑えようと思ったら一度ワイモバイルの検討もありでしょう。

今はショップで購入するよりもワイモバイルオンラインショップで購入するほうが楽に契約出来るので、メリットはかなり大きいと思います。

ワイモバイルオンラインショップを利用するということも一つの購入手段だと思います。

是非これはこれで検討して欲しいところです。

ワイモバイルが徐々にシェアを上げる

ワイモバイルが徐々にシェアを上げてきていることは知っていますでしょうか?ワイモバイルというのは、MVNOでもなくそれなりの価格帯を保ちながらソフトバンク回線を利用出来ることが非常にメリットな会社です。

またショップなどの出店も結構あり、そういう意味ではMVNOとはまた異なります。

現在ソフトバンクグループではワイモバイルにかなり力を入れており、機種がかぶらないような感じで結構ワイモバイルの回線をすすめてきております。

そしてここ最近多いのが、安価なSIMフリーとワイモバイルのSIMとのセット販売です。これを実施している店舗がかなり多いです。

3万円の機種を一括9800円でワイモバイルのSIMとセットという感じです。

やはりそうすることで、安く見えるのでしょうか?MVNOとワイモバイルのSIMを単純に比較することは出来ませんが、比較するとやはりワイモバイルのほうが高いですね。

実際に高いといったところで1GBの契約で2980円となっており、びっくりするほど安いというわけではありませんが、量販店などでセットで販売されているということが、魅力的なのではないでしょうか。確かに設定などの手間が省けるので、結構便利ですよね。

今後はSIMフリーの機種とワイモバイルのSIMということになっていくのでしょうか?

今まではSIMフリー機種+MVNOという構図でしたが、それが徐々にかわってきております。実際にはワイモバイルのSIMと契約することはあまりお得とは思えませんが、安心感を買うという意味では結構いいとおもいます。

毎月の維持費はそれでも今よりも安くなるのです。量販店ではそういう売り方をすると売りやすいとおもいます。

ワイモバイルに契約することで初期投資にあたる端末代金を抑えることが出来るということが一番のメリットかとおもいます。

2年間維持することによってトータル的には若干ワイモバイルのほうが高いくらいになるというところでしょうか?

それくらいならいいとおもいますが、トータルコストを見て考えたほうが良さそうですね。

✔毎月の維持費が安い
✔わかりやすい料金プラン
✔端末価格も安価

これらの理由により、ワイモバイルはどんどんシェアを伸ばしているのです。相当安価に維持ができるため、かなりの人がワイモバイルに契約しているのではないかと思います。

ワイモバイルオンラインショップでSurfaceが安く買える

ワイモバイルオンラインショップでSurfaceが非常に安価に購入できます。

今2480円/月で持つことも可能になっているのです。これはかなり安いと思いませんか?

ワイモバイルオンラインショップというのは定期的にキャンペーンを実施しており、結構安価に購入出来る機種なども結構あるのです。

18360円引きでSurfaceが購入出来るとなれば、欲しかった人にとってはかなり朗報ですよね。

4G通信が出来るSurfaceというのはかなりいいとおもいます。外出先でWindowsをルータなどを気にすることなく使えるのは非常に楽です。

やはりタブレットタイプとして使えるのであれば、Surfaceも使い勝手はそれなりかとおもいます。

一番いいのはWindowsということもあり、エクセルなどがかなり使えるということです。

エクセルやワードを使うならやはりWindowsで使いたいですよね。一応Macなどでも使うことは出来ますが、やはり互換性の問題なので、Windows版がよかったという人もいます。

そういうことを考えるとこれくらいの価格で購入出来るワイモバイル版のWindows搭載のSurfaceも十分ではないでしょうか。価格もそれほど高くないので、もしよかったらワイモバイルオンラインショップで購入するのもありでしょうね。

ソフトバンクの廉価版という位置づけ

これはわりとみんなが知ってきていることですが、ソフトバンクの傘下に入り、廉価版という位置づけです。それはブランド的に廉価版というだけで、電波はソフトバンクの電波を利用しているのです。

ソフトバンクの電波を利用しているということは、結局ワイモバイルを利用したところで、電波が同じなので、後はワイモバイルの発売されている端末がどうか?ということです。

ワイモバイルの端末というのは実はそれほど悪い端末ではありません。

すごいいいというわけでもありませんが、ちょうどいい中間のところをいっていると思います。

それでもNexusシリーズを発売してくれているということは非常にメリットが高いと思います。

今後もNexusシリーズを発売していく予定だと思います。Nexusシリーズの2016はhtcが発売するといわれておりますが、これも2機種のうちのどちらかをワイモバイルが発売すると思われます。

次期 Nexus 2016 htc Huawei スペック 発売日 価格 仕様 画面こちらがその記事となっておりますが、ひょっとするとHuaweiからも発売される可能性があります。

それでもおそらく今の最新の情報ではNexus2016はhtcから2機種の発売という感じかと思われます。

新型のNexusを待っている人もかなり多いと思いますので、本当に楽しみにしたい機種であることは間違いありません。

ワイモバイルのメリットというのは、こういうメーカーの機種が発売されるということでしょうね。Nexusシリーズというのはauからはまだ発売されておりません。

この前はNexus5xをワイモバイルからNexus6pをソフトバンクからの発売としておりました。

ソフトバンクもワイモバイルも各社それぞれの機種を発売できるということはソフトバンクとしてもスケールメリットはあると思います。

ドコモはNexus5xの取り扱いしか出来ませんでしたよね。それはおそらくLGだから可能になったものと思われます。

今後日本でNexusシリーズが発売されるとおそらくこのような構図で発売される可能性が非常に高いと思われます。

Nexusシリーズは日本でも人気のシリーズであることから今後も発売は続くと思われます。

ワイモバイルオンラインショップはこちら

ワイモバイルのオンラインショップで購入したい人はこちらをクリックして購入してみてください。

ymobileL

こちらがワイモバイルオンラインショップです。

今は一番売りたいのはなんといっても507SHではないでしょうか。

引用元:ワイモバイルオンラインショップ

なんといってもAndroidONEというAndroidのNexusシリーズにあたるものです。

18ヶ月のバージョンアップ保証をおこなっており、かなり後のモデルまでバージョンアップすることは間違いありません。

このことは海外サイトでも言われており、非常に期待の高い機種ですね。ぜひ検討してほしいと思います。

ついに300回制限解除

2016年10月25日追記

ついに300回の通話制限を解除しました。これは非常にありがたい話ですよね。今までは通話制限があったので、通話制限の中でしか無料通話がありませんでした。

実際には無料通話といったところで、10分以内の300回通話が無料だったのです。これがついに2017年2月1日から300回制限というのが取っ払われます。

これは仕事などで利用している人にとってはかなりありがたい話ではないでしょうか。

仕事で利用している人にとっては、300回以上かけることもあったでしょう。

プライベートで300回かける人はあまりいないかもしれませんが、営業の人なら300回くらいはかけるのではないでしょうか?

おそらく平均通話時間というものを出してワイモバイルは法人に営業にいくのではないでしょうか?

平均通話回数に関しても間違いなく50回以内だと思います。たいていの人がそこまで通話をするとは思えません。その時にその300回の制限がないということも謳い文句にして営業にいくのだと思いますね。

ソフトバンクに関しては、基本的にカケホーダイプランがあります。それは2700円です。

ライトプランも存在しますが、ライトプランで契約している人もかなり少ないのではないでしょうか。そう考えると基本的にはカケホーダイを選択している人が多いはずです。

それなら正反対にいる格安のワイモバイルならこの300回を外してもいいのでは?ということになったのではないでしょうか。

Y!mobile、スマホプランの通話無料サービスを拡充 300回制限が突破 通話メインの人にはありがたい

詳しくはこちらを確認してください。これが今のワイモバイルのメリットかと思いますね。ぜひ検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました