当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

【SIMフリースマホの老舗】
ETORENでSIMフリースマホを買う
【中古でスマホを安く買う】
中古スマホ老舗で安く買う

2年間 契約を縛られるより キャッシュバックをもらって違約金を払って解約するほうが得か?

【楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら】

タイトルのように悩むことは非常に多いです。

実はこれは以前私が陥ったことです。

2年間維持するほうが得なのか、2年以内に解約してMNP 乗換するほうが得か?

これは非常に悩ましいところです。

 

au ソフトバンクは割引上限の施策を実施

au 2021年3月 最大22,000円割引のキャンペーンを開催中 クリアランスセールでお得に買える
auは公式online shopの、au Online Shopでクリアランスセールを開催中です。 これは本当に購入しないと勿体ないです。 au Online Shopで本体の割引を行うキャンペーンとなっていますので、今購入...
こちらの記事を見てもらいたいのですが、auは割引上限の施策をすでに実施しています。 かなりお得なキャンペーンとなっています。
✔au契約の人は乗り換えるべき ✔新規もお得に買える
au Online Shopから購入することが可能となります。 昨今複数のスマホを持つという人も減ってきたと思いますが、複数のスマホを持って、電話番号も変更するという人もいます。 過去の友人との断捨離というやつです。 その場合は新規購入をおすすめしたいですね。
ソフトバンク オンライン限定 web割 機種代金がいきなり値引きで最大21600円もお得に買える
ソフトバンクはオンライン限定のweb割というものを実施しています。 こちらがソフトバンクオンラインショップのホームページとなっていますが、ソフトバンクオンラインショップ限定の施策となっています。 MNPでの最大の割引は2...
こちらはソフトバンクの施策です。こちらもかなりお得です。
ソフトバンクへのMNPがお得 ✔ソフトバンクは機種変更でも割引施策実施 ✔ソフトバンクはオンライン契約で事務手数料無料
このようにかなりのメリットがあります。
2021年 夏モデル 秋モデル 冬モデル ドコモ au ソフトバンク 楽天モバイル 5Gがメイン機種に
2021年夏モデルではどのような機種が販売されるのでしょうか? 2021年に入り5Gが更に盛り上がっているような気がします。基本的に2021年に発売されるモデルでは、おそらく5Gへの対応はたいていのモデルで行われると思われます。 ...
こちらは2021年 夏、秋モデルの予想記事です。今後どんな新しい機種が出てくるのでしょうか?楽しみですね。こちらも一度見てもらいたいと思います。
ソフトバンク MNP 一括1円 キャッシュバックはないが かなりお得なスマホを販売中
Redmi Note 9Tというスマホが、ソフトバンクオンラインショップでMNP一括1円で販売されていることを知っていますでしょうか? かなりお得に購入することができるのです。 こちらがソフトバンクオンラインショップとな...
こちら安価に購入できるチャンスです。

なぜ悩ましい?

一番いいのは半年でMNPを繰り返してMNPのキャッシュバックをもらうことです。

解約違約金を払っても間違いなくそのほうがお得です。

1年を過ぎると実は微妙になってきます。

1年を過ぎてくるとそのまま後1年間使ってもいいような気がします。

損益は1年以内にやってきます。

1年以内に解約(MNP)するのが一番お得です。

ただし本体実質契約で購入している場合は2年間持つほうがお得です。

これは本体一括0円で購入出来た場合に限ります。

本体を分割で購入した場合には残念ながら、2年持つほうがお得でしょう。

そもそもMNPするのは一括0円かつキャッシュバックで購入出来た時に初めてお得だということです。

MNPする場合はよほどの場合がないかぎり、分割で購入することはオススメ出来ません。

何故オススメ出来ないかということ、分割が残っている場合に半年で解約すると端末代金の残りを払う必要があるからです。

せっかくMNPするのに本体を分割するのは残念です。

絶対に一括0円の端末を購入しましょう。

というよりも本体は一括で全部払いましょうということです。

仮に9800円などという価格でも構いません。

MNPするなら一括で購入するのが一番です。

そして半年に1度MNPを繰り返すのが一番いいと思いますね。

ドコモ ブラックリスト 条件は? 短期解約を繰り返すと?

あまりにも短期間でMNPを繰り返すと面倒なことになります。

上記URLを確認してください。

是非そういうことを確認しながら契約はしてくださいね。

https://keitaijoho.com/archives/25007

機種変更ならこのようなキャンペーンも実施しているので、一度見てください。

ソフトバンクへのMNPならお得ケータイがある

ソフトバンクへの乗り換えはおとくケータイ.netというものがあります。

こちらの案件というのは、非常にお得になっております。MNPなどを行う人はかなりの人がこのおとくケータイ.netを利用しているのです。

iPhone8やiPhoneXもかなり安価に購入することが可能になっており、相当お得ですね。

個人的にもこのおとくケータイ.netを利用することがありますが、今の時期いわゆる3月にMNPをすることはかなりお得なので、ぜひ検討してもらいたいと思いますね。

iPhoneもおとくケータイ.netを使えば一括0円で購入することが可能かもしれません。

一度連絡してみることをオススメしますね。

ドコモではMNP時の短期解約が実質的に封じられました

ドコモでMNPすると端末購入サポートというものが付くようになりました。

よって実質的に短期解約出来なくなりました。

ということは基本的には8ヶ月目まで料金を払う必要になるわけですね。

ドコモ 端末購入サポート 6ヶ月以内の解除料負担 実質8ヶ月契約する必要あり

こちらがその端末購入サポートです。

この端末購入サポートがなくなったらすぐにMNPするのが一番お得ではないでしょうか。

なかなかタイミングも難しいですが、契約をメモ書きしておいておきたいものですね。

本当にタイミングだけの問題です。

MNPを繰り返すのはタイミングですが、更新月まで待つのはもったいないと思いますね。

時代は変わって

各社MNPで安価に買える場合は解約違約金などという制度を別途発動させております。

404 NOT FOUND | 携帯情報.コム
ドコモ au ソフトバンク 最新スマホの情報を掲載 iPhone13 Galaxy S21 Xperia 1 Ⅲ

こんな感じですよね。

このように高額キャッシュバックだった背景にはこのような高額違約金を払わせる制度があったわけです。

ドコモ 端末購入サポート 解除料負担 実質14ヶ月契約必要 メリット 対象機種
ドコモから端末購入サポートという施策が出ています。 端末購入サポートというのはどのような施策なのでしょうか。 どのような施策なのか知りたい人も多いと思います。端末購入サポートに関しての情報をお伝えしたいと思います。 端末購...

ドコモはこのような感じですよね。

このように契約を変更したり色々変更すると残念ながら高額な違約金が発生する仕組みに変更されているわけです。

非常に残念ですが、携帯会社も儲ける為にはある程度毎月の維持費からの回収が必要になるわけです。

しかも2016年2月からはキャッシュバックもかなり減りました。そういう状況から考えると今後は売れない時代になってくるのでしょうね。

各社から様々なプランが登場

現在各社から2年で縛らないプランなどが色々登場しておりますが、結局のところ解約しない場合というのは2年縛りのほうがお得な契約になっております。

解約するかしないという人は2年縛りのプラン以外のものを選定するのもいいわけですが、個人的にはオススメできません。

基本的に携帯電話契約を解約するときというのは他社に移る時か海外転勤をするときかくらいではないでしょうか。

今後MNPが美味しいと思う人は少ないと思われますので、MNPを繰り返す人はかなり少なくなってきているのです。

またMNPするときにキャッシュバックをもらう条件に2年縛りという条件は必ずはいるはずです。

そういうことを考えると間違いなく2年縛りの契約になると思います。

プランとして一応準備してみたというレベルで実際には各社から様々なプランが出てきたところで、実際にはそれほど各社が新しいプランを売る気配はありません。

基本的に総務省に言われたからとりあえず新プランを作ってみたというレベルであることは間違いありません。

このように新プランが出てきたからといってもそのプランはキャリアとしてはあまりうまみのないプランになるわけで、結局売りたいプランだけ売るという方式になっていると思います。

それでは携帯業界というのはイマイチなわけですが、ある意味仕方ないことかもしれませんね。

キャリアも慈善事業ではありません。儲けるためいわゆるステークホルダーを守るためには結構な努力をしていることは間違いありません。

今は悩ましい問題

2017年にはいっても端末はある程度高止まりをしております。

2016年の後半からこのあたりの施策というのは徐々に緩和されてくるのかなぁ〜なんて思いましたが、定期的に有識者会議を開いており、端末の価格は高止まりしたままです。

実は現状で毎月の維持費が1万円を超えているのです。それは端末代金が高くなり、しかしながら維持費が変わっていないからということはいうまでも有りません。

端末代金が値上がりして維持費が変わらないということは消費者としては全く嬉しい話では有りません。しかも端末が売れないということで、困るのは代理店なのです。代理店は端末が売れないので、経営状態はかなり厳しいという現状もあるようです。

カメラのキタムラがこれに伴い店舗を閉鎖するということも起きております。このようにかなり経営状態が厳しいという会社もあることは事実なわけです。

このような状況が正常とはいえません。それは今まで毎月の維持費が下がった状態でも各キャリアは儲けを出すことが可能でした。

今は儲けすぎたので、還元という動きになっておりますが、実際にそこまで還元されているような感じはありません。

そういうことを考えると今後は基本料金に手を入れてくることはほぼ間違いないと思います。

これから先は端末価格は変わらず維持費のみが下がるということも可能性としては十分考えられるわけです。そうなれば消費者としては嬉しいですよね。

あまりお得とはいえない現状

今はあまりお得とはいえない状況ですが、正直なところ機種変更を行うほうがお得なのかもしれません。

機種変更をするほうが楽ということもかなりあると思います。

MNPなどは基本的には面倒なことが多いと思うのです。

MNPは基本的には違約金が発生しますからね。その違約金もなく普通に機種変更を行うほうがいいと思うのです。

ここ最近はオンラインショップも充実しております。

オンラインショップの充実というのもなかなかのものかと思いますね。

docomo ドコモ

au

SB

ymobileL

こちらが各社のオンラインショップになります。一度こちらも確認してみるのはどうでしょうか。

オンラインショップは自宅にいながらの購入も可能なので、非常にいいと思います。

オンラインショップを利用する人が非常に増えてきました。

最近なら頭金が無料ということで契約をする人もかなり増えていることは事実です。

ドコモ、au、ソフトバンクともにオンラインショップでは頭金がありません。本体代金とは別に頭金を設定している店舗もあり、オンラインショップではそういうことがない為、お得に契約できると思います。

分離プランがメイン

分離プランが今は主流になってきています。
分離プランというのは、本体代金と通信費が別れたプランとなります。

✔分離プランが主流
✔分離プランは総務省が推進

なぜこのようになったのか?というと通信費と本体代金が一緒になっていると、消費者がわかりにくいということが挙げられます。
確かに消費者からすると一緒に払っているように見えて本体代金と通信費が一緒になっているということは、わかりにくいプランです。

ただ長期的に契約し続ける人であれば、わかりにくくてもあまり問題なかったのかもしれませんが、結構これでクレームがあったのではないかと思います。

ahamo アハモ ドコモの料金プラン メリット デメリット テザリングは? プラン変更はお得なのか?
ahamoというドコモの料金プランが出てきたことはニュースにもなっており、知っている人も多いのではないかと思いますが、自分がahamoにするほうが得なのか損なのか?ということは知っておいたほうがいいのではないかと思います。 アンケ...

こちら2021年に出てくる料金プランのahamoですが、完全に分離されているプランですからね。
これから先は分離がメインになることは間違いないかと思います。

ドコモの新料金プランの発表を受けて

ドコモ 新料金プラン ギガホ ギガライト 最低維持費 値引き 通信費がかなりお得に
ドコモは2019年に入り分離プランを登場させるという報道がありましたが、これに伴い新しい料金プランを発表しました。 新しい料金プランは「ギガホ」「ギガライト」の2つです。 この2つの新しいプランはどのような特徴があるのでしょうか...

こちらドコモから新しい料金プランの発表が行われました。この発表を受けて2年以上縛られるほうがお得だと感じた人は結構多いのではないかと思います。

30GBというかなりの大容量を使うことが可能となっており、非常にメリットがある契約だと思います。

個人的に見てもこれくらいの大容量なら非常にメリットがあるかと思います。

ドコモの新料金プランというのは、2019年6月から開始されますが、間違いなく契約者数が増えてくるかと思います。

端末の支払いが終わって2年以上経過した時に初めてお得感のあるプランとなっております。ドコモは世間から分離プランができていないと言われており、4割の通信費の削減はできると言われておりましたが、結果的にこのプランを作ってちょっとやってくれたという感じでしょうか。

新しいプランが登場することにより、またこのプランを望む人もいるかと思いますので、2019年夏モデルではこのプランが出てくるため、やはりプランとセットでスマホを購入する人も出てくることは間違いないと思いますね。

各社から違約金なしのプランが登場で今後キャッシュバックが変わる

各社から違約金なしのプランが登場してきました。そのため今後キャッシュバックの方式というのは、確実に変わっていくものと思われます。

違約金なしでキャリアを変更することができるということは、ユーザーにとってメリットはあるものの、キャリアとしては縛ることが難しくなるためMNPに関しては、ある意味縛ることができないわけです。

そうなれば、転入をしてもらいたいと思っても、すぐにMNPで転出されてしまう可能性もあるため、キャリアとしてはどう対応していいのかわかりません。

違約金がないということは、MNPが簡単にできるわけですが、簡単にできるというだけで、それに対してのキャッシュバックなどを払っていたら、キャリアとしても美味しくないわけです。当然ながらキャッシュバックは10月以降激減するでしょう。

キャッシュバックが減ることにより、MNPをするメリットというのもなくなるわけです。

結果的にMNPをする人が少なくなり、MNPをするメリットもなくなります。その理由というのは、同じキャリアに契約し続けるほうがポイントサービスなどの還元を受けることができるからです。ポイントサービスは現在利用しているキャリアをそのまま引き継いで利用するしか方法はありません。

それならわざわざMNPしますかね?多分MNPをするメリットがないと思います。違約金がないことで、キャリアとしては辛い選択肢になったわけですが、実際はキャッシュバックもなくなり、ユーザーとしてはMNPするメリットもなくなるわけですね。

タイトルとURLをコピーしました