au 3年以降に解約違約金を発生しない 新プランが登場 300円の維持費が値上がり

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

auは2016年6月から違約金を発生させないプランというものを新しく新設します。

元々auはこの施策に関しては明言しておりましたが、時期までは明言していませんでした。

新料金プラン

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

既存の料金に300円が追加されるプランになります。そのプランに加入することで、解約違約金の発生がありません。

しかしながらこのプランに加入することで、毎月300円多く払う必要があるので、実際のところ本当にお得になるのかどうかは非常に微妙なところなのです。

1年間で3600円多く払う必要があります。2年で7200円ということは、その費用を抑えて、2年の更新月を覚えておくほうが賢くないですか?

本当に手数料商売が各社上手ですよね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

携帯のプラン以外で2年縛りの契約ってある?

普通に考えてみてください。携帯の契約以外で2年間の縛りのある契約ってありますか?

仮に2年間縛られたとしても更新月以外での解約すると違約金が発生するという商売って他にはないと思いますが、どうでしょうか?

そう考えると携帯電話の商売ってのはかなり悪徳商売のような感じだと思いますが、いかがですか?

この違約金に縛られる人も結構いると思いますが、なぜ違約金という考え方がそもそもあるのでしょうか?

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

違約金という考え方

当然ですが、すぐに解約されてしまっては携帯会社は契約時にコストをかけているので、当然ですが儲けることは出来ません。

それこそ10年以上持っている顧客がいるからそのような商売が成り立つわけですが、実際のところすぐに解約されると損をします。

しかしながら2年も維持すると初期にかけたコストはトントンもしくは得な人のほうが多くなるのです。

本来なら2年間契約することでその時点で元はとれているのです。

しかしながらそこでまた解約違約金を発生させる仕組みをもうけることで、さらに長期間もってもらいたいという携帯会社の思惑だけが先行しているのです。

実際のところそこにはユーザーの意思はありません。普通の人なら2年以降もてば違約金はなくなると考えるのが普通です。

恐らくショップ店員もこの精度により罵声を浴びせられたことが何度もあるでしょう。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

日本のインフラ

携帯電話はすでに日本のインフラになっているのです。それを携帯キャリアは忘れているのではないでしょうか?

インフラならある程度安くもってもらい世間一般に普及させるのが常だと思いますが、正直なところまだまだ高額な違約金を取るなど整備中といったところでしょうか。

後制度が変わりすぎて本当にお得に契約出来るという人がどれくらいいるのでしょうか・・・

そういうことをもう少し感がて欲しいですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ソフトバンクも同様のプラン

ソフトバンクも同様のプランをすでに出しております。ソフトバンクも同様に2016年6月からの施策となっております。

ソフトバンク 2年縛りのプランを廃止 新料金プランで対抗

こちらがソフトバンクを紹介しているページとなりますが、こちらもauと同様の施策になっております。

やはり毎月300円多く取るという選択肢になっておりますが、結局のところ毎月の維持費を300円あげるのであれば、2年縛りのままでいいと思う人のほうが多いのではないでしょうか。

それでも選択肢が増えたということで、キャリアとしてはそういうプランも作りましたが、選択される人がいないという言い訳が成り立つわけですね・・・

なんかかなり悲しくなりますよね。

初回投稿日:2016年3月18日