スマホを売っても儲からない 維持費が高額すぎて

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

これはここ最近色々言われていることですが、昔は携帯電話の契約を寝かせることが可能でした。

今は各社寝かせることが出来なくなり、毎月の維持費もかなり高額になってきました。

あえて寝かせるなら?

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

あえて寝かせるなら1GBのプランが、au、ソフトバンクから出ております。寝かせるといっても5000円ほどの維持費が発生しますので、それなりに維持費は発生しますが、それしかなくなりました。

ちなみに1GBのみの通信しか出来ないということであれば、本当に何も出来ません。

メールを受けたり、ちょっとだけホームページなどを見たりといった程度のことしか出来ないのです。

現実問題それで損している人もかなり多いことは事実です。

それでも寝かせる方法がそんなものしかなくなってしまったのです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

スマホ 一括0円購入での罠

結局スマホを一括0円で購入しようと思っていてもそれには罠があるということです。その罠というのは一括0円で安く持てると思ったところで、結局のところ実質0円となんらかわらないということなのです。

それでも一括0円で購入するということは端末の割賦はないわけですので、無駄なローンを払う必要はありません。

無駄なローンというよりもローン審査に落とされることはないということです。現在ドコモオンラインショップでは一括0円施策をやっており、今まで2年以上携帯を契約し続けている人は、この一括0円の機種にのりかえたところで、維持費は今までと変わりません。

維持費が変わらないかつ新しい機種を使えるということで、結果的にお得に携帯電話を購入することが可能なのです。

ということは、現在のキャリアはすでに一括0円で販売しているということは、それで販売したところで、通信費でかなり儲かるという構図が成り立つわけですね。

通信費で儲かる仕組みが出来ているにも関わらず、通信費を下げることはしないという非常に残念な構図が出来上がっているのです。

ある意味仕方ないことかもしれませんが、少し残念な感じもしますよね・・・

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

携帯の売却でも維持費に追いつかない

今安価に購入出来る機種を買ったところで、売却した時の本体価格というのは、恐らく3万円〜5万円程度でしょう。毎月それこそ数千円の維持費を払って契約するわけですから儲からないことは明白です。

売却してももうからないなら出来るだけ端末本体を減らして、(契約を減らして)最低で維持させるのが一番賢い選択肢なのかもしれません。

それでは色々な端末を試すことも出来ないので、本来なら面白くないかもしれませんが、それしか方法はなくなってきましたね。

昔の携帯がやすかった時代が懐かしいです。

初回投稿日:2016年3月18日