iPhoneSE アイフォーンSE スペック紹介

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

iPhoneSEのスペックがまとめられているので、紹介したいと思います。

iPhoneSEというのはそろそろ発表される4インチのiPhoneです。スペック的には非常によくできているなぁ〜と感心しますよね。

スペックは?

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

・プロセッサー:Apple A9
・コプロセッサー:Apple M9(Hey, Siriの常時起動が可能)
・ディスプレー:4.0インチ液晶
・ストレージ:16/64GB
・メモリー:2GB
・背面(iSight)カメラ:1200万画素
・前面(FaceTime)カメラ:120 or 500万画素
・NFC:搭載(Apple Pay対応)
・指紋認証:対応(Touch ID搭載)
・音声通話:VoLTE対応
・無線通信:IEEE802.11ac、Bluetooth 4.2対応
・カラバリ:シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ローズゴールド
・カメラ機能:Live Photos対応
・感圧センサー:3D Touch 非対応

こちらがスペックになります。

結構いいスペックであることは間違いありません。

色々噂がありましたが、これくらいで落ち着くのではないでしょうか。

3D Touchの採用がないiPhone6sと思ってもいいのかもしれませんね。

相当スペックは高いものと思われます。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

日本でもかなり売れると予想

価格も500ドル前後と思われますので、日本でも安売りをしてくる可能性がありますよね。

ひょっとすると発売直後に一括0円なんてのも出てくるかもしれません。

ただし購入サポートのような1年縛りのプランで一括0円になるでしょう。

逆にそうしないとiPhone6sとの価格バランスが崩れてきますからね・・・

iPhone6sのほうが本体価格は当然ですが、割高になっているのです。

当然割高になっているということは、iPhoneSEとそれなりに価格差がないとおかしいわけです。

そう考えると一括0円という価格設定でもおかしくないと思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhoneは売れていない

総務省の施策により実質0円がなくなりiPhoneは本当に売れていないようです。

iPhoneが売れないということは、当然ですがそれなりのペナリティを食らうことになります。

一応Appleに対しても総務省はそういう是正勧告は行ったようですが、それでもキャリアとしてはそれなりにiPhoneを売る必要があるのです。

iPhoneを売る必要があるということは当然ながら価格設定を間違わなければiPhoneは売れるのです。

ということで安売りされるのでは?と予想しているのです。

この3月で行わなければ、次は6月に行われるでしょうね。

iPhoneの安売りというのは3ヶ月毎に行われます。そのため3月に行われていないので、6月になるでしょう。

そして9月というわけですが、9月は次のiPhoneの発売も控えております。そう考えると少し微妙なのかなぁと思いますね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

そろそろ発表

そろそろiPhoneSEが発表されます。

4インチのiPhoneを待っていた人はかなり嬉しいことなのではないでしょうか。

待望の4インチですよね。4.7インチのiPhoneにして画面が大きくて見やすくなったけど、操作性が悪くなったという声はかなりありました。

そう考えるとやはり大画面のiPhoneよりも小型画面を好む人もかなり多いのです。楽しみですよね。

初回投稿日:2016年3月15日

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加