イオンモバイル 格安SIM新プラン発表で スマホの維持費を下げる お得に

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

イオンモバイルというブランドを知っていますか?イオンがやっている格安SIMのブランドです。

イオンモバイルというのは今までは他社から発売しているSIMを借りながらサービスを展開しておりましたが、ここ最近新料金プランというものを発表しました。

新料金プラン

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

こちらが新料金プランのプラン表になります。かなり色々なプランが出てきていることはわかると思います。

通信容量 データプラン 音声プラン シェア音声プラン
0.5GB 1180円
1GB 480円 1280円
2GB 780円 1380円
4GB 980円 1580円 1780円
6GB 1480円 1980円 2280円
8GB 1980円 2680円 2980円
12GB 2680円 3280円 3580円
20GB 4980円 5980円 6280円
30GB 6980円 7980円 8280円
40GB 9980円 1万800円 1万1100円
50GB 1万3800円 1万4800円 1万5100円

イオンモバイルはここまで細かい料金プランを出してくるというのはかなり本気が伺えます。

しかもこれでありがたいのはかなりの大容量プランまで揃っているということですね。

実際にここまで通信を行う人はあまりいないかもしれませんが、シェア出来るということが非常にメリットがあると思いませんか?

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

シェアへの期待

ドコモが現在シェアプランをメインに販売しておりますが、シェアプランというのは、家族で○○GBをシェアすることです。

このシェアもドコモからは、安価なプランが出てきましたが、実は安価といったところで、シェアパック5でもそれなりの価格がします。

ドコモ シェアパック5が3月1日から運用開始 料金プランの変更は早めに

こちらがドコモのシェアパック5に関して書いている記事となりますが、5GBの容量しか通信できませんが、価格はかなり高額に設定されております。

イオンモバイルのレンジからすると20GBほどの通信が可能なレンジになっております。

20GB通信できれば、4人家族の場合ざっくり1人あたり5GB通信することが可能です。

5GBほどの通信ができれば、それなりに通信出来ることは間違いありません。

維持費がとにかく安い

イオンモバイルはとにかく維持費が安いことが特徴です。維持費が安くてここまでのレンジを持っているMVNO会社は今までありませんでした。かなりのちからの入れ具合だということがこれを見たらわかるとおもます。

相当力を入れているので、現在なかなかSIM発行業務が出来ない状態に陥っているほどだと聞いております。

SIM単体での購入も可能なので、SIM単体から購入してみてはどうでしょうか。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

エリアは基本的にドコモと同じ

エリアは基本的にドコモと同じエリアです。ドコモ回線を利用しているので、安定してそれなりの速度も出ると思います。

エリアがドコモと同じということは人口カバー率も99%となっております。よって安心して利用出来ることは間違いありません。

しかしながら通信速度制限というものはこのMVNOいわゆる格安SIMにはつきものです。基本的には通信速度制限というものは行っておりませんが、ドコモの回線を利用して行う為、ドコモユーザーが非常に多く混雑している時などは若干速度を落とされる可能性もあるわけです。

ただしそれほど気にするものではないと思いますね。

今の時点では最強の格安SIMだと思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

b-mobileのおかわりSIMもオススメ

2016年4月4日追記

b-mobile おかわりSIMというものを知っていますでしょうか?

イオンモバイルは自分にあったプランを選択するということですが、b-mobile おかわりSIMというのは、使った分だけ払うといういわゆる従量制を採用しております。

従量制といったところで5GBで制限がかかるので、1500円以上の支払いが発生しないような仕組みなのです。

b−mobileのおかわりSIMが格安で従量制 5GBまでで1500円と非常にお得

こちらがそのおかわりSIMを説明しているページですが、これがあればイオンモバイルにこだわる必要はありません。

とはいうものの、イオンモバイルは恐らく契約者数もかなり多いので、それなりの帯域を確保されていると思いますので、これからかなり伸びてくると思われます。

そう考えると微妙な感じですが、元々b-mobileのSIMはイオンSIMとして発売していました。

恐らく今もb-mobileとはそれなりに仲良くやっているのではないでしょうか。

個人的にはb-mobileは好きですが、このb-mobile おかわりSIMというのはかなりいいと思いますね。

非常に悩むとおもいますが、どちらを選択してもいいと思います。

プラン選択がはじめから多いイオンモバイルを選択するのかb-mobile おかわりSIMで従量制をとるのか、そのあたりは悩むと思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

4月10日までのお得なキャンペーン

2016年4月9日追記

イオンモバイル 2GBの高速 データ通信で 480円で利用可能 2017年3月まで

こちらがそのキャンペーンですが、かなりお得です。

是非こちらは契約しておいてもいいのではないでしょうか。

やはりイオンモバイルはお得なキャンペーンをうってきますね・・・

これなら1年維持したところで、データプランでも6000円ほどです。

本当にこれくらいの価格ならキャリアモデルの1ヶ月分の料金です。

端末は後からの購入でもいいと思います。

是非検討して欲しいですね。

初回投稿日:2016年3月3日