ユニバーサルサービス料が2014年1月より価格改定 3円からの

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

ユニバーサルサービス料が3円から2014年1月から2円に減額されます。

このユニバーサルサービス料ですが、一時期8円くらいまであがっていたことを記憶しております。

そもそもこのユニバーサルサービス料って何?と思う人も多いと思います。

このユニバーサルサービス料というのは、公衆電話などの維持確保に使われている費用です。

都市部は携帯電話を持っている人も多くいるので、公衆電話自体が減りましたが、携帯電話を持っていない人はやはり公衆電話というのは必要です。

本来なら撤去したいところですが、撤去されては困る人も多くいるわけです。

特に都会ではなく田舎のほうでは公衆電話自体を使われることも非常に少ないので、維持費だけが発生するのです。

維持費をNTT東日本、西日本で今までは採算がとれましたが、やはり企業として見た時に採算のとれないところは撤去したいでしょう。

しかしながら撤去せずにおいておくことにし、そのかわりユニバーサルサービス料という形で、他の携帯電話などを契約している人から少しだけ寄付してもらう形でいけば携帯電話を持っていない人達に公平にサービスを提供することが可能になるわけです。

そういう制度なんですね。

ちなみに税金に近いものなので、このユニバーサルサービス料を払いたくないということは出来ません。

携帯電話を所持すると必ず払う必要がある料金なのです。

3円から2円なら1円だけ安価になったわけですが、ということは本来かかる維持費が下がったか契約者数が増えたかのどちらかであることは間違いありません。

今後1円に下がる可能性もありますが、また3円になる可能性もあります。

価格改定は半年に1度行われるので、また変わる日がやってくるわけです。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加