iPhone7 iPhone7sではカメラの出っ張りがなくなる 特許をAppleが申請

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

iPhone7もしくはiPhone7sひょっとするとまだ先の話になるかもしれませんが、iPhoneでカメラの出っ張りがなくなるという特許を出願したようです。

カメラ部分の出っ張りというのは嫌だと感じる人も非常に多かったと思います。

どんな特許?

20160127065550

レンズを3枚重ねることにより、薄型になるというもののようです。米国特許第9244253として認可がおりたようですね。

カメラの構造の話になるので、私にはあまりわかりませんが、とにかく薄型になるということは間違いなさそうです。

これにより出っ張りがなくなるということです。

なんと厚みは2mm

この特許のおかげで厚みが2mmのカメラになるというのです。

現在までソニーのCMOSを利用していたAppleですが、この特許をとったことで、自社開発される可能性もあります。

ソニーから他社への乗り換えも十分に考えられるわけですね。ソニーとしてはどう動くのか楽しみです。

出っ張りがなくなることで傷がいかなくなる

この出っ張りというのは本当に気になる人は気になると思います。

この出っ張りの改善により、カメラが割れるなどということも少なくなりそうです。

そもそも私の知り合いで割れた人はいませんが、ケースをしていない人も結構いるので、そういう人は傷がつきやすくなったりする可能性はありますよね。

iPhone7で採用されるのかは微妙ですが、今後iPhoneで採用されることはほぼ間違いないと思います。

さらに薄型に

iPhoneはこの特許によりさらに薄型のものが出てくると思われます。

2mmのカメラはうすすぎますよね・・・

薄型のiPhoneも気になるところですが、やはり強度とのからみもあると思います。

iPhone8あたりで採用されると思われますが、その頃にはどのような薄さが実現出来るのでしょうか。

引用元:appleinsider

初回投稿日:2016年1月27日