ドコモ 特価 ブラック BL 家族 も巻き添え 支払者に注意

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

ドコモの特価ブラックという制度を知っていますでしょうか?

特価ブラックというものはどういうものか?ということですが、ドコモの機種を購入しようとしても過去に何度も特価措置を受けている人に関しては特価で購入出来ないというものです。

どのような悲惨な目に?

まずはどのようなことが起きるのでしょうか?ということですが、一般的にMNPを行う人というのは家族を連れて行って、複数名義で複数台契約することが非常に多いのですが、例えば以下の通りです。

自分+配偶者で自分はすでに特価BLに入っている場合

既に自分は特価BLなので、この場合は配偶者に2契約させたとします。

しかしながら支払いは自分なのです。その場合にでも特価BLになってしまうようです。要するに家族に対する特価BLというのは支払者に特価BLが付くようです。

よって支払い名義を変更すれば問題なく特価BLにならずにすんだということになるのです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

このような条件でも

残り2回線で特価BL判定になるとします。そこで自分+配偶者の名義にして支払いは自分にします。となると特価BLの判定となってしまい残念ながら通常契約は出来ますが、特価での契約は出来なくなってしまうというものです。

結局のところ支払者が特価BLを食らっているから特価で販売してもらえないということも十分に考えられます。

よってその場合は配偶者名義のクレジットカードか何かを準備していただき、その配偶者を支払い対象者にしてしまうことで解消する可能性があるのです。

名義+支払い者まで見る必要があり、結構面倒な措置ですね・・

それにしてもこの特価BLにもかなりの人がなっているといわれております。

今月末が一番美味しい時期の最後になると思いますので、特価BLにならないような感じで、契約をしたいところですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

契約者数が減るのになぜ特価BL?

この特価BLというのは2015年から出てきたドコモの措置です。特価BLになるとドコモの契約者が増えないのになぜこのような施策を入れてきているのでしょうか?ということですが、これは機種変更を行う人に対しての誠意ともいえる施策なのでしょう。

あまりにも高額キャッシュバックでお金をばらまいてきたので、残念ながらドコモとしてはこれ以上MNPをする人に対して優遇措置は行いたくないということの現れでしょう。

実際にまだ少なからず儲けている人はいます。

そういう人達は是非支払い名義を分けてみてはどうでしょうか。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

特価BLは何回でなるのかわからない

基本的には特価BLは何回目の契約でなるのかはわかりません。今のところブラックボックスです。

それにしても現在家族で20回線まで同時に組めることを考えるとかなりの数いけそうな感じもするのでしょうがどうでしょうか・・・

それこそ特価BLにひっかかった人は私の周りにはいますが、審議に入った後にブラックになったなどということです。

審議に入る=ブラックというわけではありませんが、可能性は高いですね。

やはり同一名義で3回線同時というのはやめておくほうがいいのかもしれません。

初回投稿日:2016年1月26日