ドコモがiPhone6sを値上げ 実質1万円ほどに 実質0円販売終了

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

ドコモがiPhone6sの値上げを実施するという報道が流れました。

iPhone6sの販売価格を実質1万円程度にするというものです。

実質0円でも売れないのに大丈夫?

現在実質0円でも正直なところ売れません。にも関わらず本当に大丈夫でしょうか?

実質0円でも毎月の維持費が高いということで、ここ最近機種変更がそれほど多くはありません。

実質0円という名前があるからこそ端末が売れるのですが、それが値上げと聞いて売れるのでしょうか?

総務省が実質0円での販売も自粛するようにということに関してとられる施策のようですが、ドコモはここにきてかなり強気ではないでしょうか。

本当にこれで大丈夫なのでしょうか?

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

通信費とのバランス?

ひょっとすると実質1万円になったところで、毎月の通信料金との相殺が図られる可能性があります。

結局支払う額は同じということです。

実質1万円なら毎月400円程度の値上がりです。(24回払いの場合)となると通信費を400円値下げするのでしょうか。

値下げは非常にありがたいことですが、本体代金が上がるので、そこと相殺されることになると予想されます。

実質0円とか実質1万円とかいうものは見せ方というだけで、実際のところ顧客が払う毎月の料金はそれほどの差は生まれないと思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

2年後以降に値下がり

実質0円ということは、2年間で端末代金の分割が終わった後も毎月の支払い額は変わりませんが、実質1万円ということは2年後に端末の分割が終了した場合に維持費は下がります。

維持費が下がるということは機種を2年間に1度かえるという製品のライフサイクルが崩れる可能性が高いのです。

かりにiPhoneが96000円だとしましょう。

この96000円というのは定価です。となれば2年間で支払う価格が96000円ということなので、毎月の支払いは4000円となります。

その分を毎月の通信費から減額などを行うことにより、実質0円などを謳っているのです。そのバランスが崩れるとどうなるのか?

実は2年後も機種変更しない人が増えるので、結局はキャリアが儲かるという仕組みなのです。

機種代金を通信費の一部補助してもらっているわけですね。(実質価格表示の場合)その補処を減らすということになるのです。

補助を減らすことにより、本体代金の負担は増えるわけですが、本体代金の負担がなくなった後、補助もなくなり通常の通信費を払う必要になりますが、そこが安価になれば、現在利用している機種が気に入っている場合機種変更しなくなります。

キャリアは通信費で儲けているので構いませんが、メーカーは端末をうってなんぼの世界なので、本当にこの施策は辛いでしょう。

確実に端末が売れなくなりますね。

本当に総務省の行っていることがいいことなのでしょうか?

単純に通信費が高いというだけで、実質0円を廃止するなど意味不明な提案を行っていました。

もう少しユーザーのことを考えて欲しいですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

通信費は本当に安くなるのか・・・

2016年1月25日

通信費は本当に安くなるのか気になるところではないでしょうか。

恐らくそれほど安くはならないのではないでしょうか。

通信費を下げるというより、新しいプランを発動させるだけで、結局のところ今まで通りのような気がしますね。

やはり携帯会社は儲けたいと思いますので、なかなかそのあたりはうまくいかないのではないでしょうか。

それでも安くなってほしいと思う人がほとんどだと思いますので、本来なら期待したいところですよね・・・

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

初回投稿日:2016年1月20日