ドコモが実質0円での販売を終了 一括0円が終了に・・・

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

ドコモが実質0円での販売を終了するようです。

実質0円というのは、本体代金と通信費を含めて結局通信費だけで本体代金を持つことが可能でした。

実質0円廃止での影響

実質0円廃止での影響というのは端末が売れないということではないでしょうか。

未だに実質0円なら購入しようと考える人も多くいると思います。

それ以外には実質0円なら2年後の機種変更時に今までと支払いが変わらないであれば、購入しようと考える人も多いのです。

それが実質2万円とか3万円になると購入を躊躇する人もいるはずなのです。

実質価格 一括価格 実質0円 一括0円 違いを説明 お得なのはどちら?

こちらに実質0円 一括0円の説明があるので、一度確認してもらいたいと思います。

要するに実質0円でも本谷価格が安価に見えましたが、残念なことにこの販売手法もなくなるということは値上げをするということになるのでしょう。

新料金プランに期待

端末代金が上がるということは当然ながら新料金プランに期待です。この新料金プランというのは、機種変更にも優しいプランということですが、どの程度まで安価に携帯が維持出来るのかは不明です。

ここ最近のドコモはかなり強気の発言が多いので、ひょっとすると維持費は今までと変わらず、新しいプランを追加するのみの方針なのかもしれません。

既存の料金プランを安くすると機種変更されるユーザーのほとんどに影響があり、トータルの維持費が下がるということで収益にも影響する可能性があるのです。

そう考えると今後どのようなプランが出てくるのか今のところ不明ですが、ソフトバンクのように1GBの高速通信のプランが出てきてもおかしくはありません。

それで維持費が5000円以下になるように調整されるのです。それでも毎月の維持費が5000円というのは高いですが・・・

安売りをしないように代理店に通達

安売りなどを行わないように代理店に通達までしているようですね。

安売りをすることにより、他社との差別化を図り代理店はそれなりに儲けているわけですが、安売りを行わないということは正直なところドコモを選択する人は少なくなるでしょう。

それこそ安売りをすることにより、携帯電話が売れていたということもあるので、実際のところ安売りを行わなくなったときの影響はどの程度か不明ですが、確実に今より冷え込むと思います。

もう少しドコモも考えて欲しいところですね・・・

初回投稿日:2016年1月18日