ソフトバンク 1GB データ定額パック・小容量 登場 5000円以下の支払い

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

ソフトバンクは1GBのデータ定額パック小容量(1)というものを2016年4月以降に導入する発表をしました。

あまり通信を行わない人にとってはありがたいプランとなります。

料金のイメージ

最低の利用料金が4900円からとなり、今までの最低料金が7000円〜というものがなくなります。

結構安価になるので、非常に使いやすいのではないでしょうか。

導入時期

2016年4月以降

対象プラン

スマ放題、スマ放題ライトを選択時にデータ定額パック・小容量(1)を選択可能

料金

スマ放題 ライト:1700円
または
スマ放題:2700円
S!ベーシックパック:300円
データ定額パック・小容量(1):2900円

これらを足すと最低維持費はスマ放題ライトを選択した時に4900円となります。

ワイモバイルのほうがお得?

ワイモバイルは1GBの高速通信付きで2980円〜維持することが可能です。

そう考えると明らかにワイモバイルのほうがお得ですね。

ワイモバイルの通信エリアはソフトバンクと同じです。

しかしながらソフトバンクと契約している人はソフトバンクの料金プランしか選択出来ないので、こちらを選択するしかないでしょう。

これで5000円以下からデータ通信を含めてスマホを所持出来るようになります。

このプランはガラケーでも適用させることが可能です。

昔より安くなった

ガラケー時代よりも通話料及び通信費は安価になりました。

これで月月割りが適用されるとなると結構安価にスマホを維持することが可能になるはずです。

しかしながらこのプランを選択した場合月月割の減額やもしくはMNPの場合は実質このプランを選択させないなどの施策はとられそうです。

大量に通信する人が多いなかで、このプランを選択する人は結局のところ限られそうですね。

それでも1GBのプランを発表するということは新しい選択肢が生まれたわけです。当然ながら各社が追随してくることは間違いありません。

初回投稿日:2015年1月8日