UQ mobile MVNOに本格参入 mineoとの住み分け? 価格は?

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

UQ mobileがMVNOに本格的に参戦します。

現在MVNOといえばドコモの回線を使ったものばかりでした。

mineoが登場し、世間ではKDDI回線を使ったMVNOということで、一時期auが発売していた白ロムの価格が若干高騰しました。

今まではauの機種は基本的にMVNOとしては利用されにくかったのですが、mineoの登場により、auの白ロム+mineoという組み合わせでも使えるようになりました。

今はKDDI回線を使うMVNOはmineoしかなかったわけですが、UQ mobileも本格参戦しました。

簡単にいうと消費者はMVNOを選べるようになったのです。

とはいうものの、実はサービスに関してはほぼ同じです。

今回のUQ mobileのMVNOの料金ですが、価格は2GBの高速通信で980円です。

現在mineoが1GBで980円なので、その辺りはUQのほうがいいのですが、実はこのことを受けて、mineoが価格改定を行います。

mineo マイネオが値下げ 価格改定 2015年2月から1GB 850円〜 2GBも980円に

上記URLを見てもらえればわかります。

ということで実は料金は実質的にほぼ同じと思っても問題ないでしょう。

そしてUQは700円で音声プランも選択することが可能です。

mineoもそのあたりは可能なので、ほぼ同じと思ってもらえればいいと思います。

決定的な違いは実はそれほどありませんが、調達出来る端末が異なります。

UQの場合SIM単体での購入も可能ですが、選択出来る機種が、G3 Beatで、価格は3万4800円となっており、もう一台は京セラ製のKC-01で、価格は2万9760円です。

結構安価に購入出来る機種が揃っており、個人的にはオススメしたいUQです。

auの機種は安いので

結局どちらがオススメというわけではなく、auの機種は結構安価に購入が可能なので、この2社ならどちらでも問題ないのではないでしょうか。

個人的にはauのMVNOは本当にオススメしたいですね。

安いということもそうですが、それなりの速度が確保出来ます。そういう意味でもMVNOはドコモ系ではなくau系のほうがいいのではないでしょうか。

先ほどのauの機種が安いというのはどういうことかというと、ドコモ系の機種とau系の機種を中古価格で比較した場合ということです。

またMNPなどでもauにMNPするほうがメリットが大きいように感じますね。

そういう意味でもau系のMVNOのほうが使い勝手がいいと思います。

ただし海外に持っていき海外のSIMを挿したりする場合は別なので、そのあたりは注意が必要ですね。

初回投稿日:2014年12月22日

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加