MacbookAir の発熱問題 冷却は? バッテリーの消耗が激しい

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

MacBookAirを使っている人ここ最近非常に増えてきました。

特に関東方面ではMacの利用率がかなりあがってきているようです。

関西ではまだまだWindows比率が高いようですが、周りにMacを利用している人が少ないということも原因の一つかもしれません。

MacbookAirは発熱する

私が所持しているMacbookAirは2014年モデルですが、購入してからまだ1年は経っておりません。

今年に新型MacbookAir及びMacbookが発売される1週間前に安かったので購入しました。

初めは発熱もあまりありませんでしたが、ここ最近かなり発熱をします。

発熱すると結構辛いですよね・・・今もこの記事を書いている時に発熱をかなりしております。

ファンは回っていないようですが、発熱はすごいです。

かなり高温になってきており、冬にも関わらず結構温かいです。

発熱を回避する方法

定期的な再起動が必要でしょう。MacbookAirを利用しているとどうしてもスマホと同じ感覚で蓋を閉じて終わりという人も多いのではないでしょうか。

蓋を閉じるだけでスリープ状態に入りバッテリーもかなり持ちます。バッテリーの持ちはWindowsパソコンもなかなかかなわないのではないでしょうか。

新幹線なら東京大阪間でもそれほど消費はしません。ざっくりですが2時間半くらいならバッテリーは半分くらいしか減りません。

それが発熱問題を抱えると2時間半で半分以下にバッテリー容量が減るのです。

まずは定期的な再起動と次は、なるべく同時に色々なアプリの立ち上げを控えるべきです。

私は色々なアプリを同時にかなり立ち上げていますが、やはりアプリを同時に立ち上げているだけで発熱はかなりします。

アプリを同時に色々立ち上げないと私の場合なかなか仕事にならないので、ある程度発熱は我慢しておりますが、ネットサーフィンをするくらいならSafari1枚だけにするのが一番いいと懐います。

そうすることでかなりの発熱問題を避けることが可能でしょう。

連続運転を避けるということも必要かもしれません。ファンが回りだすとずっと回っていると思いますが、ファンを止めるのはやはり再起動や少しのクールダウンでしょう。

出来ることならOSのアップデートは行わない

これは非常に微妙ですが、アップデートを行うごとに発熱問題が増しているような気がします。

今まで何回セキュリティのアップデートを行ったかわかりませんが、その度に発熱問題には直面しているような気がします。

コンピュータなので、セキュリティのアップデートは仕方ないですが、大型アップデートまで待てる人は待ってもいいのかもしれません。

セキュリティ意識の強いひとならアップデートを行わないという選択肢はないと思いますが、基本的にスタンドアローンで利用することがほとんどだという人ならそれほど問題ないのかもしれませんね。

お金があるなら

一番いいのは定期的にAirを買い換えることをオススメします。1年に1度の買い替えでも問題ないでしょう。

私の場合仕事にも利用しているので、経費としてとらえた時に1年に1度買い換えても所詮経費です。

ちなみにAirを利用していて1年次のモデルを購入しても性能が上がったような実感は一切ありませんが・・・

継続的に使い続ける為には定期的な買い直しというのもいいのかもしれません。

普通はもったいないので、そんなことをする人はあまりいないと思いますが・・・

せめて3年に1度は買い直ししたいですよね。私の場合モバイル利用がメインなので、バッテリーが消耗したら買い換えます。

だいたい1年半でバッテリーは持たなくなりますね・・・

そうすれば買い時です。

発熱問題は本当に辛いですが、定期的な再起動と無駄なアプリを終了させるということでたいてい回避出来ると思います。

是非ためしてみてください。

冷却ファンを使う

このような冷却ファンを利用するというのも手ではないでしょうか。

これなら非常に簡単に本体を冷やすことが可能です。ただし自宅利用などに限りますが・・・

膝の上においての作業ではちょっとこれでは厳しいかもしれませんね・・・

初回投稿日:2015年12月22日