イオンモバイルで通信費カット 格安SIMで 音声付きでも違約金なし

通信費をカットしてみたいと思う人って結構多いと思いますが、とりあえずドコモやauに契約していてなんとなくいいかなぁ?なんて思っている人も多いと思います。

そんな中で通信費を極力抑えたいというニーズがここ最近かなり出てきております。

総務省もその件で動いており、実際にキャリア側に料金プランの見直しを要請しているようです。

またこの料金プランの見直しの中で、MVNO業者いわゆる格安SIMへの見直しも含めて骨子として出してきているようなので、今後はこの格安SIMというものが一般的に認知されるものと思われます。

格安SIMとは?

まずは格安SIMですが、この格安SIMというものはドコモやauの回線を借りて通信業を行う業者のことを指します。

自社では無線の回線設備を持っておらず、基本的には他社から借りるということで運営しております。

そのため回線品質というのは、自社の持っていない分、ドコモやauの通信回線品質を保つことが出来るので、圏外になることも基本的には少ないです。

少ないというより、キャリア側の電波の届く範囲になるので、仮にドコモ系(世の中のほとんどがドコモ系)に契約すると電波の届く範囲はドコモと同じということになります。

よって通話が途切れたり、通信品質が悪かったりということはありません。そして回線のみを借りているので、ショップ運営も非常に少ない規模で済みます。そのため格安として利用者に提供することが可能なのです。

なぜイオンモバイルをすすめるのか?

こちらがイオンモバイルのホームページになりますが、やはりイオンというのは今では誰もが知っている流通業者です。

そこがしているサービスなので、まずは信頼がおけるかどうかということなのです。信頼がおけるということは非常に大事なことではないでしょうか?

またイオンモバイルとして回線を借りている大元はドコモです。

そういうことも安心感の一つになっていると思います。

違約金発生がない

通常携帯電話を契約させられるときには違約金というものがありますが、このイオンモバイルには違約金が発生するということはありません。

20151218080628

こちらイオンモバイルで案内しているのですが、これは非常にありがたいことではないでしょうか?

それだけ解約されない自信の現れということでもあると思います。

豊富な機種

豊富な機種を色々取り揃えております。

イオンスマホ_XPERIAJI専用

イオンスマホ_VAIO Phone VA-10J専用

イオンスマホ_geanee FXC-5A専用

イオンスマホ _ALCATEL onetouch Idol02専用

イオンスマホ_FUJITSU ARROWS M01専用

イオンスマホ_KYOCERA S301専用

これらの他にも色々機種はあります。

そのあたりも非常に強みがあることだと思います。

これからは格安SIMがどんどん出てくる

これからは格安SIMがどんどん世の中に出てくると思われます。

総務省は現行のキャリアいわゆるドコモ、auやソフトバンクとMVNOいわゆる格安SIMと競争させたいようなのです。

実際には大元の回線は格安SIMの回線を利用しているので、競争というと微妙ですが、それでも大手キャリアは回線のみしか提供していませんので、それ以外のサービスなどで格安SIMを販売している業者に対して競争させたいわけです。

格安SIMというのは、音声通話も可能ですし、データのみでもOKです。

データのみのプランなら音声契約は別に行う必要があると思いますが、それだけでもかまいません。

すでにガラケーを持っていて、データ通信だけ行いたいというユーザーに対してはデータのみを提供することもあるのです。

イオンはその両方のニーズを兼ね備えています。

検討するに値する格安SIM業者であることは間違いありません。

同業他社よりイオンを選ぶ理由

2015年12月21日

同業他社も色々なMVNOのSIMを出してきております。他の同業他社とイオンを比べて何が違うのでしょうか?

こちらに関してお伝えしたいと思います。

やはりなんといっても実店舗を備えているということです。

この実店舗というのは非常にありがたくないですか?同業他社は実店舗を備えておりません。

実店舗はあるのはイオンモバイルの強みでもあるわけです。このイオンモバイルの強みを活かして現在ネットでコラボしているわけです。

実際のところ実店舗はどうしても聞きたいことだけ聞けばいいと思いますので、こういうものを購入する人は普段は利用することはないと思います。

それでもどうしても実店舗を利用したい場合にその実店舗があるのとないのとでは結構な差があると思いませんか?

そういう意味では間違いなくイオンモバイルというのはいいのです。格安SIMを選択する上で実店舗のない店は非常に多いです。

まずそれが強みの一つですね。

ネットで購入出来るのも強み

ここ最近各社共に頑張っているのが、ネットからの購入です。

0570−023−033ここに電話をするとネット購入に関しても教えてもらえるはずです。

一緒にネットで購入するにはこの問い合わせ番号を使いたいところですね。

それで不安もなくネットからイオンモバイルの機種が購入もしくはSIM単体の購入が可能となるわけです。

このようにイオンモバイルのここ最近の取り組みに関しては非常によく出来ていると思います。

これならネットからの契約でも非常に安心ですね。是非検討して欲しいと思います。

ネットで購入出来るというMVNOが実は大半なのです。なぜネットで購入出来るようにしているのか?ということですが、やはりそれはコストでしょう。

ネットから注文が入るということは、当然ながら契約に関わる分の人件費が省かれるわけです。

そういうことからMVNOはネットから購入ということが非常に大きいと思います。

ある程度審査はされると思いますが、たいていスルーされるでしょう。そういう意味ではネットの世界は本当にすごいと思いますね。

ビッグローブも安価に発売中

2015年12月24日追記

ビッグローブも非常に安価なSIMを販売しております。

ビッグローブのSIMが安い スマホとセットでも維持費が2050円と低価格

こちらも一度確認してほしいところですが、どちらのSIMも非常に安価に購入出来ることは間違いありません。

それこそここ最近の格安SIM市場というのは競争が激化しております。

それを遠目に見ているキャリアがいるという構造です。正直なところMVNO回線が売れるとほとんどの場合ドコモ回線を利用しているケースが多いので、ドコモの回線数にカウントされます。

よってドコモはMVNOが売れるのはそれはそれでありがたいわけです。

価格的には当然ながらMVNOのほうが安価なわけですが、サービスの提供はドコモとしては行っていません。

このサービスというのは端末の使い方などです。よってサービスの部分は基本的に切り離して、回線のみを提供しているので、安価に販売出来るわけですね。

総務省はこのMVNOとキャリアを競争させたいという思惑もあり、本来ならキャリア VS MVNOという感じですが、実際にはMVNO VS MVNOになっているのが現状です。

当然ながらMVNOに興味のある人も多いので仕方ないことではあると思いますが、本来の思惑とは少し違いますよね。

本来の思惑というのはキャリアより安いMVNOと比較されるべきですが、現在の構図はそうなっておりません。

少しさびしい限りですが、MVNOがキャリアにどう攻めこむか?というところは今後の課題になりそうですね。

今のところそのあたりはまだまだといったところではないでしょうか。

初回投稿日:2015年12月18日

ツールバーへスキップ