mineo VoLTEに対応 au GALAXY S6 EDGE SCV31 のSIM解除モデルで可能

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

mineoのVoLTE機種の利用ですが、SCV31で利用可能になっております。

VoLTE端末に対応出来なかったmineoですが、GALAXYシリーズには対応出来ております。

しかしながらこのSCV31をSIMフリーにする必要があるので、ちょっと面倒ですよね。auからすると半年以上利用している人なら無制限にSIMフリーにすることが可能なので、それだけは使ってあげる必要があります。

これはかなりの進歩ではないでしょうか。

mineoとは?

こちらmineoのホームページです。

mineoというのは、いわゆる格安SIMというジャンルに入り、非常に安価に所持することが可能です。

そのmineoですが、VoLTE機種にはなかなか対応出来ておりませんでした。現在でも動作一覧の端末に残念ながらXPERIAシリーズのVoLTE機種は対応しておりません。

そういうことを考えると非常に残念なのですが、まだまだこれからといったところでしょうか。

しかしながら今はXPERIAなどもVoLTE対応機種しか発売しておりませんので、これから対応機種がどんどん増えてくると思います。

ドコモ系、au系の機種で使える

ドコモの通信規格帯に対応した端末でも使えるプランDというものとau系の通信規格帯で利用出来るプランAという2つのプランがあります。

それは本当に特筆すべき点だと思います。この2つのプランを選択出来るというのはmineoならではのサービスです。

非常にありがたいことですよね。

今後はこのようなMVNOがどんどん増えてくると思います。

MVNO 格安シムと通常のドコモやauのシムでは維持費はどう違う?

こちらにMVNOの説明をしておきます。一度ご確認してみてください。

au系なら中古機種も安い

VoLTEに対応している機種で実施出来るのはSCV31だけですが、普通のLTE機種であれば、ある程度利用は可能です。

しかもありがたいことに、普通のLTE機種なら問題なく通信可能でテザリングも利用することが可能なのです。

これくらいの価格から利用することも可能なのです。この機種も少し前の機種ですが、結構価格は安価になっております。

これで毎月1000円程度の利用料金となれば、2年間のトータル維持費も非常に安価になると思いませんか?

是非このmineoは検討頂きたいSIMであることは間違いありません。

MNPしないなら違約金も発生ない

MNPしないなら解約違約金も発生しません。それはかなりお得なことではないでしょうか。

12ヶ月以内のMNPなら残念ながら解約違約金が発生しますが、12ヶ月以上維持していると解約違約金の発生は入りません。

それはかなりのメリットではないでしょうか。

基本的にMVNOに入ると解約しようと思う人は非常に少ないと思います。

それくらい使える機種になっているのです。気軽に契約出来るというところもオススメですね。

引用元:月額756円(税込)からの格安スマホmineo【対応端末数No.1!】

初回投稿日:2015年12月18日