au Y!mobile ソフトバンク ドコモ

格安料金プランは5000円以下 総務省が携帯電話の料金を指示

投稿日:

総務省が格安料金プランの目安を明示したかっこうです。

格安料金プランの目安を国が定めるというのはおかしな話なのですが、ついにその骨子がわかったようです。

格安料金プランの目安

なんと5000円以下として検討して欲しいということのようです。

5000円以下で格安なのか??と思いますが、いったいどこまでが格安なのか私にはわかりません・・・

MVNOと呼ばれるいわゆる格安SIMはデータ通信だけなら1000円以下で毎月の料金を賄うことが可能なのです。

にも関わらず5000円以下を格安と定義する総務省の方針というのは・・・本当によくわかりませんね・・・

現在一般的なプランに契約した場合の料金はざっくり以下の通りです。

au

通話し放題のライトプランに契約すると1700円でデータプラン3GBで4200円にLTEネットの300円を付けて6200円〜といったところです。

これが一般的な契約だとすれば、ざっくり6200円〜で実はドコモ、auはこの1700円の通話し放題のライトプランに契約すると各社1700円の横並びですが、5GB以上のデータしか付けることが出来ないので、他社ではもう少し最低価格が高くなるわけです。

たしかに結構高額なことは間違いありません。

毎月通信費などで6000円以上出て行くのです。そう考えれば5000円以下という指針は格安の指針になるかもしれません。

それでも5000円は高い

それでも5000円は高いと思いませんか?

正直なところ話になりません。逆にMVNOと価格差が減ることにより、残念ながらMVNOのメリットがなくなる可能性があります。

価格差があるので、それだけMVNOが安価に思えるのです。

それがこれくらいの価格帯なら安価とは言えなくなりますよね。

少し残念は指針ですが、携帯電話会社に対しても少しは儲けてもらわないとダメなので仕方ない指針でしょう。

引用元:nikkei

初回投稿日:2015年12月17日

-au, Y!mobile, ソフトバンク, ドコモ

執筆者:

関連記事

キーボード付き ワンセグ搭載 スマホが2580円で販売 文字入力には最適

キーボード付きのスマホって憧れませんか? といってもこの機種は発売されてから結構な年月が経っておりますが、かなり安く販売しております。 ★ECOMO★ au IS01 大特価 ☆ 本体のみ 【送料無料 …

ドコモ au ソフトバンク ブラックリスト 短期解約 比較 審査 条件が厳しいのは?

各社から過去の契約を鑑みて、今後契約させないようにするいわゆるブラックリストに入る条件というものをお伝えしたいと思います。 確実にブラックリストに入る条件は他社を含めて未納があるこれが一番の条件ですね …

有料サイト 登録なし au MNP 高額 キャッシュバック 一括0円 特価 販売情報

auから発売されているiPhone6sですが、高額キャッシュバックで販売されております。 iPhone6sはかなりお得感満載ですよね。 販売店舗目次1 販売店舗2 条件3 auはスマートバリューとの組 …

au Android7.0 アンドロイド7.0 アップデートの端末機種 最新モデル 2016年 冬も追加

auから発売されている機種でAndroid7.0を搭載する機種が発表されていることを知っていますでしょうか? Android7.0というと最新のAndroidとなっており、ヌガーという名称となっており …

MVNO 格安SIMの利用促進 SIMフリーへの移行と長期利用者優遇へ MNPは排除?

MVNOと呼ばれるいわゆる格安SIMの利用促進を現在行おうとしております。 総務省のタスクフォースと呼ばれる有識者会議で、色々議論が行われているようです。 MVNOは認知されているが利用されていない目 …



ツールバーへスキップ