格安料金プランは5000円以下 総務省が携帯電話の料金を指示

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

総務省が格安料金プランの目安を明示したかっこうです。

格安料金プランの目安を国が定めるというのはおかしな話なのですが、ついにその骨子がわかったようです。

格安料金プランの目安

なんと5000円以下として検討して欲しいということのようです。

5000円以下で格安なのか??と思いますが、いったいどこまでが格安なのか私にはわかりません・・・

MVNOと呼ばれるいわゆる格安SIMはデータ通信だけなら1000円以下で毎月の料金を賄うことが可能なのです。

にも関わらず5000円以下を格安と定義する総務省の方針というのは・・・本当によくわかりませんね・・・

現在一般的なプランに契約した場合の料金はざっくり以下の通りです。

au

通話し放題のライトプランに契約すると1700円でデータプラン3GBで4200円にLTEネットの300円を付けて6200円〜といったところです。

これが一般的な契約だとすれば、ざっくり6200円〜で実はドコモ、auはこの1700円の通話し放題のライトプランに契約すると各社1700円の横並びですが、5GB以上のデータしか付けることが出来ないので、他社ではもう少し最低価格が高くなるわけです。

たしかに結構高額なことは間違いありません。

毎月通信費などで6000円以上出て行くのです。そう考えれば5000円以下という指針は格安の指針になるかもしれません。

それでも5000円は高い

それでも5000円は高いと思いませんか?

正直なところ話になりません。逆にMVNOと価格差が減ることにより、残念ながらMVNOのメリットがなくなる可能性があります。

価格差があるので、それだけMVNOが安価に思えるのです。

それがこれくらいの価格帯なら安価とは言えなくなりますよね。

少し残念は指針ですが、携帯電話会社に対しても少しは儲けてもらわないとダメなので仕方ない指針でしょう。

引用元:nikkei

初回投稿日:2015年12月17日