携帯電話の中古市場が盛り上がる 新品未使用が減り 本当の中古が増える

iPhone8 /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

携帯電話の中古市場というのがこれから盛り上がりを見せるということのようです。

昨日ドコモがキャッシュバックを廃止にするというニュースがありましたが、それに伴い新機種がかなり高くなってしまいます。

今後は恐らく実質価格という見せ方に関しても減っていくように感じますので、残念ながら新機種はそれほど売れなくなってくるでしょう。

それこそ一部のマニアなユーザーが購入するか富裕層が購入するかです。

新機種が売れない変わりに中古市場がもりあがる

新機種がこれから先はそれほど売れなくなってしまいますが、携帯電話はすでに成熟期に入ってきております。

2年くらい前の機種であれば、十分使うことが可能なのです。

しかしながら気になるのはバッテリーの持ちです。ここ最近のスマホはバッテリーの交換が出来ないものも結構出ておりますが、バッテリーの持ちさえ気にならなければ2年前のモデルでも十分使えます。

そういうことを考えると新機種の購入が金銭的に苦しい人でも旧機種を所持することが可能になるのです。

海外ブランドの新機種

それこそフラッグシップモデルではなく、海外のスペックを落としたSIMフリーの機種が今後はかなり売れていくのではないでしょうか。

現在は知名度が非常に低く、それこそわかっている人でないと購入することはしないと思いますが、今後はなぜフラッグシップモデルがそこまで高いのか?と疑問に感じる人も非常に多くなってくると思います。

そう考えれば、量販店などで、安価なスマートフォンでもいいから購入しようと思う人がどんどん増えてくると思います。

当然ながらMVNOのSIMを利用することが可能なので、今よりも安価に携帯電話を維持することが可能になるのです。

そういう情報を量販店などで仕入れる人が増えてくるので、徐々にMVNOの契約が増えてくるのではないでしょうか。

MVNOといえばいわゆる格安SIMです。格安SIMといってもSIMが安いだけで、通常は大手キャリアの通信回線を利用するので、それほど問題はありません。

よってこれからは中古市場や安価な機種が売れていく時代になってくると思います。

初回投稿日:2015年12月15日