MNPのタマにする格安SIMの運用 音声通話ならOKなことが多い

MNPのタマに格安SIMを利用するというケースも結構増えてきております。

とはいうもののここ最近はMNPはそれほど儲からないということが通説になってきているので、儲けるのではなく少しでも安く維持するということを目的にしている人も多いと思います。

これから先はMNPは儲からない

iPhone8 iPhoneX XPERIA XZ1 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

今後総務省が色々なガイドラインを出そうとしており、これから先は本当に儲けるということは難しくなると思われます。

儲けられないなら少しでも安価に維持したいと思うのが人情です。

なぜ儲からないのか?ということですが、儲からないというかMNP一括0円での販売も今後なくなると思われ、実質0円での販売もなくなるといわれております。

いわゆる今後は回線と本体が分離になる可能性が非常に高いのです。

1つの回線で仮に毎月5000円払うとします。端末代金が2年間支払うことで、毎月3000円が本体代金だとします。

そうなるとトータル8000円が毎月の利用料です。

それが2年経つと5000円になるのです。どうです?

2年以上維持しようと思いませんか?今後そうなっていく可能性が非常に高いのです。

2年間限定の通信費割引の意味がわからない

元々ソフトバンクが始めたのですが、2年間限定で通信費の割引を現在は行っております。

それの意味がわからないという人も多いでしょう。

実はその意味がわからないのは私もです。なぜ機種を購入した時にしか割引が発動されないのか・・・

機種の分割が終わったら、元の料金に戻ります。元の料金が不正な料金では?と思いますよね。

そのあたりが落とし穴になっているのです。よって2年後通信費があがるなんてことも普通に考えられるのです。

その場合は端末を一括で購入した場合だと思いますが・・・それでも正直それはないわ〜と思う人も多いと思います。

私もその一人です。

iPhone8 iPhoneX XPERIA XZ1 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

回線と端末が分離

これが自然な形でしょう。端末を回線の分離をしないと回線代金が高いままですからね。

今後は分離がメインになると思われます。

分離にならないと常に高い通信費を払う必要があります。

この分離方式をやっているのが、MVNO各社なのです。このMVNO各社は基本的に分離方式なので、2年後には価格は下がります。

端末を一括0円で購入すれば、通常は1000円程度の通信費で収まるのです。これくらいの価格なら問題ないのでは?と思いませんか?

今ままでの回線価格が非常に高かったのです。

オススメMVNO業者

やはりこの格安SIMでもそれなりの業者を選択したいものです。しかしながら基本的にはドコモやauの回線を利用しているのが、このMVNOの仕組みなので、回線品質という意味ではキャリアによるものが非常に多いのです。

ここ最近かなり増えているのが、auの回線を使ったmineoという回線です。このmineoはau回線を使っている珍しい業者です。

こちらがmineoとなります。

続いてはDMMです。

こちらは業界最安値宣言などを行っており、結構安価に持つことが可能です。

イオンモバイルホームページ

やはりこちらも外せません。イオンモバイルです。イオンモバイルも外せないでしょう。

これらの業者を使うことにより、非常に安価に維持させることが可能です。

是非検討してみてください。

MNPのタマ

MNPのタマということであれば、イオンモバイルがタマが作れると思います。日本通信系やso-net系を付けることができればタマとして飛ばすことは可能のようです。

このあたりを参考にタマを作ってみてはどうでしょうか。

それにしても今はMNPのタマを作るのは得策とはいえないかもしれません。

総務省がそれなりに施策を出しており、キャリアモデルをMNPで契約するのはそれほどお得ではないのかもしれません。

MNPというのは儲ける為にしていた人も今は儲けられないのでMNPをする人は非常に少なくなりました。

個人的にもMNPはそれど儲けられるとは思えません。

初回投稿日:2015年12月14日

ツールバーへスキップ