悲報 実質0円もなくなる MNP一括0円も消滅 販促費を抑えて 既契約重視に

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

MNPに関しては完全に終わってしまうようです。

今後は実質0円に関してもなくなるようです。携帯料金はそのため安価にはなるようですが、メーカーや代理店にとってはかなり悲報のようです。

総務省のやることはわからない

総務省の考えていることはまったくわかりません。実質0円もなくなるようなので、本当に終わっていると思いませんか?

まさかここまで糞施策とは思いませんでした。

どういう仕組で安価に?

販売奨励金を既契約の原資に回すようです。

そうすることにより、既存の契約の人の通話料などが下がるという仕組みです。

実質0円もなくなるということはメーカーとしては本当に機種も売りにくくなることだと思います。

機種が売れないとメーカーはかなり厳しいと思います。

結局キャリアとしてはそれほどかわりません。

キャリアとしてはキャッシュバックなどを減らすことで、その原資を通信費の減額に回すことが可能なのです。

結局今後は代理店とメーカーは泣いてくださいということになるわけです。

総務省は一部のユーザー向けの施策?

この総務省の施策というのは一部のユーザーに対する施策とも捉えかねない施策ですよね。

機種変更をするユーザーに優遇を与えるということは、MNPや新規契約に対しては本当に辛いことだと思います。

通信費は確かに高いと思いますが、それでも契約したいと思うのはユーザー自身が決めるわけです。

ユーザー自身が自分で決めるわけですので、結局のところそのあたりを国が救うのです。

おかしい話ですよね・・・

それを2016年2月頃にも施策として盛り込むようです。

そうなればMNPなどをメインに検討しているユーザーから怒りの鉄拳を食らいそうですが・・・本当にこの日本どうかしていませんか?

確実におかしいですよね・・・

MNP一括0円は本当に12月が最後か

2015年12月8日追記

まだ今月ならMNP一括0円キャッシュバック付きの案件も結構あります。それがやってくるのも今年が最後になるかもしれません。

今後は本当に残念なくらいの価格設定になる可能性があるのです。

本当にこれで大丈夫なのでしょうか?端末が売れないという代理店の悲鳴が今すでに聞こえてきそうです。

それくらい残念なのです。ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルこの4社は大丈夫なのでしょうか?

本当に機種が売れないとなったらメーカーは本当に大丈夫でしょうか?今から本当に心配でなりません。

MVNOがお得に

今後MVNOがどんどんお得になると思われます。

イオンモバイルホームページ

こちらのページを見てもらえればわかると思いますが、機種に関してもかなり充実していると思われます。

かなり充実しており、本当に行けている機種が多くなってきておりますね。

今後はこのような格安SIMというジャンルがどんどん世の中に出てくるのではないでしょうか。

MNP一括0円が今後減るもしくはなくなるなかで、毎月の維持費を抑えるということは個人的な課題ではないでしょうか。

その課題をClearするというのはやはりMVNOでしょう。是非検討して欲しいところですね。

MVNOの契約が400万契約

2015年12月9日追記

MVNOの契約は400万契約になっているようです。相当増えてきましたね。

そのうちの4割はOCN及びIIJとなっているようで、強いところと弱いところがあるようです。

契約が増えていくとライバルはキャリアになっていくのではないでしょうか。

キャリアとしては最も脅威であることは間違いありません。すべての顧客をとられることはないと思いますが、確実に辛いでしょう。

ドコモとしては、回線が確保出来るのでいいのかもしれませんが、実際は収入としては減ると思われるので、あまり美味しくはありません。

今後まださらに拡大していくものと思われます。

初回投稿日:2015年12月3日

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加