ガラケーは2台持ちには必須 安価に維持で通話もしやすく 不具合も少ない

ガラケーを未だにメインで利用しているという人も少なくはありません。

なんといってもガラケーは通話も非常にしやすくバッテリーの持ちにも非常に優れている端末だからです。

スマホより維持費が安い

こればかりは絶対とはいえませんが、ガラケーよりも維持費が安いことが多いです。

通話のみのプランならたいていの機種で1000円程度で利用することが可能です。

プランによってはさらにそれで通話料もついているなんていうケースもあるほどです。

それくらいにガラケーというのは安価でいいのです。

昔はみんなガラケー

現在スマホから初めて携帯を所持しているという人も少なくはありませんが、実は昔はみんなガラケーからスタートしていました。

ガラケーはなんといっても電話要素が非常に強かったのです。

スマホのようにパソコン的な要素がメインで電話が付属ということはありませんでした。

それがガラケーは電話がメインだったので、やはり通話品質や通話のしやすさなんかはピカイチだったわけです。

スマホ人気の裏側では

ガラケーのスペックはかなり下げられ、それこそハイスペックモデルのガラケーというものもなくなりました。

昔はかなりハイスペックなガラケーというのも世の中には出ておりましたが、今はそこまでハイスペックなガラケーを利用するという用途も少なくなり、現在発売されているガラケーというものはハイスペックというより、それなりに使えるガラケーというものになっております。

スマホは新しいものをどんどん出してきますが、ガラケーは過去のものを転用や流用しているに過ぎません。

非常に残念な感じですが、それが時代の流れというものなのかもしれませんね・・・

今後ガラケーがどういうふうに進化するのかはわかりませんが、どちらかというと進化は止まっているでしょうね。

機能だけを追い求めるならスマホには間違いありませんが、2台持ちや毎月の料金を抑えることにはガラケーも役立つガジェットです。

是非検討して欲しいと思いますね。

初回投稿日:2015年11月30日

ツールバーへスキップ