DMM モバイル 高速通信 1GB 660円からでMVNOに参入 割引券も

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

DMMがMVNOに参戦しました。

DMMというと最近ではテレビなどのCMの影響もあってか証券会社のイメージがあるがかなり事業を拡大させているようです。

そのDMMが実施するMVNOの価格ですが、データ通信のものと通話が可能な2つのタイプのMVNOです。

料金プランは以下の通りとなります。

<データ通信のみ>

20141219063428

<音声通話付き>

20141219063457

価格としては結構安価ではないでしょうか。

まず3GBで考えるならドコモのデータMもしくはデータSの間に該当しますが、ドコモはデータSの料金で3500円となっており、かなり高額なことがこれをみても伺えます。

データ通信のみしか行わない場合で10GBの料金とほぼ変わりません。

そういう意味からドコモがどれだけ暴利なのかはわかると思います。

当然ドコモショップなどの人件費などを毎月の我々の料金から負担しているので、当然といえば当然ですが、あまりにもでしょう。

音声通話付きのプランに関しては、最低利用期間が儲けられており、MNPにも対応します。

最低利用期間は1年間で1年以内に解約した場合は9000円の解除手数料が取られるので注意が必要です。

2015年3月から提供されるアプリに高速通信OFFモードというものがあり、高速データ通信がOFFされる機能がついています。

その場合は200Kbpsになるが、一定量のみ高速通信を行い、その後200Kbpsになります。

追加チャージも可能で、追加チャージ料金は100MBで200円〜となっています。

結構お得なDMMの料金プランとなっており、他社もこの価格でいかれると結構つらいのではないでしょうか。

今後こういうプランが出てくると大手キャリアはさらに料金の改定を求められそうです。

今ではMVNO業界最安値に

DMMは現在業界最安値になりました。



DMM .com DMM モバイルで業界最安値宣言 2GBで770円のSIMも販売中

こちらの記事をみてもらえればわかるのですが、現在業界最安値宣言をしております。

明らかに業界で最も安価なのはDMMでしょう。

MVNOならDMMが一番お得なことは間違いありません。

MVNOに抵抗がある人でもこの価格なら万が一ということを考えてもそれなりに元はとれるでしょう。



こちらはオクタコアとのセットです。これはソネットですが、この機種とのセットで購入出来るのであれば、安心感はすごいと思います。

DMMもいいと思いますが、ソネットというソニー系列で安心感が欲しい人はこちらを選択するといいと思いますね。

2015年度版の最新スマホと組み合わせると

2015年8月11日追記

レノボ Lenovo K3 Note LTE オクタコア Android5.0 SIMフリーモデルが非常に安い

こちらの機種ですが、非常に安価に購入することが可能です。

これらの機種と組み合わせることで、他の誰も持っていないような機種を外出先で楽しむことが可能なのです。

キャリア契約は安心感を買うことが可能ですが、MVNOは安価に使用出来るというメリットがあります。

それはそれで、こちらを選択することもいいと思いますね。

DMMは更に安価に

2015年9月30日追記

こちらをみてもらえればわかると思いますが、相当安価だと思いませんか?

440円〜利用可能なのです。

DMMは本当に今一番オススメなMVNOかもしれません。

個人的にはmineoを契約しているので、まだ契約はしていませんが、バックアップ回線用に1つくらい持っていてもいいのではないでしょうか。

バックアップ回線というのはどういうことか?ということですが、通常利用しているSIMが制限を超えた時用にこのようなSIMを別途持っていると本当に重宝します。

そういう意味でのバックアップ回線です。

是非検討して欲しいと思いますね。

ルータとセットで

2015年10月6日追記

ルータとセットで使うという使い方をオススメしたいと思います。

SIMフリーのモバイルルータが 安価に発売中 海外などでも利用可能

ルータで使うというやり方もありではないでしょうか。

ルータも非常に安価に購入することが可能です。これなら本当に安価に使うことも可能なので、是非オススメしたいですね。

それにしてもかなり安価に使うことが可能です。

モバイルルータとセットでも440円で可能なのです。

是非検討して欲しいところですね。

初回投稿日:2014年12月19日