専業主婦 毎月の家計を抑える 家計の見直し通信費 契約を変更しよう

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

専業主婦の人には必見です。毎月の家計を抑えたいとかなり努力している人も多いと思います。

収入は同じなのに、毎月に支出は当然ながら異なります。

多い月もあれば、少ない月もあります。ボーナス払いにしてしまうなんてこともないでしょうか。

とりあえず一番簡単に出来る家計の見直しというのは通信費です。

通信費が高くてお悩みの人

目次

通信費というのは本当に高いですよね。特にドコモやau、ソフトバンクなどに契約しiPhoneなどを分割で購入している人は毎月の通信費及び通話料などすべて合わせると1万円を超えるなんてこともしばしばです。

毎月1万円の通信費というと本当に辛いですが、それでもこれは必要経費として割り切っている人も非常に多いことも事実です。

ただしここを抑えたいと思っている人もかなりいると思います。毎月1万円の支払いが毎月2000円になったら・・・3000円でもいい・・・その程度なればなんてお思っている人も多いでしょう。

そんな人の悩みを解決してくれる契約があるのです。

格安SIMという新しい考え方

この世の中には格安SIMというものがあるのです。このSIMというのはなんでしょう?

SIMというのはいわゆる契約の部分です。

携帯電話の契約が詰まっているところなのです。みんなここにお金を払っているのですね。通信費と呼ばれる元凶はこのSIMにあります。ただしこのSIMがないと通話も通信も出来ません。

本体はこのSIMがないことには外出先で動作させることが出来ないのです。本体にこのSIMを挿さないと通信が出来ないのです。

その通信を下げるということが、可能と聞いたら少しは驚きませんか?なぜそんなことが出来るのでしょう?

MVNOという新しい考え方

この格安SIMというのはMVNOという技術によって支えられております。基本的にドコモやauの通信回線を使って、他社プロバイダへ接続しにいっているのです。

そのドコモやauの回線を利用するのにこれらキャリアから回線手数料というものを払っているわけですが、回線のみをレンタルしているので、非常に安価にレンタルすることが可能です。

そう考えるとなぜドコモやauの回線はもっと安くならないの?と思う人も多いでしょう。

なぜそれらキャリアの回線は安くならないのか?ということですが、これらキャリアというのは、ショップも運営していく必要があります。

それ以外にも各種サービスを提供することも必要になるのです。他には端末に仕込む為のアプリなどの開発もあるわけです。

実際にそのあたりの開発はしていませんが、それらのサービスを提供するいわゆる大元として、仕切っていく必要があるわけです。

そのため、価格をそこまで下げるということは出来なくなります。

それが回線のみを借りているので、MVNO各社は安価に回線の提供を受けることが可能なのです。

ソフトバンク回線は?

まだ既存のMVNO会社ではソフトバンクの回線をレンタルするということはありません。

基本的にドコモかauです。この2社の回線をレンタルしている企業しかありません。

今後ソフトバンクもMVNO事業に参戦する予定ですが、まだ未定です。

日本通信 ソフトバンク 回線の MVNOを提供 予定 SLA提供予定

こちらの記事を見てもらえればわかるわけですが、今後ソフトバンク回線も参戦する可能性があります。

UQWiMAXの格安SIM

こちらUQですが、VoLTEにも対応を行ったということで、結構安価に契約することが可能です。

mineo

こちらはmineoです。mineoもau系のMVNOですが、今はドコモも利用可能になっております。

これは結構お得で便利なSIMですね。

DMMも

DMMも非常に安価なのです。こちらのSIMは本当に安価で500円以下で利用が可能となっております。

確実にお得なので、契約してもいいのでは?と思います。

イオンも

イオンモバイルホームページ

こちらがイオンなのですが、イオンは結構オススメです。

なんといっても対面で購入することも可能なのです。

そういう意味では非常に親切ともいえると思います。

トータル的に

やはりこのように色々なものが出ておりますが、au系とドコモ系に別れますが、やはりネットで契約出来るのが一番いいと思います。

それでも個人的にはau系が非常にオススメです。

au系というのは、やはり中古スマホが充実しているからです。

auの中古スマホはドコモ系の中古スマホに比べて安価に購入することが可能です。

そういう意味ではいいのではないでしょうか。とはいうもののどちらでも問題ないと思いますので、是非検討して欲しいと思いますね。

それでも結局自分で選ぶのがいいと思います。

ドコモのスマホを利用している人は現在の契約をMNPいわゆる番号そのまま乗り換えをすると非常に安価にかつ現在利用のスマホを利用することも可能です。

このあたりを十分吟味する必要があると思いますが、このような安価なSIMがある以上これからはキャリアモデルを契約する必要はない可能性もあると思います。

是非検討して欲しいと思いますね。

新機種に手を出さない

新機種に手を出さないということも大事だと思います。

旧機種でも今は十分動作させることが可能です。

そういう意味では無理に新機種を購入する必要はないのです。少し待って購入しても端末価格だけが安くなり性能はそれほど変わらないということもよくあることです。

その辺りを考えたほうがいいと思いますね。

通信費の見直しは難しい

2015年11月25日追記

通信費の見直しといったところで、MVNOと言われても非常に難しいと思います。

それなら通信費の見直しではなく、通信費はそのままで通信費の中に押し込めるものはすべて押しこむのです。

まずは新聞をとっている人は新聞をやめましょう。どうですか?それだけで結構浮くと思いませんか?

新聞は結構な費用が発生しますが、そのあたりがなくなると通信費に押し込めませんか?

続いては光回線の見直しです。光回線をやめてスマホだけにしてしまうのです。これは結構厳しいかもしれませんが、それで通信費の見直しをすることも可能なのです。

いわゆるテザリングというものをやるだけで、自宅の光回線を抑えることが可能なわけですね。

その代わりWi-Fiなどで動画を閲覧することなどがかなり厳しくなるでしょう。動画を見たくても我慢する必要が出てきます。

しかしながらそれを我慢することに毎月5000円ほどは経費削減出来るのではないでしょうか。

機種購入時はなるべく安価な機種を選択する。ということも維持費を下げるのに大いに役立ちます。

ハイスペックな機種ばかり選んでいませんか?ここ最近はハイスペックな機種よりも安価な機種でも十分に動作させることが可能です。

このあたりも考えると通信費トータルの見直しになるでしょう。

続いては本を電子書籍にしてしまうというのも手ですね。電子書籍のほうが安いことが多いです。

本を買うより電子書籍にするとゴミも出ませんし安価に購入することも可能なわけです。このあたりでの節約はどうでしょうか?

ゲームを買うことをやめるということでスマホでゲームの代用をするわけです。

当然ながらやりたいゲームはあると思いますが、そのあたりは我慢です。基本的にスマホでゲームは完結させてしまうわけですね。

そうすることで、ゲーム代金を抑えることが可能なのです。このようにスマホに押し込めるものは全部押し込んでしまうということも手であることは間違いありません。

個人的にもスマホは必需品だと思いますので、ゼロにすることは難しいと思いますが、すべてスマホにまとめることは可能だと思います。

是非検討して欲しいですね。

乗り換えで通信が出来なくなることが心配

2015年12月18日追記

家計を抑えるのはいいのですが、それに伴い今まで通信出来ていたものが通信出来なくなったりするということが問題だと思っている人も多いと思います。

実はここでの乗り換えというのは実はドコモやauへ乗り換えるのと同じ感覚なのです。

結局格安SIM業者というのは、キャリアの回線を借りて運営しているのです。結局は利用しているのはドコモやauの回線なのです。

そう考えると通信が落ちてしまうなんてことはないと思いませんか?

ほとんどの回線はドコモ回線を利用しているのです。ということは、ドコモ回線が落ちない限り通信は出来るのです。

ものすごい混む時間帯(夜10時頃など)はドコモユーザーが優先的に使えるようにしていることもあるようですが、基本的には通信速度に関してもドコモとほぼ同じ通信速度で楽しむことが可能なのです。そう考えるとMVNOにしても問題ないと思いませんか?

現在カケホーダイのプランなどもかなり流行っておりますが、実際そこまで電話することありますか?という感じです。

そこまで電話はしないにも関わらず、無駄に基本料金を払わされているケースもかなり多くあるのです。

ここで一度乗り換えてみてはどうでしょうか。

やはり個人的にオススメしたいのは、違約金が発生しないイオンモバイルです。

こちらは解約時の違約金が発生しません。それだけで安心して使えないでしょうか?今後かなり格安SIM業界に力を入れていくようなので、今後の伸びしろには本当に期待することが可能です。

初回投稿日:2015年11月17日