スマホ 携帯電話の通信費が下がる 総務省主導のプロジェクト

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

スマホや携帯電話の料金を下げて欲しいと思っている人は非常に多いと思いますが、現在総務省主導のプロジェクトが進行中です。

各社通信費に値下げにはそれなりに積極的と報道されております。

スポンサーリンク

どの程度下がるのか?

下げ幅はまだ明確にはわかりませんが、1GBのプランが出来上がるといわれております。

恐らく1GBのプランが出来上がったところで、価格は2000円程度するものと思われ、いわゆる通話し放題とセットになったところで、5000円ほどになると思われます。

それでも現行は2GBや3GBを実質組む必要があり、そう考えると結構の値下げ幅になるわけです。

通信をそれほどしていないにも関わらず高額請求といった声が多かったからだと思いますが、自分がどの程度通信していないかということも把握出来ていない人が非常に多いという現実があります。

確かに毎月どの程度通信を行っているかわからないということは自分を知る上では、知っていないとダメだと思いますが、想定外の通信を行うこともあるのです。

それこそアプリのアップデートを思わずLTE通信を使って行ってしまったなど、そういうことを自分で把握しておく必要があるわけですね。

1GB程度しか利用しない人はどんな人?

LINEくらいしかしない人ではないでしょうか。ゲームなどをする人というのはそれなりの通信が発生するので、恐らく1GBでは収まりません。

そう考えると基本はWi-Fi環境にいて、Wi-Fi環境から外れた時にだけ通信を行うというスタイルの人だと思います。

主に専業主婦などがそれにあたるのではないでしょうか。

続いては学校まで自転車などで行っている人などもそれに該当するでしょう。後は中学生くらいでも1GB程度の通信で収まるかもしれませんね。

そう考えると1GB以下で通信を行う人というのは実際には限られた人しかいないような気がします。

通話しないのに通話料金が高い

いわゆる基本料金の部分だと思いますが、毎月通話をしないのに非常に高く感じている人も多いと思います。

確かに基本料金は非常に高くなったと感じる人も多いでしょう。逆にそれが戦略なのですが、そのあたりの改善お行われると思います。

昔のような料金プランが出てくるとは思えませんが、少しは下がるのではないでしょうか。

総務省主導なので、実はあまりきつく言われることはないと思いますが、通信費及び通話料が下がればありがたいことには越したことありません。

初回投稿日:2015年11月17日