イオンモバイル 毎月のスマホの運用コストを削減する 格安SIM

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

イオンモバイルというものがここ最近かなり人気が出ているようです。

イオンモバイルというのは、誰もが知っているイオンのやっているモバイル部門です。

このイオンモバイルというのはここ最近かなり契約者なども伸びてきているのです。

イオンモバイルのホームページ

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ここ最近かなりサービスなども充実してきており、非常に人気があります。

イオンスマホ購入先

なんといってもイオンでの買い物のついでに立ち寄れるという利点があります。

たいてい携帯電話を購入するときというのは、量販店かショップに行く人が大半だと思います。

量販店というのは、家電量販店になるので、電気製品を見るついでにという感じですよね。

ショップというのはドコモショップやauショップになるので、それこそ買おうと決めてからでないとわざわざ行きません。

その点イオンモバイルというのは、普通の買い物のついでに覗きにけるメリットがあるのです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

イオンモバイルのメリット

上記でも書きましたように、やはり買い物のついでに覗けるというメリットです。

格安で毎月の携帯電話が維持出来るということなので、当然ながらそういうメリットはありますよね。

それとなんといっても対面で話すことが可能ということです。

対面で話せる格安SIM取扱店がいつも行くショッピングセンターにあるというのはかなりのメリットかと思います。

特にデメリットは感じませんね。そういう意味では非常に入りやすいというか非常にいい店というかわかりやすく説明してもらえると思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

キャリアの知識が少ない

ただしイオンの店員なので、キャリア比較などの知識がそれほど多くないように感じます。

実際話していても、キャリアの料金プランを頭できっちり理解して、現在実施しているキャンペーンなどをすべて把握している人はそれほど多くないように感じます。

ただし普段はキャリアモデルを扱っているイオンモバイルも多く、イオンモバイルの機種を専用で扱っているというわけではありません。

そういう意味では、完全に専業というわけではないので、知識レベルが若干低くても仕方ないと思います。

それでも一般的なことは知っているので、普通に購入するぶんには問題ないレベルです。

トータル的にみると非常に安価で購入することも出来、それでも面倒な人はネットからの購入も可能です。

イオンスマホ購入先

こちらがホームページになるので、この中で確認していただければと思います。

非常に安価に買うことが可能なので、非常にお得です。やはり来店するのは面倒なので、ネットで完結というのがいいと思いますね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

発売されたモデル

イオンスマホ ARROWS M01 アローズM01 スペックを紹介

このような日本国産モデルも発売されておりました。今はこのモデルの次のモデルも採用されると思われます。

国産という安心感もあると思います。価格は約4万円ほどですが、分割で購入することができれば、毎月の支払額はそれほど高くはありません。

こういう機種も非常にオススメはしたいところですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

最安値宣言しているSIMも

DMM .com DMM モバイルで業界最安値宣言 2GBで770円のSIMも販売中

こちらのDMMに関しては業界最安値宣言をしております。相当安価ですよね。

とはいうものの3GB程度の通信を希望するのであれば、実はどこの会社もそれほど変わりません。

そう考えると自分の信頼の出来るところで選択するほうがいいと思います。

DMMは非常にいいと思いますが、ネット上での取引しか出来ません。

基本的には対面ということは行っておらず、そういう意味ではイオンのほうがいいのかな?なんて思いますね。

ただしネットで完結しても全く問題ない人もこのMVNOを利用する人にとってはかなり多いのです。そういう人ならDMMでも全く問題ないと思います。

同じMVNOでも利用時の料金の払い方や追加容量を選択するときなどは会社毎にそれなりに異なることが多いので、そのあたりは注意が必要かと思います。

個人的には、イオンモバイルでもDMMでもどっちでもといったところではないでしょうか。

MVNO業者がかなり増えてきているので、利用者も結局悩むところですよね。

イオンモバイルの各機種対応のページへ

2016年1月7日追記

イオンスマホ_XPERIAJI専用

イオンスマホ_VAIO Phone VA-10J専用

イオンスマホ_geanee FXC-5A専用

イオンスマホ _ALCATEL onetouch Idol02専用

イオンスマホ_FUJITSU ARROWS M01専用

イオンスマホ_KYOCERA S301専用

これらの機種をセットで購入すると違約金の発生もあります。

違約金というのは解約違約金のことです。通常携帯電話の購入は解約違約金というものが発生しますが、これらの機種を同時に購入すると解約違約金が発生しません。

非常にお得だと思いませんか?通常のキャリアなら解約違約金は普通に発生しますが、それがないのです。非常に契約しやすくなっております。

是非検討して欲しいところですね。

MVNOはこれから伸びる

2016年1月9日追記

ドコモ のりかえボーナス 増額 1月3連休 高額キャッシュバックに期待

実はこの3連休で最後のキャッシュバック戦争は終わりそうです。

となれば今後はいかに毎月の費用を抑えるか?ということが勝負になってくるのです。

要するにこのイオンモバイルのような安価なものを選択するほうがトータル的にみてお得ということになるわけです。

色々格安SIM会社がここ最近出てきておりますが、イオンモバイルというのは、全国区で販売しております。

当然ながらネットから購入するのが一番ラクで非常にいいのは間違いありません。

毎月の維持費をキチンと抑えるコストパフォーマンスに優れている人はこのようなイオンモバイルを選択していくのではないでしょうか。

それにより本当に安価なスマホライフを送ることが可能になるものと思われます。

それほど高くないので、お子さんのいる家庭や自分の料金見直しに是非契約して欲しいところですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

MVNOのいいところ

2016年1月13日追記

いやならすぐに辞められるということです。イオンモバイルの場合解約違約金は発生しません。(端末と同時申し込みの場合)

違約金が発生しないということはやめることも簡単なのです。

いわゆるリスクを極限まで減らしてやめることが可能なのです。

通常スマホをキャリアで契約すると2年縛りという契約になることが非常に多いと思いますが、その2年縛りというものが基本的にはありません。

3年目から端末代金の支払いが終われば非常に安価に維持することが可能なのです。

毎月2000円以下で維持することも可能なのです。

毎月2000円以下で携帯電話が維持できれば本当に安いと思いませんか?

5年前は2000円以下で携帯を所持しようとすると通話とメールしか出来ませんでした。

それが今ではそれに加えてネットまで出来るのです。

普通の人なら7000円ほど払う通信費が2000円以下という破格で維持することが可能です。

データ通信プランだけなら1000円以下も可能なのです。やはりこれからはこのMVNOが一番いいと思いますね。

回線品質もドコモ回線を利用しているということが本当にメリットです。

イオンモバイルで契約するとドコモ回線です。ドコモ回線を利用するので、通信品質は非常にいいです。

通信品質は正直なところauもここ最近は抜いたのではないでしょうか?それくらいいいと思います。

ドコモの通信品質を保ちつつ安価に維持出来るイオンモバイルを是非検討して欲しいところですね。

 

docomo ドコモ au

今後確実に伸びる

2016年1月26日追記

何度も言いますが、確実にこれから先はこのようなMVNOが伸びていきます。

それはまず間違いないことだと思います。

やはりその人気は低価格ということです。低価格なものなら確実に売れるのです。

また有名な会社がこのサービスを実施しているということもいいと思います。誰も知らないような会社なら少し躊躇すると思いますが、このイオンというのは誰もが知っています。

イオンモバイルを含めこれからMVNOがどんどん増えていくことを期待したいと思いますね。

そもそもキャリアの維持費が高いということも考えられますが、キャリアの価格が適正と考えると本当に安すぎますよね・・・

それでも儲かるから商売をするのです。そう考えるサービス提供やショップ運営にどれだけの労力を割いているのか?ということがわかりますよね・・・

当然回線を維持運営していくのにも費用は発生していますが、やはりショップなどの人件費もかなりかかっていると思います。キャリアからすると変動費という扱いでしょうが、それでもかなりのコストになることは間違いありません。そのショップ運営の部分が少ないのがこのMVNOなのです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

イオンモバイルから新しい料金プラン登場

2016年2月19日追記

イオンモバイルから新しい料金プランが登場しました。

イオンモバイル 新料金プラン 1GBデータ480円~シェア50GBまで29プラン

こちらが新しい料金プランになりますが、これはかなり脅威になるくらいの料金プランでしょう。

相当多いプランになっております。そして価格も非常に安価なのです。4GBのデータで980円と他社よりも安めの設定になっております。

基本はドコモ回線を利用しているので、エリアはドコモとほぼ同じエリアだと思われます。しかしながら通信速度は若干落としていると思われます。

どの程度通信速度なのかは明確にはされておりませんが、最大速度はドコモよりも抑えめでしょうね。

それでも十分通信出来るだけの速度は確保されていると思われますので、このプランは他社からの乗り換えとしては十分いけると思います。

是非検討して欲しいプランですよね。他社もこれに追随して色々なレパートリーのある料金プランを出してくる可能性もあります。

昔に総務省から料金プランがわかりにくいから出来るだけ分かりやすい料金プランにしなさいという司令がありましたが、それには逆行しているような感じですが、MVNOなので恐らくOKなのでしょう。

初回投稿日:2015年11月11日

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加