iPhone5s iPhone6 ホームボタンが故障 画面上に擬似ボタンを復活させる方法

iPhone8 /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

iPhone5sやiPhone6を利用していて、ホームボタンが故障したという人もいると思います。

ホームボタンが故障するとホームに戻れないという非常に悲惨な状態になると思います。

そんな人にオススメしたいのは、擬似ホームボタンを作るという方法です。

見た目はどんな感じ?

20151030073731

20151030073635

左右に白いボタンが浮かび上がります。見た目はこんな感じで、押したら色々なことが選択出来るようになります。

これで物理ボタンが故障したときにでも対処が可能になるということです。

物理ボタンが故障しなかったとしても事前にこのボタンを出しておくと本当に便利だと思います。

なぜ便利かといえば、物理ボタンの故障を未然に防ぐことが可能だからです。やはり物理的に動作するボタンというのは潰れやすいです。

潰れないということはありませんが、タッチパネルの反応が鈍るということは非常に考えにくいからです。

なんせ物理的に何かを押したりということはないからです。その為、このボタンを利用するというのは、物理ボタンが潰れていなくても利用は推進させたいということです。

どうやって作るの?

さてこのボタンを作る方法ですが、以下の通りです。

設定→一般→アクセシビリティ→AssistiveTouchをONにする。

これだけです。

iOS5から採用されている機能なので、結構前から使うことが可能でした。

ただしこのボタンを作ると残念ながらずっとボタンが表示されています。

薄くなって背景は見えるのですが、それが非常にうっとおしいと思う人もいるかもしれません。

そういう人は戻せばいいと思いますが、本当に便利な機能なので、一度使ってみてはどうでしょうか。

OSのバージョンがあがる毎に進化をし続けているようなので、是非試して欲しいと思いますね。

初回投稿日:2015年10月30日