携帯電話 スマホ料金の実質0円をやめる 通信費値下げか

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

携帯電話の販売形態というのは、現在では実質0円などといういわゆる実質価格での販売となっていることが非常に多いです。

この実質価格というのは、端末代金を分割で支払った場合、仮に3000円を24回で支払う場合、24回分通信費から割引くという形です。

その通信費からの割引が3000円だった場合、本体代金の3000円で割引が3000円となり、相殺されて実質0円となる仕組みなのです。

実質0円でなかったら?

元々の通信費が3000円割り引かれた価格が適正価格だった場合、元々の通信費が5000円で本来2000円の通信費が適正価格だったとしましょう。

端末代金が3000円なので、トータルで5000円支払う必要があります。

結局実質0円でなくても支払う額は同じなのです。しかも割引は24ヶ月しか元々の状態では続きません。そうなると2年後は割引のない価格になるのですが、2000円の通信費が適正だったとしたら3000円の分割を払い終わったら2000円の通信費に下がるのです。

逆にこれでは端末が売れなくなるというのが、通信会社の言い分でしょう。

現行でざっくり5000円程度の通信費が2000円になり、端末価格が適正価格表示になるというのが一番ありがたい話です。

ただしそうなると端末が売れなくなります。端末が売れないとメーカーからの若干の圧力もやってくるわけです。

とはいうもののメーカーからするとキャリアはお客さんなので、そこまで強くはいえません。

ものが売れない時代に突入するのではないでしょうか。

通信費が下がるよりもものが売れないことがしんどい

通信費は目に見えないものです。あくまで通信をしているということは、水道から水を流しているというだけなのです。

要するにインフラ部分なわけですね。

ただしスマホはモノなのです。メーカーが製造しているのです。このモノが売れないということはかなり辛い状況ではないでしょうか。

実質価格表示ではなく、端末価格が非常に高ければ正直なところ買いにくくなります。

iPhone6sなどは分割で毎月払っても3000円を超えるのです。一括価格にするとパソコンでも十分購入出来る価格になるわけですね。

そうなると確実に購買意欲が減るでしょうね。実質価格ではなく、端末価格毎月3000円と言われると買おうと思いますか?

現在それでなくても消費者の財布の紐はかたいのです。

結構これから厳しい世の中になっていくのでは?と予想しますが、どうでしょうか

初回投稿日:2015年10月27日