MVNO 格安シムと通常のドコモやauのシムでは維持費はどう違う?

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

MVNOと呼ばれる格安シムというものがここ最近世の中を沸かしております。

MVNOというのは、ドコモやauなどの回線を使って通信を行う事業者のことを指し、結局はドコモやauとは異なります。

回線のみをレンタルしているということなのです。

維持費の違いは?

維持費に関しては全然違うと思っている人もここ最近かなり増えてきました。

維持費というのは毎月のランニングコストいわゆる通信費のことです。

通信費の支払い

通信費→MVNO業者→キャリア

通信費→キャリア

通常このパターンになりますが、これならMVNO業者に払うほうが高いような気がしますが、キャリアはMVNO業者に回線のみを提供している為に価格は非常に安価になっております。

回線のみを提供するということはどういうことか?ということですが、ドコモなどは新製品の選定やドコモショップなどの運営費など他に色々な事業を抱えているのです。

それらサービスの維持を含めるとかなりの費用が発生するのですが、MVNO業者にはその中の回線に特化してレンタルしているので、そこまで高くはありません。

一般的な維持費

MVNOの一般的な維持費は通話+通信を行うタイプのSIMで1200円〜くらいです。

通信のみを行うタイプのSIMなら500円程度からあります。

キャリアいわゆるドコモなどは、通話+通信を行うタイプのものは契約によりますが、5000円〜

通信のみを行うタイプのSIMでも5000円〜と非常に高額なことがわかります。

この5000円というのはざっくりとした価格なので、実際にはもっと安いプランもあるかもしれません。

とにかく非常に高いのです。

高いけど?

高いけどサービスは充実しております。ドコモショップやauショップにいけばそれなりに対応はしてもらえます。

そういうことを考えると高いけどそれなりのサービス提供を受けることが出来るということです。

そう考えると、特に悪いというわけではないと思いますね。

MVNOは安いけど基本的に通信回線の多くはドコモの回線を使っているので、それなりの通信品質があります。

ただしMVNOは自分で設定をする必要やトラブルに対応も自分で解決することも多くあり、大変といえば結構大変です。

それでもよければMVNOでいいと思います。

まだ少し敷居が高いような気がしますね・・・

初回投稿日:2015年10月7日