携帯電話 スマホの乗り換え MNPで 儲ける人 auも封じられて 終了に

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

携帯電話のMNPで儲けている人はこの世の中にたくさんいることは知っている人も多いと思います。

MNPを繰り返して儲けることは本当にもう終わってしまいました。

なぜこれからは儲からなくなるのでしょうか?

儲けはなし

なぜ儲けはなくなるのでしょうか?

儲けるということはどういうことかということですが、以下の式が成り立ちします。

売上(キャッシュバック)+本体売却益 > 携帯電話の維持費+携帯の契約時に関わる手数料等

この式が成り立つ必要があります。

残念ながらこの式はもう成り立たなくなってしまうのです。

それはどういうことか?ということですが、携帯の維持費に関わる部分がかなり大きくなってしまうからなのです。

携帯電話の維持費が高くなり過ぎて、売上と本体売却益では儲けることは難しくなってきたのです。

なぜ維持費が高くなった?

携帯電話の最低維持費はauがお得 寝かし 寝かせに最適

元々このようなauは非常に安く維持することが可能でしたが、この上のURLの中の記事の下のほうを見てもらえればわかると思います。

維持費が高くなるような施策が盛り込まれているのです。

この維持費が高くなるような施策の為に本当に儲からなくなります。

ドコモ 端末購入サポート 解除料負担 実質14ヶ月契約する必要あり

こちらはドコモです。14ヶ月契約し続ける必要があり、本当に維持し続けるのに費用が掛かり過ぎるようになったのです。

9月1日以降 iPhone6 MNP 一括購入割引解除料 一覧 24ヶ月維持の解約金は?

後はソフトバンクのこの施策です。

このように維持費をすることが前提に契約を組まれているのです。

2014年度は何台くらいがMNPしたの?

2014年の実績ですが、携帯をMNPで購入した人は600万人ほどいると言われております。

そのうちの50万台分くらいが携帯を元に儲けようとしたとします。

ざっくり1台あたり、2万円の利益があったとします。それでも相当な損失ですよね・・・

というよりもキャッシュバックで儲けようとしている人よりもメーカーがかなり辛いと思います。

メーカーはその分のすべてとは言いませんが、やはりかなり痛手になると思われます。

そう考えるともう少しこの手のやり方は考えて欲しいですね。

併売店の対応は?

併売店ではキャッシュバックなどの案件をかなり出してきておりますが、乗り換える人が少なくなるということは併売店としては大打撃です。

このように打撃を受ける人がかなり増えてくると思います。

携帯で儲けようとする人が1%いたとしたら、人口比率の1%と考えると相当数の機種が売れなくなると思われます。

とはいうものの実際には1%いるかどうか微妙なところですが・・・

それにしてももう少しキャリアは対応を考えて欲しいですね。

初回投稿日:2015年10月2日