iPhone6sがiPhone4s以来のカメラの画素数アップで1200万画素

iPhone6sの発売に期待している人も多いと思います。

iPhone6sの発表はいつ?

まずiPhone6sの発表は9月9日にサンフランシスコで開催される予定になっております。

20150902065910

日本時間では2015年9月10日午前2時です。夜中なのでちょっと起きておくのは厳しい時間帯です。

それでも興味のある人は起きて見てみる価値はあるかもしれません。

その時に新型のiPhone6sが発表されます。

今まで出てきている数々の噂

今まで数々の噂が出てきていますが、うれしい噂はiPhone4s以降のカメラの画素数アップでしょう。

カメラの画素数アップというのは非常にありがたいと思います。

Android各社は揃って1000万画素以上のカメラを採用しているのです。

それがiPhoneだけ取り残されたかのように800万画素となっておりました。

スペックが低いというより、見劣りするといったところではないでしょうか。

ここにきてついに1000万画素台にのることがわかりました。これで1200万画素になれば、Androidの機種にもそれなりに画素数では比較対象になるということです。

ただしこの画素数というのが厄介者で、高いというだけでいいわけではありません。

それこそA4で印刷することありますか?ということです。画素数が高いと大きなものに印刷したり写しだしたりしても綺麗になりますが、結局のところ小さいもので表示させたり、印刷するのであれば、あまり意味がありません。

そういう意味から本来なら800万画素もあれば十分だったのです。

逆に2000万画素を超えるようなカメラは不要と思うことのほうが多いのです。

それでもこのスペックというものはいいものがよく見えるということですね。

なので、1200万画素でも見劣りするかもしれませんが、それでも十分なわけです。

4Kの動画も

4kの動画も撮ることが可能です。まだ4Kのテレビを持っている人も少ないかもしれませんが、4Kの時代はもうすぐそこです。

是非4Kの世界を楽しんでください。

それにしても4Kまで撮れるということは本当にすごいことですが、まだ世間的には4Kは早いイメージですよね。

それでも今後4Kテレビの価格も下がると思われるので、その頃には家庭にもかなり普及しているでしょう。

初回投稿日:2015年9月2日

ツールバーへスキップ