格安SIM SIMフリー(シムフリー) SIMロック MVNO 話題の用語を説明

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

格安SIMという言葉はここ最近市場に徐々に浸透してきていると思います。

まず格安SIMという言葉とMVNOという言葉は同じものを挿すと思って頂いてもいいと思います。

それに付随するのがSIMフリーという言葉です。

SIMとは?

SIMというのはシムと読みますが、このシムというものは携帯電話に刺さっているチップのことを指します。

このSIMというものだけでは当然ながら通信も出来ませんし通話も出来ません。

携帯電話の本体がいるのです。

sim-kort-sim

見た目はこのようなものがSIMです。

そしてこのSIMというのは自分の契約情報が入っているチップなので、電話番号や現在の契約情報などが入っています。

SIMフリーとは?

こちらは端末のことを指します。先ほどSIMというものは契約を指すといいましたが、この契約を挿して使うことが出来る機種のことです。

このフリーというのはどういうことか?ということですが、フリーというのはどのような契約が入っていても使うことが出来ます。ということです。

日本ではソフトバンクとドコモ、ワイモバイルのこの3社が同じ電波帯を使っているので、この3社の契約いわゆるSIMを持っている場合通常世間で言われているSIMフリーの携帯端末では使用することが可能です。

SIMロックとは?

SIMロックというのは特定の契約でしか使うことの出来ない端末のことを指します。

通常であれば、各会社から発売されている端末はロックがかかっています。例えばドコモで購入したらドコモのSIMしか使うことが出来ません。

2015年 夏以降に発売されるモデル(iPhone6sも)はSIMロック解除することを義務化 価格も判明

このようにロックを解除する動きも出てきており、今後このSIMロック解除という動きはどんどん出てくるものと思われます。

格安SIM、MVNOとは?

MNVOではなくMVNO 間違いが多い MVNOとは? 格安SIMとは?

こちらが解説しているページですが、基本的には通常のキャリア(ドコモやauなど)よりも安価に契約することの出来るSIMだけを発売している会社です。

この会社からSIMの部分だけを購入して、SIMフリーの機種に挿して使うということがスタンダードになるわけです。

通話料や通信料は?

一般的に現在契約している料金よりも安くなります。

敷居が高いというイメージもあるかと思いますが、各社問い合わせ窓口などを持っているので、最近はそれほど敷居が高くありません。

それでもまだ一般的ではありませんので、持っている人は若干マニアック感は否めません。

ただし今後は主流になってくると思われます。

オススメSIMフリー機種は?

SIMフリーでオススメ 人気の 機種を紹介 P8liteというHuaweiのスマホ

こちらはオススメしたいですね。それなりに大画面かつハイスペックでありながら非常に安価に購入することが可能です。

見た目はXPERIAの見た目にかなり近いような感じです。

実際にこの機種は触りましたが、動作速度もかなりいいと思います。

非常に高速に動作します。これくらいの機種ならわざわざキャリアモデルを高い料金を払って購入する必要はないと思いますね。

Huaweiというメーカーの機種になりますが、次期Nexus6を開発している会社です。

Googleからの信頼も高い会社なので、そのあたりは問題ないと思われます。こちらは是非検討してみてください。

Lenovoからも

Lenovo レノボ製のAndroidタブレット SIMフリーモデルが非常に安価に発売中

Lenovoからも非常に安価なタブレットが発売されております。

こちらも結構オススメのタブレットですので、一度検討してみてはどうでしょうか。

タブレットは結局寝ながら見たり、最近では電車の中でも見る人がかなり増えました。

混雑時はタブレットには注意したいところですが、普通の状態では電車の中で見ていても全く違和感ありません。

さすがにタブレットでゲームをする人はいかがなものかと思いますが、普通にニュースなどを閲覧するだけならタブレットのほうが間違いなく見やすいです。

なんといっても画面が大きいので、年配の人にもかなり好評です。

このLenovoなら外出先はもちろんのこと、プレゼンなどにも使うことが可能です。

是非検討してみたいところですよね。

初回投稿日:2015年9月2日