SIMフリー 機種が今後キャリアモデルよりも販売を上回る日がやってくるのか

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

SIMフリーという言葉がそれなりに世の中に出てきて、割りと浸透してきたと思います。

そもそもSIMフリーという考え方はSIM いわゆる通信部分と本体は別に販売しようということでした。

よく言われる土管屋

ドコモ、au、ソフトバンクなどはいわゆる土管屋なのです。

土管屋というのはどういうことか?ということですが、自宅で水が出ると思いますが、それはあくまで水を自宅まで運んでくれる為の土管がやっている仕事なのです。

我々が欲しいのは水です。キャリアというのはあくまで土管でOKという考え方なのです。

要するに通信会社は通信回線だけ提供すればOKという考え方なのです。

別に端末まで提供する必要はないという考え方なのです。

わかりにくい料金体系

キャリアの料金体系は本当にわかりにくいです。

月々サポート 一覧 機種代を安く見せる技とドコモのMNP施策で維持費は高額に

ドコモなら月々サポートというものがあり、機種毎かつ契約毎に違うのです。

このように非常にわかりにくい料金体系になっているわけです。

その点MVNOといわれる格安SIMの契約はこれに比べれば分かりやすいです。

電話はカケホーダイなどのプランは基本的にありませんが、端末代金から減額などという仕組みは基本的にありません。

そのため端末代金が3万円+毎月1500円などという風に分かれていることが多いのです。

それでも注意が

格安SIMいわゆるMVNOを扱っている業者も最近はキャリア化してきました。

結局どの機種がそのSIMで使えるのかわからない人が大勢いるわけです。

その人達を救う為に端末とセットで販売していたりするわけですね。端末とセットで販売しているということはキャリアと考え方はそれほど変わりません。

そういうこともあるので、格安SIMといってもわかりにくくなりつつあります。

わかりにくいということは本当に消費者にとっては混乱を招くことも多いと思いますので、やめて欲しいと思います。

それでもキャリアが契約の大多数を持っている

世の中には格安SIMというものがあることを知っていながらキャリアモデルがまだ大多数です。

その理由は間違いなく安心感です。

端末とセットで購入出来るということや、端末に魅力があるということも大事なことです。

そのため端末をセットでほぼ確実に購入出来るキャリアは人気があるのです。

確かにSIMだけ買ってくることって不安ですよね・・・

ただし今後は格安SIMが間違いなく増えてくると思われます。

管理人オススメのSIMフリー

2015年8月25日追記

SIMフリーでオススメ 人気の 機種を紹介 P8liteというHuaweiのスマホ

こちらの機種はオススメしたいですね。

非常にいい機種だと思います。価格.comでも評価は非常に高い機種となっております。

それくらい使いやすいわけです。

若干価格は高いですが、それでもクアッドコアなので、処理速度はかなり早いと思います。

是非検討して欲しいと思います。

SIMの形状が異なるという人

SIMの形を変更する SIMカッター SIMアダプター SIMフリー機種を使う必須アイテム

SIMの形状が異なるという人にはこれがオススメです。

やはりSIMカッターとSIMアダプターです。これら2つを持っていると本当に便利です。こちらも検討して欲しいですね。

ただしアダプターをつけた状態で、SIMを付けると抜けなくなることもあります。

その時は本当に注意が必要ですね。

初回投稿日:2015年8月25日