ドコモ カケホーダイからデータ ルータプランに変更で月々サポートが消える

iPhone8 /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

ドコモは月々サポート適用条件の改悪があるようです。

この改悪というのは、普通に契約していてデータプランに変更する場合に発生するようです。

いつから?

2015年9月1日からこの施策が開始されるといわれております。

どんな改悪になるの?

カケホーダイと通常のデータプランでは1000円の差があります。

カケホーダイからルータプランに変更した場合に月々サポートがなくなるようです。
カケホーダイからデータプランに変更した場合は月々サポートの適用は可能のようです。

ルータプランなら1500円の価格差があります。

当然ながらカケホーダイから他のデータ契約にプラン変更を行いたいと思うのは人間の性です。

電話をすることがないのに、電話をする契約にする必要がないが、MNPなどをする場合は音声プランにする必要があるということで、MNPの時は音声プランでMNPでドコモにポートインいわゆるMNPによる転入を行うのです。

そして電話はしないので、データプランに変更する。一般的な流れですが、その時に月々サポートが消滅するというのです。

ドコモはユーザーのことを考えていない

これはあまりにもユーザーのことを考えていません。

本当に電話をすることなくデータ契約でいいという人もいるはずです。

当然ながら毎月の維持費を下げる努力をするわけですが、カケホーダイにする意味がない場合もあるわけですね。

それを封じられると結構辛いです・・・

それでもお得な場合は?

1000円を下回る月々サポートしかついていないような機種の場合はデータプランに変更しても問題ありません。

仮に800円ほどの月々サポートしかついていない場合はデータプランに変更した場合、200円はお得になるのです。

ルータ契約なら700円ほどお得になります。

そういう意味では1000円以下の月々サポートが付いている機種が限定でお得になるということです。

損益分岐点は1000円未満の月々サポートです。

現在カケホーダイのプランをデータに変更したいと考えている人は8月中に実施する必要がありますね。

MNPのうまみもかなり減る

この施策が出てくると完全にMNP封じということが顕著に現れているので、ドコモも美味しいキャリアではなくなりますね。

むしろ美味しくないキャリアです。

auはまだMNPで儲けることは可能ですが、auにMNPの転入をしても結局他社へ転出しないと儲かりません。

それこそ踏み台にするしかなさそうですが、ドコモはこれでは踏み台にもなりそうにありません。

携帯電話業界はこれでまた残念ながら売れなくなるでしょうね・・・

一番苦しいのは携帯が売れないことによるメーカーなのかもしれません。

メーカー殺しの施策

本当にこの施策はメーカー殺しの施策です。

メーカーはドコモに入れたくないでしょうね・・・

MNP一括0円でもメリットが出なくなれば、MNPをする人も少なくなります。

本当にメーカーとしては苦しいでしょうね・・・

今までのドコモのイケてない施策

ドコモ 端末購入サポート 解除料負担 実質14ヶ月契約必要 メリット 対象機種

やはりこれですね。このあたりからドコモはおかしくなってきました。

一番おかしいのは、機種変更時にカケホーダイを選択しないと月々サポート廃止になるといったあたりからでしょうか。

それこそ最低維持が出来なくなりました。もうちょっとドコモは骨があると思いましたが、かなり残念です。

どうせならそのSIMは活用

2015年8月25日追記

どうせならそのSIMは活用したいと思いませんか?

XPERIA Z ULTRAという機種です。こちらの機種は非常に安価になっております。

現行で発売されているSIMフリーの機種よりスペックは上だと思います。

それでいてこの大画面です。ドコモのSIMも使うことが可能です。

活用するほうが絶対賢いような気がするのでしょうが、どうでしょうか。とりあえず安価に購入したドコモの機種で、これを購入してSIMを活用するほうがお得です。

今の間にオンラインショップでの検討も

2015年8月29日追記

今の間にオンラインショップで検討するのもいいと思いませんか?

オンラインショップは定期的に安価な機種を発売していたりするなど、非常に安価に購入出来ることもあります。

一度確認してみてください。「

初回投稿日:2015年8月24日

引用元:nttdocomo